妙義山系最高峰の谷急山へ! - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

妙義山系最高峰の谷急山へ!

PB145714.jpg


令和2年11月14日(土)晴れ

メンバー:レンテンさん、チームのどあめ(3人)

山行 7時間29分
休憩 1時間17分
合計 8時間46分
距離 10.8km




「チームのどあめ」だけで行くにはチョット勇気のいる谷急山を
レンテンさんに案内して頂きました。
妙義山と言っても「丁須ノ頭」に行く訳ではないので
まあまあ大丈夫でしょう、くらいに思っていましたが、なかなか大変な山行でした(;^ω^)


まず、「峠の釜めし」で有名な横川駅に7:00集合です。
PB145601.jpg
まだ、朝早いので駐車場はガラ空きですが、紅葉シーズンなので帰りにはいっぱいになるとの事。


登山口である国民宿舎裏妙義(閉館)へ移動
PB145603.jpg


国民宿舎の裏には岩櫃山のような山容の山があります。
PB145604.jpg


レンテンさんより、本日のコースについて解説
line_136374438864268.jpg


ではスタート!
PB145609.jpg


ここは注意ポイント!
仲間と話しながら歩いていると、うっかり直進してしまいそうな道です。
正解は左側の薄暗い杉林に入っていきます。
PB145612.jpg

まさかこんな暗い方へ入っていくとはね~
PB145613.jpg


一旦登り上げた所に馬頭観音
PB145615.jpg


あら、難所が出てきましたよ
PB145621.jpg


木が大きすぎて、跨げず苦戦のOさんヽ( ̄д ̄;)ノ
Wさんが後ろから押し上げて手伝うも、木に抱きついたまま身動き取れず(^^;)
PB145622.jpg


まだ緑色ですが、モミジが出てきましたよ~
PB145625.jpg


段々と色が付いてきました
PB145626.jpg


どうやら「もみじ谷」と呼ばれる場所に入ったようです。
色づきにはまだ早かったようですが撮影開始です。
PB145628.jpg

陽の光が差し込み、気持ちのいい紅葉狩りです。
PB145630.jpg

紅葉を楽しみながら進みます。
PB145631.jpg


line_139293274105447.jpg


こんな岩を通過します。
line_139299848876330.jpg

メグスリノキの紅葉もいい色合いです。
PB145633.jpg

ハウチワカエデ
PB145634.jpg

モミジもいい色になってきました。
PB145636.jpg

PB145643.jpg

そして三方境へ登り上げました。
line_139307538917004.jpg

「すかいさん」作の標識
PB145647.jpg

小休止してから谷急山へ
PB145648.jpg


分岐です。
帰りはここを女道へ下ります。
PB145650.jpg


お~~~っ!
妙義らしい切り立った岩が見えてきました!
PB145651.jpg


鎖場が出現してきましたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
P2に向けて頑張ります!
2.jpg


いい眺めです!\(^o^)/
丁須ノ頭が見える裏妙義です!
PB145659.jpg


こちらは表妙義
PB145660.jpg


そしてP2に着き、谷急山の姿が見えました!
PB145661.jpg

谷急山へ行くためには「V字キレット」や「ナイフリッジ」があるとの事
「ギブする人は言って下さい」とレンテンさんに言われるも、
「チームのどあめ」は誰も「ギブ!」とは言いません(`・ω・´)


P2からの急な下り
line_139363709215889.jpg


これが有名なV字キレット!
PB145664_convert_20201119210306.jpg


谷底へ落ちないよう、山側に重心を置きながら、狭い足場を慎重に進む
line_139373155549114.jpg


何度も枝を潜ったり、跨いだりしながら、もくもくと登る
line_139378931793539.jpg


ついに来ました谷急山! 1162.1m
PB145665.jpg

眺めは最高です!


浅間山
PB145668.jpg

荒船山など西上州の山々
PB145669.jpg

八ヶ岳から蓼科山
PB145670.jpg

丁須ノ頭(裏妙義)
その後ろは榛名山群と赤城山
谷川方面は雲がかかっていた。
PB145674.jpg


ギザギザの表妙義
PB145675.jpg


山頂で昼食タイムにしましたが
次々と沢登りのハイカーさん達が色んな方向から藪漕ぎ状態で登って来られて
あっという間に「密」状態になってしまいました。
こんなにも沢山の沢登りの人に会ったのは初めてかもしれません。

山頂が混んできたので食べ終えたら下山します。
line_139383151410673.jpg


登りよりも大変な下山
PB145678_convert_20201119211939.jpg

PB145685.jpg

line_139409489577434.jpg


途中で蛍光色な虫!
PB145692.jpg


青空に映える紅葉
紅葉2

PB145696.jpg


女道への分岐まで戻ってきました。
ここまで来れば一安心
line_139431297197582.jpg


PB145706_convert_20201119213349.jpg


PB145705.jpg


女道の紅葉がとても綺麗です。
PB145709.jpg

PB145716.jpg


フカフカの落ち葉の上を歩きます。
道は見えないので、どこでも好きな所を歩く^^
PB145710.jpg


谷急沢を何度か渡渉します。
PB145722.jpg


PB145731.jpg


怪獣みたいな木
PB145732.jpg


全員無事に下りきりました。
line_139460045826998.jpg


あとは林道歩きです。
PB145738.jpg


ガードレールで土石流がせき止められています。
PB145745.jpg


PB145750_convert_20201119214537.jpg


着きました~!
PB145752_convert_20201119214618.jpg


こんなに人気の山だったんだね~
県外からの車が多数停まっていました。
PB145762.jpg


国民宿舎裏妙義は現在閉館していますが敷地内のトイレは利用可能でした。
PB145761.jpg



天気に恵まれましたので、山頂では360度の大パノラマを楽しむ事が出来ました。
昼食休憩中に、沢登りのハイカーさんが色んな方向から沢山登ってこられて
たちまち山頂は「密」状態になるほど賑わっていました。
ちょっと聞きなれない「谷急山」でしたが、こんなに人気があるのだと驚きました。
傾斜が急なため、下山で2名尻もちをつくアクシデントあり(しかも同じ場所)
ケガをする事はありませんでしたが、発生場所は両端切れ落ちているヤセ尾根
石車に乗っての尻もちですが、一歩間違えば谷底です。
全員無事に帰還出来て良かったです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント