金色のカラマツは期待外れの小浅間山~白糸の滝~八ッ場ダム - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

金色のカラマツは期待外れの小浅間山~白糸の滝~八ッ場ダム

PA275763.jpg
白糸の滝



令和元年10月27日(日)曇り





小浅間山は2年前に訪れたのが初めてで、今回は2回目です。
前回は平成29年11月3日、訪れるのが遅すぎてカラマツが茶色くなっていました。
その事を踏まえて少し早めに行動したはずなのですが・・・・


駐車場8:00
PA275673.jpg
自販機が見える方は峠の茶屋の駐車場です。
登山者は赤いカラーコーンがある側(茶屋の反対側)になります。
紅葉シーズンは結構混雑するため8:00に到着
一番のりでした。
以前は登山口から少し入った所まで車が入っていましたが
ポールが立ててあり侵入禁止になっていたので
駐車スペースは狭くなっています。
6台~7台くらいが限界だと思われます。
ただ短時間で登れる山なので、先に登った人がすぐに下山してくるので
運が良ければ遅い時間でも停められます。

今日は父も連れてきているのですが
足が悪くて登山は出来ないので、一人車で待機です。
カラーコーンの後ろの車の脇に見える青い服が父です。


登山口
先頭を行く主人と、その後ろに母
PA275674.jpg



東大観測所
PA275676.jpg


数ケ所、倒木がありますが問題なく通れます。
PA275677.jpg


イボタノキの実
PA275680.jpg

イボタノキの実
PA275681.jpg


チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)
PA275745.jpg


咲き残りのヤマハハコ
PA275684.jpg


頑張る母
PA275685.jpg


浅間山が見えてきたので、振り返ってみるが
綺麗な金色のカラマツではないΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
PA275688.jpg

あれ・・・?
おかしいなあ
タイミング的には丁度良かったはずなんだけどなあ~

曇りのせいかな?


まあでも、朝早くスタートしたので雲海が見られた
PA275690.jpg


雲海の向こうに妙義山が見えていました。
PA275692.jpg


道標に従い進む
PA275697.jpg


まだ緑色のカラマツがある
と言う事は早かったのか?
PA275698.jpg



赤く紅葉している木もあるが、あまり写真映えしない
やはり天気のせいか
PA275701.jpg


慎重に歩く母
PA275704.jpg


雲海の下に峠の茶屋と駐車場が見えた
PA275706.jpg



浅間隠山と鼻曲山が見える
PA275707.jpg


小浅間山 山頂!(東峰)
PA275712.jpg
山頂標識は倒れていたので、立て直して撮影


先に行ったはずの主人の姿が見えない・・・
どこに行った?

東峰の写真撮影はそっちのけで
西峰に行ったようだ


カラマツを掻き分けるように奥に進むと、そこが西峰だ
PA275714.jpg


西峰山頂付近
PA275715.jpg


東峰と西峰の間を縫うように下山する
PA275717.jpg


この右側の斜面を登っていくと絶景スポットがあるのだが
道はないので、母を主人に任せて一登りする
PA275718.jpg



あれ!?
これは確か・・・
今年の夏に登った、篭ノ塔山で見た葉と同じ気がする
記憶に新しいので間違いない
PA275721.jpg
帰宅後、調べて、私の頭にあったグンバイヅルで間違いなかった。
絶滅危惧種なので、枯れていても発見した事が嬉しい



この岩のある場所が、私のお気に入りの撮影スポット
PA275723.jpg


しかし、やはり曇り空のため金色のカラマツは見られません
PA275724.jpg


四阿山が良く見えます
PA275727.jpg


軽井沢おもちゃ王国の観覧車がカラマツの中に浮かび上がるような
景色が見られます。
天気が良ければ絶景です。
PA275736.jpg
四阿山~土鍋山~破風岳~御飯岳の県境稜線トレイルが見渡せます


ダケカンバが素敵です
PA275734.jpg


軽井沢おもちゃ王国方面
PA275733.jpg


砂山の東峰
PA275731.jpg


撮影に夢中になっていると、主人から電話がかかってきた
「お~い、早く来てくれ~、道が分からなくて迷っている」

なんだって!?
来た道を戻るだけなんだけど?
一体どこへいっちまったんだい!?

