栂池~白馬岳~大雪渓(ウルップソウ・ツクモグサ他)

11 -
P7212500.jpg
白馬岳 2932m



令和元年7月20日(土)~7月21日(日)

山岳会所属の弟の案内で白馬岳に行ってきました。




<1日目>
山行 3時間30分 休憩 15分 合計 3時間45分

猿倉駐車場より栂池高原へタクシーで移動
11:00栂池パノラマウェイ自然園駅11:10-11:15栂池ヒュッテ・栂池山荘-
12:50天狗原/白馬岳神社13:00-風吹大池方面分岐13:10-14:10乗鞍岳14:50
白馬大池山荘15:00<宿泊>


朝4:30に自宅を出発、9:05着
先に猿倉駐車場に車を停め、栂池高原へバスで移動するため、バス停で待つ事に。
9:00のバスはついさっき発車してしまったので、10:00のバスまで時間が空いてしまった。
P7202193.jpg


猿倉荘の中に「登山相談所」が設けられている
このところ雨が多かったので、弟が土砂崩れを心配していた。
雪渓の状況を確認したところ、特に問題はないようだ
20190720_091758_convert_20190722132409.jpg

バスの他にタクシーも利用出来るようになっていたが高い!
人数が多ければバスより安く済むが2人で割っても高いので
とりあえずバスを待っていた。

するとタクシーの運転手さんが声をかけてきた。
もう時間が遅いので、これ以上待っても、今日の天気では登山客が来ないかもしれないので
5300円→4400円に割引するのでどうですか?という提案
1人2200円でタクシーなら25分で栂池まで行けると言う
バスは1人1700円くらいで、しかも白馬駅で乗り換えのため1時間はかかるそうだ
バスより500円程高くはなるが、時間は節約できる
登着時刻も遅かったことだし、割り引いてくれるならとタクシーを利用させて頂きました。
20190720_091808_convert_20190722132422.jpg



栂池高原よりゴンドラで20分
ロープウェイで6分
自然園駅に到着
1563768095206.jpg


いよいよ登山開始
P7202198.jpg


今日のザックは12kg
普段の日帰り登山時は7~8kg
いつもより4~5kg重いザックでペースが捗らず・・・
見かねた弟が荷物を分けて背負ってくれた(^^;)


湿原手前に少し残雪あり
P7202201.jpg


波打つような雪は「スプーンカット」と言うらしい
P7202203.jpg


このコースはベニバナイチゴが沢山ある
P7202200.jpg


あ~、やっと木道だあ~
P7202207.jpg
(天狗原)

イワイチョウや、チングルマ、ワタスゲなどが現れ始めたので
写真を撮りたくなるが、止まっていると弟が気にして振り返るので
チョット撮影を遠慮しながら歩く(^^;)
P7202211.jpg


水芭蕉が少し残っていました。
P7202215.jpg

タテヤマリンドウ
P7202213.jpg



ギャーΣ(゚д゚|||)
折角、木道になって楽チンだと思っていたら
そう簡単にはいかないよね~
P7202216.jpg


あ~、あの木道は楽だったな~
P7202218.jpg


ゴツゴツした岩場を必死で弟に着いて行くヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
P7202223.jpg

あっ!
なんかいい感じに高山植物が出てきたじゃない!

ミヤマダイコンソウ
P7202221.jpg


キバナノコマノツメ
P7202220.jpg


ツガザクラ
P7202224.jpg


ヒメクワガタ
P7202222.jpg


ベンガラ(赤い粉)を直登(登りはアイゼン不要、下りは滑るかも)
もうこの雪が最後の登りだからと励まされ、着いていくも足がつる寸前になり
漢方・芍薬甘草湯68番を服薬Σ(´Д`lll)
P7202225.jpg


下から見上げた以上に距離ありました(^^;)
P7202227.jpg


でも景色は最高!
P7202226.jpg

雲海がとってもいい感じ!
P7202228.jpg


足がつりそうになるのをこらえながら、なんとか白馬乗鞍岳2436mに到着!
正面には小蓮華山2766m
P7202235.jpg


ミヤマコゴメグサ
P7202232.jpg



白馬大池が見えてきました\(^o^)/
P7202241.jpg


融けて落ちる瞬間が怖い・・・
P7202247.jpg


ウラジロナナカマドと白馬大池山荘
P7202254.jpg


イワイチョウ
P7202253.jpg


栂池ゴンドラリフト乗り場で登山計画書を提出した際に係りのおじさんに
「この時間(10:30)から白馬大池まで行くんじゃ、相当遅い時間になるよ!
早く行かないと山荘の人に怒られるよ!」と脅されたが
地図では栂池ヒュッテから白馬大池まで3時間30分となっていた
実際には3時間45分で到着したので、15分休憩と考えれば
コースタイム通りに到着したと言える。


