男体山に挑戦 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

男体山に挑戦

P5012454_convert_20160502203223.jpg



平成28年5月1日(日) 曇り/雨
標高 2486m
最大標高差 1206m
コースタイム ●登り 3時間30分 ●下り 4時間
距離 日本百名山コースガイドでは8kmとなっておりますが、二荒山神社で配布される案内では6kmとなっています。
メンバー:夫婦

今年から国民の祝日となる「山の日」(8月11日)の制定を記念して、栃木県日光市の日光二荒山神社中宮祠で23日、例年より約2週間早く男体山の山開きが行われたという事で、これまでの開山は5月5日、閉山は10月25日。今年は「ふた(2)・ら・さん(3)」にかけて、4月23日を開山日とし、「山の日」から3か月後の11月11日を閉山日にしたそうです。登山期間は計29日間延びるという事で、この入山期間は今年だけで、来年からはまた5月5日にならなければ登拝出来ないので、これは貴重な体験が出来ると思い男体山登山決行です!


10:30に山頂到着予定とし6:30登拝開始
入山料500円を払うと、お札と地図をくれます。
P5012367_convert_20160502195105.jpg

P5012368_convert_20160502195121.jpg

いきなり階段です(^^;)
P5012369_convert_20160502195136.jpg

登り始めてすぐにこんな銅像がありました。
P5012370_convert_20160502195212.jpg



1合目
P5012371_convert_20160502195228.jpg

まるで龍のような倒木
P5012372_convert_20160502195251.jpg

3合目までたどり着くのに、すでに結構キツイです( ̄^ ̄)ゞ
ここから4合目までは舗装道路なので唯一の息抜き登山道です。
P5012373_convert_20160502195305.jpg

道路脇に咲くタチツボスミレ
P5012375_convert_20160502195326.jpg

中禅寺湖が見えてきましたよ~
P5012376_convert_20160502195350.jpg

4合目に到着!
舗装道路があったおかげで少しは体が慣れてきた感じがするものの
3合目までの道はキツかったなあ(;゜0゜)
いよいよ、ここから本格的な登山道になりますよ~
P5012378_convert_20160502195441.jpg

5合目
P5012379_convert_20160502195500.jpg

半分登ってきたので景色もだいぶ高度を上げてきた感じになってきました。
P5012380_convert_20160502195536.jpg

6合目
P5012381_convert_20160502195602.jpg

6合目からは土のうが積んである道なので、比較的歩きやすくなっています。
P5012382_convert_20160502195633.jpg

しかし・・・
段々険しくなってきましたよ
P5012383_convert_20160502195655.jpg

7合目の避難小屋が見えてきました。
P5012384_convert_20160502195731.jpg

7合目は比較的広く、日当たりの良い場所なので、休憩ポイントとなっていました。
P5012385_convert_20160502195756.jpg

7合目の避難小屋を上から見た様子
P5012386_convert_20160502195814.jpg

7合目を過ぎたあたりから雪がちらほら出てきました。
P5012388_convert_20160502195848.jpg

P5012389_convert_20160502195915.jpg

そして、氷柱とデッカイ鎖(;゜0゜)
P5012390_convert_20160502195948.jpg

こんな所、通る人いるのか?
と言いたくなるような変な場所に鎖が付いています。
P5012391_convert_20160502200035.jpg

8合目到着
10分休憩ですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
P5012393_convert_20160502200114.jpg

P5012394_convert_20160502200138.jpg

とにかく7合目から8合目にかけては岩が続きます。
最初の3合目までの直登よりは岩の方が歩きやすくていいなあ、なんて思っていましたが
段々嫌になる程ガレ場の連続ですw( ̄o ̄)w
8合目を過ぎたらガレ場はなくなり、その代わりに雪が多くなってきました。
P5012395_convert_20160502200213.jpg


ここに来ての階段は堪えるなあ・・・
P5012396_convert_20160502200233.jpg

もうひと踏ん張りなんだが、結構まだ先は長い・・・
P5012397_convert_20160502200306.jpg

なんだか地面が真っ赤になってきた(*゚Q゚*)
P5012401_convert_20160502200423.jpg

雪と赤土がなんとも言えない雰囲気です(#^.^#)
P5012398_convert_20160502200333.jpg

お~~~~!!!
山頂見えてきた~~~!!!ヽ(≧∀≦)ノ
しかし森林限界を超えた辺りから、実はものすごい強風なんです((((;゚Д゚)))))))
P5012403_convert_20160502200446.jpg


雪ではなく、木は凍っています・・・
P5012404_convert_20160502200514.jpg

この木も雪化粧して、とっても綺麗に見えますが凍っています・・・
しかも、山頂で昼食&写真タイムしている間にも突風が吹いていて、最初雪らしき物が飛んでいると思ったら
強風で木に付いている氷が剥がれて飛んできていました(゚△゚;ノ)ノ
下り時に、この木を見たら氷がなくなっていましたが、決して解けたのではありませんでした・・・
P5012405_convert_20160502200535.jpg

頂上の奥宮
P5012406_convert_20160502200555.jpg


P5012407_convert_20160502200611.jpg

時々鐘を鳴らす方がいますので、ビックリします(^^;)
P5012409_convert_20160502200711.jpg

大きな剱
P5012415_convert_20160502201316.jpg

ものすごい暴風なので、実はかなりしがみついていますΣ(゚д゚|||)
P5012457_convert_20160502203240.jpg

剱側から見た山小屋と奥宮
P5012419_convert_20160502201808.jpg

一瞬雲が流れた隙に撮影
写真撮影するために指先のない手袋を着用しているため、指先が凍りそうなくらい寒いです((((;゚Д゚)))))))
P5012414_convert_20160502201255.jpg

