小田代原・幻の湖と貴婦人から高山へ - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

小田代原・幻の湖と貴婦人から高山へ

PC086715.jpg
小田代原の貴婦人



令和元年12月8日(日)晴れ

山行 4時間42分
休憩 38分
合計 5時間20分
距離 12km



霧氷狙いで気合を入れて朝3:40に自宅を出発。
国道120号線金精道路はテカテカの凍結
積雪50cm位はあるだろうか、真っ暗闇の中除雪作業車が通っていた。
雪もチラチラ降っていたが、日光白根山の菅沼登山口にはすでに車が停まっているのが見えた。

今日は山岳会のメンバーは違う山に行っているので誘う人もなく、
山岳会以外の人にも声をかけたが都合のつく人が見つからず
主人もこんなに朝早く起きれないとの事で、結局一人で行く事になった。

金精峠のトンネルを抜けると男体山から太陽の薄明りが見え始めた。
PC086680.jpg


赤沼車庫の駐車場は冬季閉鎖中で停められず
手前の道路脇に停めた。

「日光てくてく歩道」からスタート
20191208_062346_convert_20191212180512.jpg


戦場ヶ原への道は通行止め
PC086683.jpg


湯川赤沼橋を渡る
PC086684.jpg


積雪3cm位あるがノーアイゼンでOK
正面の日光白根山がモルゲンロートで真っ赤に染まっています。
PC086685.jpg


分岐の所を左折して右回りするように進むと貴婦人を見る場所に近いと
ブロ友のレンテンさんことPランナーさんに教えて頂いたので、その通りに進む
PC086686.jpg


山は明るくなってきたが、小田代原にはまだ陽が当たっていない
PC086689.jpg


低公害バス路線の舗装道路の途中で一人の方が早々に撮影開始していましたが、
霧氷が見られなったからと、もう撤退の準備中でした
PC086690.jpg

ここが撮影スポットですか?と尋ねたところ
そうですと答えが返ってきたが、レンテンさんに教えて頂いた場所はもう少し先なので
更に進むとトイレのある小田代原のバス停に着いた。
PC086693.jpg


ここから入って行くみたいだ
PC086694.jpg


お~~~っ!(((o(*゚▽゚*)o)))
幻の湖はまだ干上がっていませんでした。
白く凍っています。
PC086695.jpg


そして貴婦人!霧氷は残念ながらありませんでしたが、初対面の貴婦人様は凛としたお姿でした。
PC086696.jpg


少し場所を移動して太郎山の正面になるように撮影。
PC086705.jpg


霧氷はないけれど、陽の当たり具合で雰囲気が変わるのを期待して温かいコーヒーを飲みながら待つ事に。
PC086706.jpg


空が大分青くなってきました。
右側の大きな男体山から大真名子山、小真名子山、太郎山、
まるでボディーガードに守られているかのような貴婦人様でした。
PC086716.jpg



貴婦人様の白いお肌が目だってきました。
PC086715_20191212184235a0c.jpg


隣で三脚を立てて、まだ粘って撮影している人がいたので
もう少し陽が出れば、また景色が変わるのかと期待して
40分間程、その場に居たが、足が冷たくなってきたので撮影終了とした。
デジカメでそんなに粘っていても、それほど変化のある写真が撮れる訳ではない
もっといいカメラを買えるようになって出直しして来た方が良さそうだ。


移動開始
PC086711.jpg


快適な朝です。木道に積もった雪の上を歩く音が耳に心地よく響きます。
PC086724.jpg


次の目的地、高山
pic_1575759852555_convert_20191212200439.jpg


今年登った前白根山
pic_1575760604677_convert_20191212200227.jpg


積雪の錫ヶ岳(すずがたけ)
pic_1575761022311_convert_20191212200259.jpg


積雪の日光白根山
pic_1575761597504_convert_20191212200318.jpg


高山登山口
pic_1575762196178_convert_20191212194419.jpg


真っ直ぐな道が長く続きます。
PC086727.jpg


白樺の群生地より日光白根山が顔を覗かせています。
PC086728.jpg


整備された登山道に先行者と動物の足跡がずっと続いています。
pic_1575764079707_convert_20191212195703.jpg


山に隠れていた陽が昇ります。
pic_1575764132867_convert_20191212194458.jpg


pic_1575765077400_convert_20191212194517.jpg


鎖がありますが、無くても大丈夫な位の場所です。
pic_1575765880906_convert_20191212194532.jpg


木の隙間から日光白根山が見えます。今日の日光白根山に登っている人は大当たりですね~
pic_1575765939757_convert_20191212194546.jpg


階段あり、ご覧の通りの積雪量なので心配ありません。
pic_1575766137451_convert_20191212194602.jpg


山頂です。
pic_1575767541063_convert_20191212194614.jpg


折角、中禅寺湖・男体山・日光白根山が見えるのに
木が邪魔して展望が良くありません。
広い山頂なのにもったいないですね~


山頂からの中禅寺湖
pic_1575767610105_convert_20191212194632.jpg


山頂からの男体山
pic_1575767656590_convert_20191212194647.jpg


山頂からの日光白根山
pic_1575767699078_convert_20191212194700.jpg


下山開始すると戦場ヶ原と太郎山が見えます。
pic_1575768407963_convert_20191212194729.jpg


中禅寺湖も山頂よりは良く見えます。
pic_1575768864027_convert_20191212194747.jpg


粉砂糖を振り撒いたような初冬の雰囲気
pic_1575770905212_convert_20191212194803.jpg

高山は誰にも会わないと思っていたら、一人登ってきてすれ違いました。


注意!WARNIG! 「開く」の持ち手まで通電性のネットがびっちり巻かれていて人間まで危険な感じがします・・・
pic_1575771645746_convert_20191212194819.jpg


戦場ヶ原は一部通行止めになっています。
赤沼茶屋前のトイレに張り紙がありました。
pic_1575772958558_convert_20191212194837.jpg


赤沼茶屋の後ろに男体山。冬季は閉山中で登れませんが、雪も無いし、
今日のような天気のいい日に登れないなんて残念だなあと思いました。
pic_1575772995236_convert_20191212194857.jpg


赤沼車庫は冬季閉鎖中の為、道路脇に駐車しました。
pic_1575773037033_convert_20191212202124.jpg


帰り道の金精峠、トンネル手前の日光側の道路は積雪なし
PC086745.jpg


金精山の霧氷がとても綺麗でした!
PC086746.jpg


凛々しい姿の男体山
PC086747.jpg


トンネルを抜けて120号線金精道路は凍結しています。
PC086748.jpg
正面の雪山は日光白根山


霧氷の貴婦人を見ようと早朝より行動開始しましたが
残念ながら霧氷姿を捉える事は出来ませんでした。
それでは収穫がないので、高山巡りを追加しました。
まだそれほどの積雪はないので、終始ノーアイゼンでOKでした。
登山道より危険なのは、120号線金精道路です。
チェーン搭載していない車は通行注意となっております。
私は冬になると常時「チェーン」「砂」「スコップ」は装備しています。
山道に入る前に、道路脇に良く置いてある「砂」をゲットしてから
行く事をお勧めします。
実際に「砂」のおかげで登山口まで辿り着けた経験がありますので
本当にお勧めします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント