木馬瀬の福寿草自生地 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

木馬瀬の福寿草自生地

P2146103.jpg
木馬瀬の福寿草



令和3年2月14日(日)晴れ

群馬県安中市松井田町上増田に福寿草の自生地があるというので行ってみました。

「早春を告げる花フクジュソウが約1,500㎡の小山一面に自生しています」
という宣伝の元、一面が真っ黄色になっている丘を想像していた。

P2146108.jpg

P2146088.jpg

到着した。
道標と言い、案内板と言い、立派な設備が整っている。

現在地からすぐの、最初の自生地に登ってみる。
僅かにあるが、一面ほどではない。
P2146089.jpg

その先の「福寿草新植地」へ行ってみる。
P2146091.jpg

P2146092.jpg

この、こんもりした丘のような場所が新植地のようだ
P2146094.jpg

一面真っ黄色とまではいかないが、それなりに沢山咲いている。
P2146095.jpg


P2146096.jpg

天気がいいので、お日様に向かって輝いている。
P2146097.jpg

ポカポカ陽気で誰も居なくて静かな場所だったので、ここでランチタイムにした。
周辺に民家はあるが、歩いている人はなく、小川のせせらぎが聞こえ
畑と山に囲まれていて、昔話に出てくるような風景。
ゆっくり時間が流れていく感じの心地よい場所でした。

P2146100.jpg

P2146102.jpg

P2146090.jpg


近くにもう一ヶ所、福寿草の里公園という場所もあるようなので
そっちにも行ってみます。
P2146105.jpg

新植地よりは少ない様子ですが、徐々に増えているような感じに見えました。
P2146107.jpg


ちなみに、ここには言い伝えがあり、幕末、勘定奉行を罷免された小栗上野介が
領地の権田村(現・高崎市)へ引き上げる際、
木馬瀬に埋めた軍用金が黄金色の花となって地上に萌え出たという伝説があります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント