稲包山でヒルにやられた~! - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

稲包山でヒルにやられた~!

PA205655.jpg
稲包山(1598m)から見る赤城山麓の昭和村
(ぐんま100名山59座目)



令和元年10月20日(日)晴れ(山頂だけ曇り)

山行:7時間42分
休憩:20分
合計:8時間2分
距離:11.1km
参加人数26名
大会役員含めると30人以上



群馬県山岳連盟主催による県民登山大会が行われるという事で
友人が申し込みをしてくれたので行ってきました。

今回の稲包山はぐんま県境稜線100kmトレイルの1座であり、
ぐんま100名山でもあり、私が目標としている「自宅から見える山を制覇する」の1座でもある。

この3つの目標が1度に叶う素晴らしい山なのだが
ぐんま100名山の割には、あまり登る人がいないひっそりとした山なので
いつ制覇出来るのか悩ましい山であった。

そんな山なので今回のように大勢で行けるというのは、またとないチャンスなのだ。


赤沢スキー場にて開会式
PA205594.jpg


スタート
PA205595.jpg


赤沢スキー場
PA205596.jpg


まだ紅葉の始まっていない樹林帯歩き
PA205601.jpg

スタートして間もなくヒルが出現します。
「あれ!?ヒルがいる!?」
その声を皮切りに、次々とヒルが出現。
前方からも後方からも
「ギャー!ヒル!」
「ここにもいますよ~!」
「あっ!またいた!」

・・・

どんだけいるんだい!?って言うくらいいっぱいいます。Σ(ω |||)

一応気を付けて、休憩の時には腰を下ろさず
ザックも下ろさずしていました。

歩きながらふと前の人のズボンを見ると2匹もヒルが((((;゚Д゚)))))))
その人は腰もザックも下ろして休憩したそうです。

立ち休憩していた友人の足にもヒルが入り込もうとしていたところ
ギリギリセーフで気づいて退治!

もう景色どころではありませんΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
足元ばかり気にして歩きました。

PA205603.jpg


エゾユズリハ(実)
PA205602.jpg

湿っているので注意しながら渡ります。
PA205604.jpg


三峰山、皇海山、武尊山などが見えます。
PA205605.jpg


途中、大きな倒木あり
完全に登山道を寸断される形になっており
個人山行だったら完全に撤退を余儀なくされるような場面でしたが
そこはプロフェッショナルな方々の集まりでしたので
ロープを張ってう回路を作って頂き、少々藪漕ぎで通過。

1難去ってまた1難

2度目の倒木です。
PA205608.jpg

足元が不安定な為、このまま跨ぐ事も、潜る事も出来ません。
再びロープの出番です。

準備が完了するまで待つ事しか出来ないため
その間に紅葉撮影
PA205606.jpg

役員さんのおかげで全員無事に通過


ぐちゃぐちゃの沢登り
PA205609.jpg


ブナ林
PA205610.jpg


標高が上がってきたので、少しづつ紅葉が始まります。
PA205613.jpg


赤沢山が見えてきました。
PA205617.jpg



赤沢峠の四阿で休憩
「ここまで標高が上がればヒルはもう大丈夫だ」と言われたが
それでも心配なので立ったまま、ザックも地面には置かずに休憩
PA205614.jpg


赤沢峠より赤城山が見えました。
PA205615.jpg


と言う事は、赤城の裾野に広がる昭和村が見えるのでズームで撮影
PA205616.jpg
我が家の見えるビューポイントクリア!


木の隙間から浅間山
PA205619.jpg


天気はいいが展望が少ない山なので、僅かに見えた四万湖の四万ブルーに歓喜!
ウリハダカエデの紅葉を入れて
PA205623.jpg


写真ではいまいちですが、肉眼ではハッキリ見えた四万ブルーに盛り上がる。
PA205624.jpg


ミヤマシグレ(深山時雨)スイカズラ科
PA205618.jpg


PA205630.jpg


ツリガネタケ
PA205632.jpg


これくらいの倒木が多々あります。「今日は倒木地方(東北地方)に来たから仕方がない」とのオヤジギャグが炸裂(笑)
PA205633.jpg


倒木が一段落し、快適な尾根歩き
PA205634.jpg

PA205635.jpg


あれ~!?稲包山の山頂に雲がかかっている・・・
PA205638.jpg


カラスシキミ (烏樒) ジンチョウゲ科
PA205639.jpg


ツルリンドウ
PA205641.jpg


エゾリンドウ
PA205642.jpg


PA205644.jpg


山頂は天気が悪そうなので、手前の風当たりの少ない場所で昼食タイム
その後は急登を登り上げて山頂に到着。

稲包山1598m
1571616140142(1).jpg
ご覧の通りです、何も見えません(^^;)
天気が良ければ360℃大パノラマのはずだったんですけどね~


下山はムタコ沢へ
PA205649.jpg


美しいダケカンバ
PA205651.jpg


頭上に送電線
PA205652.jpg


送電線鉄塔
PA205653.jpg


尾瀬笠ヶ岳、武尊山、皇海山、日光白根山、赤城山等が見えました。
PA205654.jpg


また赤城山から裾野に広がる昭和村を撮影。
自宅から見える山、すなわちその山からも自宅が見えるという事なので
一応証拠写真です。
PA205655_2019102116092611d.jpg


PA205656.jpg


谷川方面
PA205659.jpg


天気はいいんですけどね~
稲包山の山頂だけに雲がかかっていて残念でした。
PA205657.jpg


今年は紅葉が遅い、この山がもっと色づかないと、まだヒルは活動しているのだろう。
PA205664.jpg


倒木に時間をとられて予定時間をオーバーしてしまった為、
ムタコ沢まで大会役員さんがお迎えに来てくれました。
自家用車10台でのありがたいお迎えでした。
PA205668.jpg


赤沢スキー場にて閉会式を行い解散
PA205669.jpg


本日頂いた品。アスリート専用粉飴?どんな味がするんだろう?他、ぐんま県境稜線トレイルハンドタオル
PA215670.jpg


ヒルには沢山遭遇したものの、見つける度に退治して
誰も被害に遭わずに下山出来てホッとしました。

それでも最後に車に乗り込む前にもう一度チェックして
安全確認してから帰宅したはずでした。

自宅でシャワーを浴びていた時
足の甲に赤い斑点を見つけて
ん?なんだこれ?

なんだか嫌な予感Σ(ω |||)
慌てて脱いだ靴下を見ると血の塊が付着している(*`ェ´*)
しまった!やられた!
もっと慌てて脱いだ服を全部裏返してチェック!
靴の中ももう一度チェック!
しかーし!どこにもヤツがいない!

ん?あっ!
さっきシャワーを浴びていた時に茶色い糸くずのようなものが落ちていたので
ゴミだと思って流したなΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
でも流す時に溶けて形が消えて流れたが・・・さて?
塩じゃなくても、シャンプーや石鹸でも溶けるのか?

どこにも見当たらないので、やっぱり溶けた謎の物体がヤツだったに違いないヽ( ̄д ̄;)ノ

流れたので大丈夫だと思いたいが
なんだか安心出来ず、家の中をウロウロw( ̄o ̄)w

出血はシャワー時にはすでに止まっていて
特にかゆみも出ないが、一応ステロイド剤を塗布しておいた。

初めてヒル被害に遭った稲包山でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

大人数の登山ですね、10月末、未だヒルが活動している。
”よっこさん”の血・・・美味しくいただいたヒル。(茶化してすみません)

鹿や猪の足爪にひそんだりして生育範囲を広げる、三重の鈴鹿はヒルの巣窟。
我が夫婦はいそうな山には絶対行きません、早々に逃げ出した経験があります。

marukeiの山先生のblogに山ビル対応薬剤の紹介があります。

http://tokaigakko.sakura.ne.jp/page-hiru.html

ページの下欄です、”ヒル下がりのジョニー”、効くそうです、ご参考にしてください。

Re: No title

marukeiさんへ

こんにちは。
10月なのでヒルはもう大丈夫だろうと過信してしまい
対策グッズを全て家に置いてきてしまいました(><)
出来れば「ヒル下がりのジョニー」を使わない山に行きたいものですが
今度は油断せず常備しておきたいと思います(;^ω^)

ご紹介のHPはすごいですね
ヒルの事だけですごい情報量ですね~
稲包山ももれなく掲載されていましたね(;^ω^)

No title

こんにちは
ヒルは嫌だけどこんな素晴らしい山へ行けるなんて羨ましい!
いい写真ばかりで臨場感いっぱいです。

Re: No title

おひさんへ

こんばんは!
ヒル記事ご覧頂きありがとうございます^^
ヒルがいても、こりずに山歩きして
また群馬の景色をお届けしますよ~^^

雨にも風にもヒルにも負けない 流石です

先日教えていただいた 奥日光 紅葉にはちょっとだけ早かったみたいですが 十分堪能できました
縦走を諦めた理由は 千手ヶ浜への遊覧船の運行はクリンソウの咲く時期のみの季節運行に変わっていました でも余った時間で 幻の湖と貴婦人が見れました
同行した山レコユーザーさん ヒルにやられたレコ見たそうです ヒルにやられたレコ リンクさせていただきました

Re: 雨にも風にもヒルにも負けない 流石です

ヒルには喰われたくない人 さんへ

楽しめたようで良かったです^^
遊覧船は期間限定だったんですね
失礼しました。

まさかヒルレコを読んだ方に会うとは思いもよらない
出会いがありましたね(笑)

貴婦人はTVで見た事がありますが
幻の湖は知りませんでした。
良い山行が出来て良かったですね!