浅間山北麓ジオパーク・スカイロックトレイル - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

浅間山北麓ジオパーク・スカイロックトレイル

PB106102.jpg

令和元年11月10日(日)晴れ

メンバー:5人(山岳会)とガイドさん





浅間の秘境、舞台溶岩を認定ガイドさんと一緒に歩く
3つの溶岩流と、2つの火砕流を巡るアドベンチャー!
火山の迫力を体感!

と言う事で、今回は今年6月にオープンしたばかりの
新トレッキングコースをガイドさんに案内して頂きながら楽しんでお勉強してまいりました。


~コース紹介~
スカイロックトレイルは浅間山北麓に広がる上信越高原国立公園の
第一種特別保護地域の中を通るトレッキングコースです。
浅間山の火山活動によって形成された、溶岩流、巨大噴石、クレーター
溶岩樹形などの地形と、そこに育成する高山植物群落などは、
貴重な自然遺産としてジオパークに認定されています。
スカイロックトレイルはガイド同行の元、それらを楽しく学ぶことが出来るコースです。
<パンフレットより>

コースは1周約6km
高低差300m
大人がゆっくり歩いて3~4時間ほどのトレッキングコースです。

~ご利用について~
大人1000円
小人500円
ヘルメット(無料)
予約制で5人から申し込み可能
入山期間 5月初旬~11月下旬まで


※詳しくは長野原町営浅間園スカイロックトレイルをご覧ください→こちらをクリック


浅間火山博物館に到着
PB106035.jpg

受付
PB106036.jpg


ヘルメットが準備されています。
コース利用に関する諸注意についての同意書にサインします。
PB106037.jpg


群馬TV「ぐんま一番」で紹介された事でスカイロックトレイルを知りました。
PB106038.jpg

タイムマシーン3号さんと、山田彩乃ちゃんのサインがありました。
毎週見ています^^
PB106039.jpg


今日はサイコーにいい天気です!
PB106040.jpg


早速、ガイドさんの解説あり!
PB106041.jpg


ヤマナラシ(山鳴らし)という名前の木です。
PB106042.jpg

葉についている柄が長いので、風に吹かれて葉と葉がこすれて音がする事から
その名がついたそうです。
PB106043.jpg


あ~~~っ!これこれ!
先日、小浅間山で見つけて名前が分からなかった実だ!
これはチョウセンゴミシ(朝鮮五味子)というそうです。
五味子とは、甘味、酸味、辛み、苦味、鹹(塩味)の5つの味を持つことから名付けられ、
植物そのものの名前となったそうです。
皆で味見をしてみましたが、私は甘味と酸味しか感じませんでした(;^ω^)
PB106044.jpg
いや~、私はチョウセンゴミシの名前が分かっただけでも、もう十分満足ですわ^^
ガイドさん付きはいいですね~


浅間山の見える方向へと進みます。
PB106046.jpg


ここから先は1000円を支払った人だけが入れるコースとなります。
PB106047.jpg


と、ここでガイドさんが手荷物の中から色んな物を取り出して見せてくれました。
まずは熊の爪(゚△゚;ノ)ノ
こんな爪で引掻かれたらひとたまりもありません((((;゚Д゚)))))))
PB106048.jpg


熊の胆(い)/熊胆(ゆうたん)!
この大きさで数万円の価値がある高価な漢方薬だそうです。
粉末にした物を用意して頂いておりましたので味見をさせて頂きました。
苦いけれど、まあまあ許容範囲で服用出来ます。
身体にいいと聞けば何でも受付ます(;^ω^)
PB106130.jpg


アオハダ
(樹の皮を剥くと青い肌をしている為その名がついたようです)
PB106050.jpg
この辺りの標高の木はほとんど落葉している中
アオハダはまだ黄色い葉を残していました。


スタートから1kmほど進むとダケカンバ群落です。
PB106051.jpg

そしてダケカンバの幹元に見える岩肌が、図の赤い部分に示した
鬼押し出し溶岩(火砕流)です。
PB1060522.jpg



溶岩崖下の風穴
PB106055.jpg
夏は冷気を押し出す事は知っていましたが
冬は逆に冷気を吸い込むんだそうです。
冷たい空気は下に流れるメカニズムによるものだそうです。



長いハシゴのある場所へ来ました。
左手にある火砕流は下の舞台と名付けられた場所
PB1060577.jpg


図で示した緑色のラインの場所
PB1060566.jpg


このハシゴは垂直に取付けるためのハシゴなので
ここの斜面ではかえって邪魔になっていました(^^;)
PB106059.jpg


残念ながら取り付けるのはロープだけで良かったみたいです(^^;)
PB106061.jpg


ダケカンバ群落の次はナナカマド群落です。
この辺り一体にナナカマドがありますが
こんなにも一面にナナカマドがある地域は珍しいそうです。
しかも背が高くてビックリ!
普通、良く見るナナカマドは目線より少し上くらいだと思うのですが
ここのナナカマドは首が痛くなる程見上げるような背の高さです。
PB106063.jpg

PB106083.jpg

一面にナナカマドがあるので
この写真のように一帯が真っ赤になるそうです。
PB106062.jpg
ナナカマドの下の黄色い葉はダケカンバです。


ゴゼンタチバナは葉が6枚にならないと咲かないらしい。
4枚の時は咲かない。
しかし成長する段階で5枚というのはないらしい。
と言う事は5枚目と6枚目は同時に生えてくるのか。
PB1060644.jpg


鬼押し出し溶岩へ
PB106065.jpg

ようやく見晴らしの良さそうな場所に出そうだね~
PB106066.jpg


展望の良い場所に出ましたよ~\(^o^)/

遠くは白馬岳まで見えました!
PB1060677.jpg
遠くに見える湖だと思った場所はソーラーパネルだそうです。
随分と広い面積のソーラーパネルにみんなビックリでした。



