篭ノ登山・池の平湿原(コマクサ他) - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

篭ノ登山・池の平湿原(コマクサ他)

P6209343.jpg
コマクサ(高山植物の女王)



令和2年6月20日(土) 晴れ

篭ノ登山(かごのとやま)は、群馬県吾妻郡嬬恋村と長野県東御市との境に位置する山。
東篭ノ登山(ひがしかごのとやま)と西篭ノ登山(にしかごのとやま)の2峰ある。
上信越高原国立公園内に位置する。
東麓は車坂峠、高峰高原で、さらに東には浅間山がそびえる。
南麓の池ノ平湿原はアヤメの群生地として知られ、隣接する兎平登山口から東篭ノ登山山頂まで50分、
そこから東の水ノ塔山・西の西篭ノ登山までそれぞれ30 - 40分である。
南には高峯山や三方ヶ峰がそびえる。
西麓は湯の丸高原で、地蔵峠までなだらかな裾野が広がる。
                         <ウィキペディアより>

ぐんま百名山、信州百名山

東篭ノ登山~西篭ノ登山~池の平湿原

山行 5時間16分
休憩 1時間3分
合計 6時間19分

距離 7.6km


池の平駐車場09:43-10:41東篭ノ登山10:51-11:32西篭ノ登山11:58-
12:28東篭ノ登山12:30-13:00池の平駐車場13:05-
13:19村界の丘-13:30雷の丘13:31-13:57雲上の丘-14:20見晴岳14:27-
15:00三方ヶ峰15:07-15:22池の平湿原15:51-池の平駐車場15:56



<アクセス>
144号線・大笹より田代湖へ向かう道は昨年の台風災害の影響で通行止め、
つまごいパノラマライン南ルートへ迂回しました。
その後の東御嬬恋線94号線は何ヶ所も片側通行となっており
大型車両は通行不可になっていました。(乗用車は通れます)
道路の半分が丸ごと陥没しているヶ所が沢山ありました。

<駐車場>
池ノ平駐車場(600円)/綺麗なトイレあり
まあまあ駐車されていましたが満車で停められない程ではありませんでした。
駐車もソーシャルディスタンスを意識してか、到着時は1台間隔で停めてる車が多かったように見えました。



つまごいパノラマライン南ルート迂回中、四阿山が良く見える開放的で展望良好な迂回ルートです。
P6209095.jpg


村上山と角間山(鍋蓋山かな?)、手前には嬬恋らしいキャベツ畑が広がる
P6209100.jpg


つまごいパノラマライン南ルート終了
P6209101.jpg


東御嬬恋線、何ヶ所も道路補修中です。
P6209102.jpg


湯の丸山登山口のある地蔵峠駐車場を通過しました。
地蔵峠の駐車場は大変混雑していました。
今回は池の平湿原の駐車場に停めます。
池の平湿原の駐車場に停めるのは初めてなので
ここからは初通過の道路です。
途中で見えた湯の丸山はまだ雲がかかっていました。
P6209103.jpg


まともに山頂を目指す登山は3ヶ月振り
嬉しいスタートです。
P6209104.jpg


P6209106.jpg


ありふれたマイヅルソウだって、見ただけで嬉しくなる
P6209105.jpg


ツマトリソウも沢山あるが飽きずに見ていられる
P6209108.jpg


シロバナヘビイチゴ
P6209107.jpg


目指す東篭ノ登山が見えてきた
P6209112.jpg


お久しぶりのイワカガミ
P6209125.jpg

P6209124.jpg


先祖返りのミドリゴゼンタチバナ
P6209132.jpg


コケモモ
P6209130.jpg



イワカガミが沢山咲く、東篭ノ登山直下のガレ場を通過する
P6209133.jpg


ガレ場通過中に振り返れば池の平湿原が一望!
P6209134.jpg


東篭ノ登山と西篭ノ登山の次に向かう池の平湿原
P6209135.jpg
池の平湿原駐車場が見える、駐車場から湿原までの距離は大した距離ではありません。
小さなお子様連れや、うちの母のような高齢者を連れてくる場合は
池の平湿原だけ散策するという方法もあります。
実際に今日はベビーカーで池の平湿原を散策されている親子がいました^^



もうすぐ山頂!
久々の岩稜帯
山にキタ-----ッ!!!ヽ(≧∀≦)ノ
クウゥ----!!!感動!o(≧ω≦)o
P6209136.jpg


東篭ノ登山 2228m
嬉しい青空と山頂標識(*≧∪≦)
P6209137.jpg
たった1時間でこの展望!\(^o^)/




水ノ塔山~浅間山が良く見える。
昨年は高峰高原から水ノ塔山を経由して
東篭ノ登山~西篭ノ登山~池の平湿原で目下に見える林道を歩いて高峰高原へ戻った。
昨年はガスガスで見られなかった景色をご馳走に休憩する。
P6209139.jpg


浅間山の火口から随分と噴煙が上がっている。
P6209140.jpg
この時、随分と噴煙が上がっているなあと思ったら
翌日の令和2年6月25日15時00分 気象庁地震火山部発表
噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げになったようで
これにより、登山可能範囲は賽の河原までとなり、前掛山までの登山はできなくなったみたいです。




手前の村上山と、遠くの四阿山は雲の中
P6209141.jpg


上越国境方面は雲の中、今日は本当は主人と谷川岳へ行く予定だったが、
天気が良くなさそうだったので、こちらに変更した。
変更して正解だったが、主人は谷川でなければ行きたくないとヘソが曲がった事と
前日に足を怪我した為来なかった。
P6209142.jpg
全面通行止めになっている144号線の田代湖が見える


いい眺めにしばし浸る
あ~やっぱり山はいいなあ~+゚。*(*´∀`*)*。゚+


咲き残りのツガザクラ
P6209145.jpg

ほとんど終わっていた
P6209146.jpg


タカネニガナ
P6209147.jpg

ミツバオウレン
P6209153.jpg


次に向かう西篭ノ登山が見えてきた、その奥には湯の丸山と烏帽子岳がある
P6209148.jpg


最初のコマクサ自生地
P6209168.jpg
ロープが張られて遠くて、これが限界


西篭ノ登山 山頂直下のガレ場
P6209178.jpg


イワカガミが沢山
P6209181.jpg


西篭ノ登山 山頂! 2212m
P6209179.jpg


ここで昼食タイム


キバナノコマノツメ
P6209184.jpg

P6209183.jpg


昼食を終えたら東篭ノ登山へ戻ります

西篭ノ登山から見た、東篭ノ登山
P6209185.jpg


ツバメオモト
P6209186.jpg

P6209187.jpg

P6209192.jpg


東篭ノ登山から西篭ノ登山へ向かう途中でお話しをさせて頂いた
ヤマレコユーザーのyamaonseさんと花の話で意気投合しまして、
次に向かう池の平湿原までご一緒させて頂きました。
P6209193.jpg


コケモモ(白花)
P6209194.jpg


池の平湿原入口
P6209196.jpg


シロバナヘビイチゴの群生
P6209195.jpg


楽しみにしているグンバイヅルは7月の花なのでまだ葉っぱだけ
P6209198.jpg


倒木から生えている木。
本当なら枝のはずだがそれぞれが1本の木として立ち上がっていた不思議な木だった。
P6209201.jpg
(このように新たな世代の木が育つことを「倒木更新」と言うらしい)



ミヤマニガイチゴとシャジクソウ
P6209203.jpg


シャジクソウ
P6209204.jpg


さっき登った東篭ノ登山と、その奥は浅間山
P6209212.jpg


浅間山
う~ん、やっぱり噴煙が多いなあ
P6209213.jpg


オオヤマフスマ
P6209215.jpg



植生が変わってきましたよ

グンナイフウロ
P6209222.jpg


グンナイフウロ撮影中のyamaonseさん
P6209220.jpg


ゆらゆらとスズラン
P6209255.jpg

レンゲツツジも見頃
P6209257.jpg


雲上の丘
P6209258.jpg


ボケ
P6209275.jpg


グンナイフウロ
P6209276.jpg


イワハタザオ
P6209279.jpg


見晴岳
P6209283.jpg


見晴岳の奥に行ってみる、こういう場所はコマクサが好んで生息しそうだが、ここにはない。
P6209284.jpg
この先にも登山道が続いていて、そのまま進むと湯の丸スキー場へと繋がっている


湯の丸山と烏帽子岳の雲が取れて視界が開けた
P6209285.jpg
昨年の6月20日は湯の丸の方へ行っていました記事はこちらをクリックしてください
コマクサが咲き始めました湯の丸山~烏帽子岳


アヤメも咲き出した
P6209287.jpg


コマクサ群生地 1ヶ所目
P6209303.jpg

P6209297.jpg

P6209291.jpg


カラマツソウ
P6209312.jpg


ミツバツチグリ
P6209315.jpg


池の平湿原
P6209317.jpg


クロマメノキは最初は白い
P6209322.jpg

段々とピンク色になっていく
P6209324.jpg


三方ヶ峰
P6209328.jpg

昨年、小学生の忘れ物の筆箱を見つけてしまい見晴岳まで走った記憶がよみがえる(^^;)

