自粛要請解除後の山岳ガイドラインが発表されました。 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

自粛要請解除後の山岳ガイドラインが発表されました。

20200511_182628.jpg
仕事帰りに通勤道路から見た赤城山(黒檜山・船ヶ鼻)に夏の入道雲のような雲が現れていた時に撮った1枚




政府からの「新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の全面解除」が
発表された事に伴いまして、日本山岳会から「山岳活動ガイドライン」が発表されました。



「自粛」要請解除後の登山・スポーツクライミング活動ガイドライン
         感染させない、感染しないために




・近距離(100km圏内程度)でできるだけ都道府県を跨がない日帰り登山から始めましょう。
・体調不良(平熱を超える発熱、悪寒、倦怠感、息苦しさ、咳等)での登山は止めましょう。
  入山後にコロナ感染発症すると命に関わり、救助隊、収容先地元医療機関に多大の迷惑を及ぼします。
・登山は、少人数で行いましょう。(パーティーは、当面5名以内で。)
・自粛期間中、季節や地震による山容の変化、登山道の荒廃など思わぬ危険が潜んでいます。
 十分な登山ルートの下調べと地図、コンパスの持参、登山届けは必ず提出し、家族にも残しましょう。
・登山中でもマスクを着用しましょう。
 マスク着用時は、熱中症及び脱水には十分留意し、こまめに水分摂取を心がけましょう。
・登山、クライミングジムでのソーシャルディスタンスを守りましょう。
 一般的には2メートル前後ですが、登山中の場合は、さらに距離が必要と言われています。
 また、クライミングジムでは建屋構造、利用人数等で制限がありますので、ジムの指針に従って行動してください。
 唖えロープ、滑り止めなどもジムの方針に従ってください。
・登山山域内での買い物や、下山後の呑み会等も地元住民への感染防止の観点から控えてください。
 食材、飲料、緊急食などは出発前に揃えておきましょう。

・自粛中に衰えた筋力、体幹を鍛えましょう。
 
今回の世界的新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延により、社会構造、経済が大きく変化し、
それに対応する新しい生活様式の確立が必要になりました。
登山もスポーツクライミングも新しい視点からの活動指針が必要です。

<日本山岳会HPより>


緊急事態宣言が全面解除されたとは言え
感染者がゼロになった訳ではないので
当面の間はこのガイドラインに沿った行動を心掛けるしかないと思います。



━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━



あれほど高価だったマスクも段々と安くなり
20200512_180605_convert_20200526201741.jpg


スーパーでフェイス・シールドまで売るようになり
20200512_180615_convert_20200526201759.jpg


アルコール消毒もようやく手に入るようになった
20200526_175804_convert_20200526201810.jpg


普通に売られるようになると誰も振り向かなくなる
少し平和になったような気がするが油断は出来ない。


コロナ感染者を受け入れている医療機関の収入が落ちていると報道されている
通常の大部屋に感染者1人では稼働率が下がるので当然収入は下がる。
しかし、収入が落ちているのは感染者を受け入れている医療機関だけではない
国民全体が感染予防に努め、外出を控え、県をまたいで移動しない
結果的に救急搬送率は減るので日本の医療機関全体の収入減となっているのが現状。
救急搬送率が下がっているのはいい事です。
多くの国民が健康に過ごしているという証拠です。
政府と国民が一体となって努力した結果が非常に良く現れているのだと思います。
が・・・
次の賞与はまともに支給されないでしょう(TT)
たぶん・・・
稼働率が減っても仕事の負担は増えているのに・・・ハアァ・・・
  (部署にもよりますが・・・・)

給付金10万円をもらっても手放しでは喜んでいられません。
次の賞与の穴埋めに大事にとっておきます・・・・

第2波がこない事を祈るばかりです・・・
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おひさん、こんばんは!

そうですね、とりあえず一安心と言ったところでしょうか。
こちらではもう普通にマスク売っています。
かなり地域差があるようですね。

アベノマスクはうちも謎のままです。
息子が職場に届いたというアベノマスクを持って帰ってきましたが
自宅には届いていないので、それが我が家の分なのか?
未だに不明です(;^ω^)