受付を済ませ、夕食まで時間があるので周辺を散策

ハクサンコザクラ
P7202271.jpg


チングルマ
P7202265.jpg


コイワカガミとチングルマとハクサンコザクラ
P7202273.jpg


散策しているとチョット雨がパラパラ降りだした。
降られる前に山荘に着いていて良かったと思う。


白馬大池山荘
P7212275.jpg


室内
P7212276.jpg
週末だったが天気予報が良くなかったせいか
階段下の広い部屋を二人で利用出来た。
山小屋に慣れている弟がすぐに2人分の布団を敷いてくれた
ありがたい


水も飲料出来るし、スマホの充電も可能
P7212274.jpg


散策を終えても夕食まで、まだ時間がある
ビールで乾杯し山談義((∩^Д^∩))

「高山でアルコール摂取すると、通常より酔いが回る」と話をしているそばから、
1缶350mlしか飲んでいないのに、頭痛と吐き気が襲ってきたヽ( ̄д ̄;)ノ
折角頼んだ夕食もほとんど食べられず19:00就寝・・・(TT)
私の夕食も弟に食べてもらいました・・・

吐き気のせいか、寒気もしてなかなか寝付けず
次の日用のズボンも2枚重ね
以前、八ヶ岳の頂上山荘で足が冷えて大変だった経験から
今回はスリッパ換わりに冬用のモコモこ靴下カバーを持参していたのが正解だった。


夜中1:00に目が覚める
まだこんな時間かと、二度寝を試みるもウトウト状態
煎餅布団で寝返りを打っても体が痛い
二度寝は出来たような、出来てないような感じで4:30起床




<2日目>

令和元年7月21日(日) とても視界の良い曇り

山行 7時間56分 休憩 1時間56分 合計 9時間52分

白馬大池山荘06:19-07:06船越ノ頭07:12-08:10小蓮華山08:29-
09:20三国境09:28-10:23白馬岳10:28-10:42白馬山荘11:17-11:33白馬岳頂上宿舎11:38
11:46丸山12:01-12:12白馬岳頂上宿舎-12:58避難小屋13:04-13:19岩室跡13:23
14:55白馬尻小屋15:07-15:09白馬尻荘-16:05猿倉荘16:10


頭痛と吐き気は治まっていた。
朝食は美味しく頂く事が出来ました。
(スクランブルエッグ、ハム、ブロッコリー、フキの和え物、味噌汁、ごはん、ふりかけは2種類)

ご来光が拝める日には白馬大池に太陽の光が当たり
とても美しいそうですが、今日はそこまでの天気は望めません。
雨が降らないだけ良しとして出発です。


白馬大池山荘・テント場を後にします。
P7212277.jpg


登り始めるともうコマクサ出現!
P7212279.jpg
やっぱり自然な形のコマクサはいいなあ~


チシマギキョウ
P7212280.jpg


イワツメクサ
P7212282.jpg


天気予報では曇りの予報だったので、ガスガスの視界不良だと思っていたが
割と視界が良かった。
まずはこの先の「雷鳥坂」を登って小蓮華山へ行きます。
この曇りだったらライチョウが現れるかも~と期待○o。(○゚ω゚)ノ
P7212281.jpg


白馬大池を振り返る
P7212284.jpg


正面には小蓮華山
P7212285.jpg


左側には先日訪れた五竜高山植物園からの遠見尾根、八方尾根などを見渡せる
P7212286.jpg


杓子、鑓ヶ岳唐、唐松岳の方まで視界良好だ!
P7212290.jpg


杓子岳直下の大雪渓が見え始めた
P7212293.jpg


後ろも気になる
白馬大池が段々遠ざかり、そろそろ見えなくなる
P7212296.jpg


船越ノ頭
P7212297.jpg
山座同定は出来ないが、遠くの山々が一望できる!