昨年の記事はこちらをクリックしてください→水ノ塔山・東篭ノ登山・西篭ノ登山・池の平湿原


コマクサ群生地には入れないように柵があるので
なるべく近くで撮れる被写体がないか探してみる
P6209333.jpg

立派な株だがチョット遠い
P6209327.jpg


これならどうだ
P6209341.jpg


気に入った感じになんとか撮れた
P6209350.jpg


赤いコマクサ
P6209351.jpg


ハクサンチドリ
P6209355.jpg

ハクサンチドリ撮影中のyamaonseさん
P6209353.jpg

花付の良いハクサンチドリ
P6209358.jpg



池の平湿原に突入です。
P6209359.jpg


タカトウダイ
P6209360.jpg


鏡池
P6209367.jpg


ヒメイズイ
P6209382.jpg


P6209390.jpg


小さくて背丈の低いヒメイズイ
木道の高さから撮影するには苦労するyamaonseさん(;^ω^)
P6209383.jpg


シャジクソウ
P6209392.jpg



自粛で3ヶ月まともな登山が出来なかったので今日こそは!という気持ちで向かいました。
我慢していたご褒美とばかりに思った以上に沢山の花を見る事が出来ました。
途中で意気投合して一緒に歩かせて頂いたyamaonseさんと花の話で盛り上がり終始楽しい山行となりました。


最後に湯の丸のレンゲツツジ群落を見て終わり。
P6209393.jpg


自宅から現地まで
通常は片道85.4kmですが
迂回した為、92.6kmでした。
車で片道およそ2時間


<池の平湿原>
浅間山麓にある湯の丸高原と高峰高原の間にある池の平湿原は、
浅間山の噴火によりできた湿原です。
アップダウンが少ないので、子供からお年寄りまで軽装で気軽に歩ける散策コースです。
何と1000種類以上もの高山植物の宝庫で、季節により、コマクサ(6月~8月)・
レンゲツツジ(6月中旬~7月)・アヤメ(7月)・ヤナギラン(8月)・
マツムシソウ(8月中旬~9月上旬)・リンドウ(8月中旬~9月)等が見られます。
なお、近年、温暖化の影響か乾燥化の傾向にあり、高山植物は減っています。
湿原散策だけでなく、途中雲上の丘を通り、湯の丸高原の見晴岳にも10分程度で気軽に登れ、
天候が良ければ、上から見下ろす湿原や佐久平・アルプスの展望も楽しめます。

※池の平湿原は、浅間山から7kmほど離れていて、
  2004年や2019年の噴火時も立ち入り禁止区域には入っていません。
  また浅間山の噴煙は、気流が西から群馬県側に流れるため、
  西側にある池の平湿原にはほとんど影響がありません。
  
                   <信州とっておき情報より>
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

素敵な山ですね~。

よつこさんへ

もうコマクサ、ツマトリソウなど初夏の素敵なお花に
出会えたのですね~。
羨まし~い!!
シャジクソウ、、、初めて見ました。
イチヨウランもたくさん出会われて
なんとも羨ましい事!!
ところで、野生ランって、どうも湿気のある
林内が多くて、ホントは今の時期、
いろんな野生ランに出会いたくて、
山に入りたいですが、関西では
山ヒルが多い山も多く、また蛇も苦手で
どうも勇気が出ないのですが、、、、。
よつこさんは大丈夫なのですか~。
私は大きな蛇に遭遇すると、悲鳴と同時に
その場から走り去るのですが、、、。
でもお花探しもしたいし、、、。
お恥ずかしながらいつも林内を見て
悩んでます、、、。

Re: 素敵な山ですね~。

タマおばさん、こんにちは!

初夏の花が沢山咲き始めましたので
いよいよ本格的に登山開始と言ったところでしょうか
と言っても県境ギリギリラインまでにしています(;^ω^)
これ以上遠くは運転が疲れますので(;^ω^)

ヒルやヘビは私も大嫌いですよ(><)
なるべくヒルのいる山は避けています。
ヘビだけは避けようがないので遭遇してしまったら
逃げるしかないですね(笑)
でも怖い物見たさで過去の記事には写真の記録もありますよ(;^ω^)

花を見たい気持ちの方が強くて
登る時は大体ヘビの事は忘れています(;^ω^)