P5012413_convert_20160502200838.jpg

山頂の山小屋
P5012412_convert_20160502200807.jpg

本来なら外で景色を眺めながらの昼食のはずだったのですが、とてもじゃないけど強風でそんな状態ではなく
残念ながらあまり綺麗とは言えない小屋の中で食べる事にΣ(´Д`*)
P5012411_convert_20160502200742.jpg

雲と風でほとんど視界が遮られて、写真撮影出来るような状態ではなかったのですが、
根気よく待っていると一瞬だけパ~っと太陽が顔を出す瞬間があり、なんとか数枚は撮影出来たかなという感じです。
P5012421_convert_20160502201852.jpg

山の天気は変わりやすいというが、これほどまでにコロコロ変わる天気は初めてでした。
本当は、今日はGW中で一番天気が良いはずだったのに・・・(*`^´)=3
P5012422_convert_20160502201921.jpg
山小屋から見た剱のある方向
山頂は結構広いです。
縦長な感じです。


たぶん、女峰山、太郎山、大真名子、小真名子あたりの山々が見えているのだと思いますが
何しろ風が強すぎて、確認している余裕はありません・・・
P5012425_convert_20160502202031.jpg

ん?
なにやら遠くの方にも神社があるではないか、折角なので行ってみよう。
P5012426_convert_20160502202103.jpg
主人はもう余計な動きはしたくないようなので、一人でひとっ走り


下山前に二荒山大神をパチリ
P5012424_convert_20160502202001.jpg


さて山頂の眺めも見納めとし、下山しましょう!
下山時に、さっきひとっ走りして見て来た二荒山神社が右上の方に小さく見えます。
P5012434_convert_20160502202528.jpg


すごいお利口さんな柴犬発見!
リードを付けずにちゃんと登山道に沿って歩いているではありませんか(;゜0゜)
しかも飼い主はどこ?
随分山慣れしているワンちゃんでした^^
P5012438_convert_20160502202633.jpg


また長~いガレ場の始まりですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
主人は両股関節痛、私は右膝痛が出始めて、かなりスローペースでの下山となってしまいました・・・
P5012439_convert_20160502202734.jpg


ようやく舗装道路まで来ましたよ^^
ハルザキヤマガラシ発見
P5012444_convert_20160502202840.jpg

キジムシロ
P5012446_convert_20160502202932.jpg

ラストスパートです!
5合目辺りからはすでに両膝の痛みと、トイレを我慢しながらの下山。
主人も両股関節痛に耐えながら良くここまで下りてきたと思います。
P5012447_convert_20160502202955.jpg

あ~~~~!
神社見えたよ~~~!
しんどかった~~~Σ(´Д`*)
P5012449_convert_20160502203021.jpg

登る時は気付かなかったのですが、こんなのがあったんですね~
「さざれ石」ですが、疲労マックスで「石れざさ」?ん?なんだこれ?と思って見ました(^^;)
P5012450_convert_20160502203038.jpg

国歌の歌詞に出てくる「さざれ石」だったんですね~
P5012451_convert_20160502203102.jpg

桜を眺め、ひたすら安堵(*^_^*)
P5012452_convert_20160502203125.jpg

男体山を振り返ります。
はあ~~~
疲れた・・・
P5012453_convert_20160502203149.jpg


温泉に入って帰らねば、このまま帰宅しても何も出来ないくらいの疲労です。
PAP_0016.jpg
~望郷の湯~


GW中、この日が天気が良いとの予報を見て決行した訳ですが、朝から雨・・・
まあでも、途中から晴れるのでは期待して登ったのですが、スタート時点では曇り、
そして途中何度か雨、レインウエアを着る程の雨ではないものの景色は残念ながら霞んでいるものばかり・・・
そして山頂の強風ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
達成感はありましたが、忍耐の登山でした。
GWとはいえ職場はカレンダー通り・・・
明日は出勤・・・
朝起きたら体がガチガチなのが予想されます(^^;)

標高的には昨年登った
日光白根山の方が高いのですが、体力的には男体山の方が上ですね(^^;)
参りましたヽ(*>□<)


念のため軽アイゼンは準備していきましたが、使用しなくても行ってくる事が出来ました。
他のハイカーも誰もアイゼンは使用している様子はありませんでした。

感じた事は、同じ日本100名山であっても、ハイカーの色が違いますね、
谷川岳なんかはロープウェイがあるため初心者らしきハイカーが山ほどいますが
男体山は慣れたハイカーばかりといった感じでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

男体山

残雪の男体山、お疲れ様でした。
私は2回この山に登りましたが、この時期に登ったことはありません。
とにかくひたすら登る山ですが、天気が良ければ山頂からの眺望は抜群で、中禅寺湖を眼下に遠くには富士山も見えますね。
思い出に残る山の一つになったでしょう。

Re: 男体山

山田の山歩きさん、こんにちは^^
残雪とひたすら登る山だと覚悟はしていたものの、
想像以上でした(^^;)
せめて天気が悪いなら雲海くらいは見たいと思いましたが、
それも叶わず・・・
楽しいと言うか、試練の山でしたねv-12
ある意味忘れられない思い出にはなりましたねv-281
先日、息子が風邪をひき病院に行った時に、息子さんにお会いしましたよ^^
父親と一緒に旅行したりと、いい息子さんですね^^