白馬岳
PB106073.jpg


四阿山から谷川まで続く県境稜線トレイルを見渡す事が出来る絶景スポットです!
PB106069.jpg


四阿山
PB106070.jpg

破風岳~御飯岳
PB1060711.jpg

上州武尊山日光白根山男体山・皇海山・浅間隠山
PB1060777.jpg


軽井沢おもちゃ王国の観覧車が見えます。
手前には鬼押し出し園も見えます。
PB106068_201911141506420e2.jpg



天気が良くて何よりです!
1573379697532.jpg


騒いでばかりいられません(`・ω・´)
ちゃんとお勉強もやります!
PB106078.jpg

図のように「植生遷移(せんい)の進行」と言って
火山後に木や植物が全く生えていない裸地の状態から
数千年~数万年と言う長い年月を経て
コケが生え
草が生え
低木が生え
日当たりの良い場所を好む木が生え(陽樹)
日影を好む木が生え(陰樹)
陽樹と陰樹が混ざり
最後は陰樹となるそうです。

この浅間山(特に今日のコース)では、この植生繊維の移行の様子を全て見る事が出来る場所なんだそうです。

黒斑山も大昔は、現在の浅間山のように裸地で
何も生えていない山だったそうです。
でも今は木が生えています。
だから、浅間山もあと数千年~数万年という月日が経てば黒斑山のようになるんだそうです
「へ~っ!そうだったのか~!(*゚Q゚*)」


溶岩の中にカーペット状に広がる低木
PB106079.jpg


ロープが張ってあるので、これより上には行けませんが
以前はここから浅間山へ行く事が出来たのだそうです。
PB106081.jpg


またナナカマド群落へ下りました。
ここからは新しく開拓された登山道となります。
PB106082.jpg


急に木の背丈が変わりました。
今度はミヤマヤシャブシ群落です。
PB106084.jpg


あれ!?ハンノキと同じ実が生っていると思ったら
ミヤマヤシャブシはハンノキ属という事でした。
PB106086.jpg


更に木の背丈が低くなってきました。
PB106087.jpg


浅間山の千トン岩が見えます。
「千トン岩」は、1950(昭和25)年9月23日の噴火で噴出された巨大な火山岩塊です。
PB106089.jpg


天気が良くて逆光です。
PB106109.jpg

ガイドの嶋村さんです。
PB106095.jpg


先程、勉強した植生の繊維のおさらいです。
まさにここが裸地からコケ・草・低木が生えてきている状態です。
ガンコウラン・ミネズオウの群落です。
PB106094.jpg

カラマツの赤ちゃんも沢山生えてきています。

そして右側の真っ黒い岩が溶岩の末端です。
PB106105.jpg

浅間山から流れた溶岩がここで止まった事が良く分かる風景です
大迫力なんですが、逆光で良く撮れません(><)
もの凄い立ちはだかる壁です。
1000円払って見る価値ありです!

PB1060977.jpg


ここで溶岩を背に昼食タイムです。

風もなく、展望の良い場所でのランチタイムです。

浅間隠山赤城山榛名山鼻曲山が良く見えます。
PB106104.jpg

PB1061033.jpg


下山します。

マンネンスギ
PB106112.jpg


溶岩樹形と言って、溶岩が流れた際に、そこに有った木が巻き込まれて
後に木が無くなってしまった後に見られる樹形ですが、そもそも溶岩は高熱のため
流れた際に木はその形を留める事は出来ません
実際に流れたのは火砕流なので
これは火砕流樹形と呼ぶのが正しいんだそうです。
PB106114.jpg


ツルリンドウ
PB106116.jpg


ダケカンバとシラカバの見分け方
PB106118.jpg

標高で住み分けているとされていますが
このように同じ標高で混在している場合もあります。

PB106119.jpg

左)ダケカンバ
右)シラカバ

並べて見れば一目瞭然ですよね
でもいざ山に入ると「あれ?どっちだっけ?」という事が良くあります。

皮がペラペラとめくれていて肌色で横筋が入っているのがダケカンバ
白くて「ヘの字」模様があるのがシラカバです。

あとは葉の葉脈の数で見分けるやり方があって
シラカバは7
ダケカンバは11
セブンイレブンと覚えるらしいです^^
PB1061200.jpg


ガイドさんのおかげで沢山知らなかった事を学びました。
PB106122.jpg


1日ずっといいお天気で大満足です。
PB106124.jpg


最後に全員で記念撮影
PB106126.jpg

PB106128.jpg


今日1日では頭に入りきらない程、色々勉強させて頂きました。
私の言葉では伝えきれないので
ぜひ興味のある方は1000円払って参加してみて下さい。
ガイドさん付きで1000円は格安だと思います。

ガイドの嶋村さん、大変お世話になりました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

興味津々です

楽しそうなガイド登山ですね!
機会があったら行きたいです( ..)φメモメモ
いろんな情報、7-11は特に印象に残りました!

それから、来週は燕岳に登る予定なので、
前回の山の名前入り写真、とっても助かります(´▽`)

いつも貴重な情報ありがとうございます。

Re: 興味津々です

クリさん、こんばんは!

スカイロックトレイルは通常では入れないコースを案内してもらえるので
とっても楽しいですよ!

燕山に行かれるんですね
晴れるといいですね^^
私の記事を参考にしていただけるとの事で
とても嬉しく思います^^

娘さんの内部進学が決まって良かったですね!
おめでとうございます!
私も息子が高校3年生の時でも、せっせと山に登っていました。
お母さんが元気でいる事が家族の幸せに繋がると
勝手に思っています(;^ω^)
いいと思います!
これからもどんどん登って下さい^^