正直、これ程の視界良好は期待していなかった分テンションが上がる!
P7212298.jpg


目下に栂池自然園が見える
P7212299.jpg


快適な稜線歩き\(^o^)/
P7212301.jpg


ミヤマアズマギク
P7212304.jpg
 早速現れた高山植物についつい撮影したくなるが、弟に「まだ先にもっと出てくるよ」と言われる。

イブキトラノオ
P7212303.jpg


クモマナズナ
P7212307.jpg

これは以前八ヶ岳で撮影した事があるが、その時は悪天候でびっしょりの
ペタンコな状態しか撮影出来ていなかったので、どうしても撮りたかった^^

クモマナズナ
P7212306.jpg



白馬岳が見えてきた!
P7212308.jpg


大雪渓もハッキリと見える!
P7212309.jpg


白馬岳と杓子岳とハクサンイチゲのお花畑
P7212316.jpg


ミヤマアズマギクとシロウマタンポポ
P7212311.jpg


ミヤマクワガタだ~!
P7212313.jpg


ハクサンフウロ
P7212322.jpg

エゾシオガマ
P7212324.jpg


タカネヤハズハハコ
P7212325.jpg

姿がウスユキソウに似ていることから、別名でタカネウスユキソウとも呼ばれるが、
ウスユキソウ属ではなくヤマハハコ属という別のグループに属する。
色は薄いピンク色~濃いピンク色
初めて見た花で感動しました!

P7212326.jpg



ミヤマダイモンジソウ
P7212334.jpg



アオノツガザクラ
P7212336.jpg
これもお初の花\(^o^)/



小蓮華山2766m 山頂に到着!
P7212341.jpg

P7212351.jpg


弟が地図を広げ、山座同定中
P7212350.jpg


鉢ヶ岳~雪倉岳が見えるようだ
P7212348.jpg


弟は何度も白馬岳に登っているが、こんなに視界が開けている日は滅多にないと言う
カンカン照りの日差しもなく、風は心地よく、丁度良い気候に恵まれ最高の山行だ!

しかし「ライチョウ坂」が終わった・・・
と言う事はもうライチョウの出現はないのか!?
Σ(ω |||)ガッカリ・・・

「白馬に来てライチョウに会えないなんて運が悪いな」と言われる・・・

まあこれだけの大パノラマを楽しめたのだから、そんなにあれもこれも欲ばっても無理か


ライチョウは諦めて本命「白馬岳」へ!
P7212352.jpg


お~~~っ!
クロユリだあ~~~!
自然に生えているクロユリはいいね~
P7212353.jpg



山スキーヤーである弟は、斜面を見ては「滑りやすそうだな~」と言っている。
頭の中はもう冬景色を想像しているようだ
P7212358.jpg


白馬岳ド~ン!
P7212359.jpg

いや~デカイ山ですね~!

弟は大きい山にしか登らない
里山には絶対登らない
まあ、そうだよね、こういう景色見ちゃうとね~
P7212361.jpg

P7212363.jpg


ウルップソウも出てきました!
P7212364.jpg


中央に長池、鉢ヶ岳、黒部川と富山湾、能登半島まで見渡せた!
P7212367.jpg

なんて贅沢な日だ!\(^o^)/

進行方向から、左右、後ろ、どこを見ても絶景だ!

ミヤマキンバイ
P7212372.jpg


コマクサの群生地!
P7212371.jpg

谷の下の方までず~~~っとコマクサ!
P7212376.jpg


八ヶ岳では時期をずらさないと見る事の出来ないウルップソウとツクモグサが
同時に咲いている!!(o‘∀‘o)*:◦♪
P7212382.jpg

なんて素敵なコラボ+゚。*(*´∀`*)*。゚+


ツクモグサとミヤマキンバイ
P7212383.jpg


開いているツクモグサ(((o(*゚▽゚*)o)))
P7212384.jpg



雪田(せつでん)又は雪原(せつげん)とも言う
いつまでも雪が残っている場所
なんだか異国にでも来たような感覚だ
P7212387.jpg


お腹は縞模様、甲羅は水玉模様
なかなか派手な昆虫だね~
オオキンカメムシ
P7212388.jpg


わ~い!シコタンソウだ~\(^o^)/
P7212391.jpg


またまたウルップソウ
この辺りはもう終盤でした~
P7212392.jpg


イワベンケイ
P7212399.jpg


タカネシオガマ
P7212397.jpg


ヨツバシオガマもあったのですが、「まだまだこの先に沢山出てくるから」と言われ
進んで行くうちにタカネシオガマだけしか現れませんでした(;^ω^)


お~っ!ツクモグサの綿毛ちゃんo(^▽^)o
P7212400.jpg


あっ!ハイ、すいませんね~
お花がいっぱいあって前に進まないのよ~
P7212401.jpg


だってね~
こんなにお花があれば撮りたいじゃない(*^_^*)

ウルップソウもこんなに群生してるし~
P7212407.jpg


イワベンケイに、シロウマタンポポに、クロトウヒレン
P7212411.jpg


ウルップソウとイワベンケイのコラボもいいしね~
P7212412.jpg


ほらほら、またツクモグサあったし~
P7212413.jpg


コンパクトにまとまった小さなシコタンソウもいい感じじゃない^^
P7212420.jpg


イワウメも咲いているよ~
P7212425.jpg


弟も撮影を始めた

なになに?
お花畑と剣岳が一緒に撮れるって?
P7212424.jpg
ミヤマオダマキと剣岳
いいね~


タカネシオガマ
P7212430.jpg


あっ!まだ見頃な色の濃いウルップソウ!
P7212431.jpg


またクロユリあった!
P7212433.jpg


多くの花に囲まれながら白馬岳2932m登頂!!!\(^o^)/
P7212439.jpg


山頂から見える杓子岳の傾斜がハンパない ━━(#゚Д゚#)━━!!
P7212440.jpg


白馬岳を下る途中で立ち止まっているハイカーがいた
何があるんだろうと気になり近づくと
「ライチョウがいますよ」との事
えっ!?どこどこ!?
P7212443.jpg


ウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/
いたーーーーーーっ!!!
♪───O(≧∇≦)O────♪
P7212598.jpg
ありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ちょっと遠かったけど、見る事が出来て良かったーーー(*≧∪≦)
ヤッターーー!!!


ルンルン気分で白馬山荘へ♪
P7212447.jpg

P7212452.jpg

P7212454.jpg


トイレを借りるため室内へ

山小屋の歴史資料が展示してありました。
P7212451.jpg

P7212450.jpg


剣岳
P7212455.jpg


杓子岳、鑓ヶ岳
P7212459.jpg


山小屋へ荷物を運搬するヘリがきました。
P7212469.jpg


白馬山荘より少し下にある頂上宿舎
P7212472.jpg


このまま下るのはもったいないという事で
弟お勧めのお花畑があるスポットを案内してもらいました。

ウルップソウ
P7212475.jpg

ウルップソウとハクサンイチゲ
P7212476.jpg

いつまでも見ていたいお花畑です
P7212477.jpg


シナノキンバイとショウジョウバカマ
P7212482.jpg

ショウジョウバカマとシナノキンバイと昆虫
P7212483.jpg


これは!
見たかったイワオウギ!
P7212495.jpg

P7212496.jpg


シュロソウ
P7212494.jpg

山頂標識はないが「丸山」と言う展望スポットからの眺め
剣岳~毛勝三山
P7212501.jpg


剣岳
P7212502.jpg


毛勝三山
P7212503.jpg


杓子岳~鑓ヶ岳
P7212498.jpg
鑓温泉小屋の営業は8月3日~だそうです。


オヤマノエンドウ
P7212504.jpg


タカネツメクサ
P7212505.jpg


弟が私に見せたかったウルップソウ群生地
あ~チョット残念
ここは終盤だったね~
でも案内してくれてありがとう!
これが見頃だったらさぞかし綺麗だろうね~
P7212506.jpg


イワオウギがいっぱい!
P7212510.jpg


弟お勧めのお花畑鑑賞を終え
予定ルートに戻ります。

白馬と言ったら大雪渓!
P7212512.jpg


大雪渓に行く途中でも、まだまだお花はあります。

シコタンソウの大きな塊
P7212518.jpg


シロウマオウギ
P7212519.jpg


ミヤマオダマキ
P7212520.jpg


ハクサンチドリ
P7212538.jpg


デガタチドリ
P7212522.jpg
(大分もう疲れているので1枚しか撮影せず・・・デガタチドリだと思うのですがチョット自信ないです)



シロウマアカバナ
シロウマアカバナP7212536



クロトウヒレン
P7212524.jpg


ミヤマコウゾリナ(蕾)
P7212525.jpg


大分、植生が変化してきました。


P7212521.jpg


大雪渓を登る場合は、この階段を登るのか・・・
それもしんどいなあ~
P7212523.jpg


避難小屋
P7212528.jpg


小雪渓
P7212529.jpg
何かエンジン音がすると思ったら、チェーンソーで雪を削り、道を作ってくれていた
感謝です!