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

急いで下山したが、姿が見えず・・・
もう一度登ってみたら、遠くに姿が見えた
PA275740.jpg


こっち!こっち!と正規ルートに呼び戻す
ちっちゃい山なので、大事にならずに済んだ

空が明るくなってきて、紅葉も綺麗に見えるようになってきた
PA275743.jpg


東大観測所に着く頃は青空になった
PA275746.jpg

今日はスタートが早すぎた
これから登るくらいが、ちょうど良かったみたいだ


茶屋も開いておらず、ただ車の中で待っていた父の元へ戻り
白糸の滝へ移動
白根ハイランドウェイ片道400円(往復は600円)


紅葉シーズンとあって観光バスが沢山きている
PA275750.jpg


駐車場から白糸の滝まで100mくらいかなあ
ここなら父も歩いて行けるかと誘ってみたが
歩けないと言う

仕方がない
帰りに「いわなの塩焼き」でも買っていってあげるか
PA275749.jpg


PA275751.jpg


PA275753.jpg


白糸の滝の少し下流
PA275760.jpg


これが白糸の滝です!
PA275768.jpg

PA275770.jpg


PA275775.jpg


PA275771.jpg


PA275784.jpg


PA275826.jpg


閑静な雰囲気で写っていますが
実はこんな感じ(^^;)
PA275791.jpg

凄い人混みですΣ(゚д゚|||)

今回は親連れの為、車で来ましたが
ハイキングコースもあります→こちらをクリック



次は帰りながら、道の駅八ッ場ふるさと館に立ち寄ります。

父と母は道の駅八ッ場で足湯に浸かりながら待っていてもらい
私と主人は橋の上からダム見学です。
PA275805.jpg


台風19号の影響で、10月1日から試験湛水が始まったばかりのダムは
たった2日で満水となったようです。
このダムのおかげで群馬県民は災害から守られたと
台風後は英雄扱いのダムですが、その陰でふるさとを失った住民の気持ちを
考えると計り知れないものがあります。
試験湛水が始まった時に、住み慣れたふるさとが沈んでいく様を
住民たちは泣きながら見ていたそうです。
そこに生えていた木々は伐採される事なく、生き埋めになりました。
名勝で天然記念物でもある吾妻峡も半分になってしまいました。
そんな背景を思うととても切なくなります。
PA275803.jpg



橋の上には、このような案内板があります。
PA275807.jpg

案内板と比較すると旧国道145号線、旧JR吾妻線は水の中だという事がわかります。
昔スキーをやっていた頃は、まだ長野に続く高速道路がなかった時代でしたので
旧国道145号線を通っては長野のスキー場へと足を運んだものです。
PA275808.jpg




PA275809.jpg

PA275810.jpg



八ッ場ダム
PA275812.jpg


代替地でまだ建設中の川原湯温泉駅
PA275813.jpg


PA275816.jpg


自分の幹でミツバツツジを育てているこの松を
子守り松と呼ぶそうです。
PA275817.jpg


不動の滝
PA275822.jpg


2年前の11月3日に初めて小浅間山に来て、その時は時期が遅かったため
黄金のカラマツを見る事が出来ませんでした。
今度はもう少し早めに来ようと、ずっと思っていて、数日前の浅間山のヤマレコで
黄金のカラマツが始まったという記事を見たので、これは絶好のチャンス!と
思って来たのですが期待通りとはいきませんでした。
曇り空だったので天気のせいかもしれません。
ただ、白糸の滝周辺の紅葉はベストでした。
八ッ場ダムは、足の悪い父でも道の駅八ッ場から足湯に浸かりながら見学出来たので
久しぶりに親孝行が出来たのではないかと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いい親孝行が出来て良かったですね。
何かと話題が多かった八ッ場ダムの紹介まで。
ダムの現況が知れて良かったです。
赤い実はビナンカツラ?? 
でもブドウのように房が少し長いですね。 何の実でしょうか?

Re: No title

おひさんへ

おはようございます!

田舎なので一にも二にも車がなければ生活出来ない地域で
暮らしてきた両親ですが、高齢者の事故が多発している現状を踏まえ
もう運転はさせない方針としたので、時々連れ出したし、
買い物などの足代わりの日々を送っております。

八ッ場ダムは昔からずっと見てきていたので
とうとう完成したという安堵感のような気持と
昔の景観は本当になくなってしまったんだと言う
悲しいような複雑な感情に包まれています。
しかしながら完成すればまた新たな観光資源となり
その地域が潤い、気持ちを新たに地元住民の方々が前向きに
生活していける事を願うばかりです。

ビナンカツラですか
初めて聞く名前です。
こんな実も初めて見たので何だか分からずにいました。
検索してみて、確かにそっくりですが、おひさんのおっしゃる通り
房が細長いんですよね、あと葉に光沢がないので
一体何でしょうね?

蔓性の植物で沢山自生していました。

いつも教えて頂きありがとうございます!