ここからはヘルメット装着!


大雪渓が近づいてきました!
P7212533.jpg


来ました!
ここからはアイゼン装着します!
P7212537.jpg


弟は12本爪アイゼン
私は6本爪アイゼン
「落石があるから、ここはチャッチャと下りよう」と言われても
爪6本しかないんだよ~
滑る滑るΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
P7212542.jpg


ひえ~~~っ!(;゜0゜)
大きな落石!Σ(゚д゚|||)
頑張ってチャッチャと下りますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
P7212543.jpg
こんな大きな落石が2個ありました。
そのうちの1個は、本日の午前中に落ちたようですΣ(ω |||)



一般的には大雪渓を登りルートに使用するのですが
下っている為、いつ落石があるかわからないので
時々後ろを振り返りながら歩きます。
P7212544.jpg


振り返り、杓子岳側からは時々「カラカラッ!」と石が落ちてくる
白馬岳側からは土砂崩れの跡がある
P7212549.jpg


まだ最近の土砂崩れのようだ
帯のように流れている
P7212550.jpg


1563768098629.jpg

落石に当たる事なく無事通過しました。


白馬尻小屋にて雪渓の注意事項
P7212562.jpg


白馬尻小屋
P7212564.jpg




高度が下がり、また植生が変わります。

オタカラコウ
P7212571.jpg


オオバミゾホオズキ
P7212565.jpg


ミヤマカラマツ
P7212554.jpg


オオレイジンソウ
P7212566.jpg


キヌガサソウの群落があった!
P7212558.jpg


あれっ!?
緑色のキヌガサソウ?
二人で首をかしげる・・・
P7212570.jpg

弟:「萼(がく)じゃない?」
私:「いや、こんな萼なかったと思う」
私:「そういえばさっきまでのキヌガサソウは白色と花弁の縁がピンク色のがあったよね
     もしかしたら白→ピンク色→緑色に変化するんじゃないの?だってこれもう実になってきているし」

キヌガサソウにお目にかかれる機会はそんなにないので
生態を良く知らないのだが、なんとなく色が変化するのではないかと思った。


大雪渓から流れ出す雪解け水
P7212575.jpg


わ~お!
ショウキランだ!
P7212576.jpg



オオウバユリ
P7212580.jpg


ミソガワソウ
P7212583.jpg
初めて見た




タマガワホトトギス
P7212587.jpg


エゾアジサイ
P7212588.jpg


ようやく猿倉の文字が見えた
P7212589.jpg


駐車場から山を振り返る
2日間の山行を無事終えた事を感謝する
P7212592.jpg


下山後、そう遠くない通り道にある「おびなたの湯」に浸かる
天然温泉でとても気持ち良かった^^
P7212596.jpg


温泉の駐車場にてヤマアジサイ
P7212593.jpg

見慣れたヤマアジサイを目にして下山してきた事を実感する。
ついさっきまでの高山植物三昧が夢のようだった。



以前から計画していた1泊2日の山行
しかし、なかなか梅雨が明けず、前日ギリギリまで計画がハッキリ決まらず・・・
なんとか曇り空の予報で、白馬岳に決行
本来なら大雪渓→白馬岳→栂池が一般的ルートだが
2日目の方が天気が良さそうだったので逆回りとなった。

見たい花とライチョウにも会えて、大満足の山行となりました。
今年一番の大イベントを無事に終え、案内役の弟と、送り出してくれた家族に感謝です。

記事を登山編と植物編に分けるかどうか悩みましたが
歩きながら植生が変化していく様子を思い出として残す事と
見て下さっている方にも伝わればと思い
長くなりましたが1つの記事にまとめました。

ページトップ