ツクモグサとホテイランを求めて横岳~硫黄岳周回 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

ツクモグサとホテイランを求めて横岳~硫黄岳周回

P6080385.jpg
ツクモグサ(九十九草 )キンポウゲ科オキナグサ属



令和元年6月8日(土)ガス、時々小雨、最後は青空

メンバー:3人
(ブロ友レンテンさん、山岳会のOさん)

05:45赤岳山荘駐車場06:00-美濃戸山荘06:04-06:15ホテイラン自生地06:25-
8:13ヘリポート-08:24行者小屋09:16-10:19地蔵の頭10:35-10:45二十三夜峰10:53-
11:05日ノ岳11:28-11:32鉾岳11:36-11:42石尊峰11:52-12:05三叉峰(横岳)12:06-
12:20横岳(無名峰)12:30-横岳12:42-12:52台座ノ頭-13:12硫黄岳山荘13:54-
14:16硫黄岳14:30-14:42赤岩の頭14:43-15:30ジョウゴ沢15:39-
15:44大同心沢(大同心ルンゼ)分岐-15:47赤岳鉱泉15:55-
16:34堰堤広場16:36-17:26美濃戸山荘17:28-17:39ホテイラン自生地17:48
17:54美濃戸山荘17:59-赤岳山荘駐車場18:00


距離:20.1km
時間:12時間




前回の「ウスギオウレンを探しに硫黄岳へ」に続き、第二弾という事で
今回は「ツクモグサとホテイラン」鑑賞です!

前回に引き続き、ブロ友のレンテンさんに案内して頂きました。

2:00にOさんと昭和IC集合、3:00に「ららん藤岡」でレンテンさんと合流
梅雨入りしたという事で好天は望めませんが、麦草峠で太陽が出てきそうな兆しあり
三脚でカメラをセッティングし、ご来光の瞬間を撮影する人の姿がありました。
20190608_043356_convert_20190610202303.jpg


美濃戸山荘
20190608_060439_convert_20190610202814.jpg


南沢よりスタート
20190608_060515_convert_20190610202852.jpg


間もなく最初の目的のホテイラン自生地に到着
P6080293.jpg

P6080302.jpg

P6080303.jpg

保護柵があり、このような状態で撮影
1560060426760.jpg
なのでブレブレで思うように撮影出来ず
とりあえず綺麗に撮れたのは2枚だけ(^^;)


天候はあまり良くないので、もくもくと歩きます。
1560060408222.jpg

川を渡渉したり
1560060398859.jpg

苔むした森に癒されながら
1560060395118.jpg

幻想的な苔の森
P6080315.jpg

数種類の苔をまとったシラビソも森を演出するアートのようです。
P6080313.jpg


崩壊したヘリポート
P6080316.jpg
2時間13分歩いたので休憩


行者小屋
(ここまでは軽装です)
1560060392673.jpg
トイレを借りようと100円を投入した後に、冬季閉鎖中とロープが張ってあり
失敗した~~~とガッカリしましたが、良く見たら奥の方に1ヶ所だけ使用可能なトイレがありました。


行者小屋には、こんな楽しい撮影グッズが置いてあります。
そして、ここからは、この先の強風と岩対策の為に変身します。

変身後のレンテンさん
1560204191079.jpg

変身後のOさん
1560060360795.jpg

変身後の私
1560204184365.jpg

最初の鉄階段
P6080319.jpg
3年前にも、ここで手袋がビチョビチョになった経験から
今日は取替え用に手袋3双持参

最初は暑かった支度も、この辺りになってくると風が強くなり
丁度いいくらいでした。
1560204185994.jpg

今日はツクモグサとホテイラン鑑賞目的なので
タイムロスと体力消耗防止の為、他の花は撮影しないようにと
注意されていましたが、これだけはどうしても見たかったので
少し時間を頂きました(^^;)

ガンコウラン(岩高蘭)/雄花/ツツジ科の常緑小低木。
かつては他の数種とともにガンコウラン科とされたが、
新しいAPG植物分類体系ではツツジ科ツツジ亜科
P6080327.jpg
雪解け直後の高山でないと見る事が出来ない為
今日しかチャンスはないと思っていました。
虫眼鏡が必要なほどの小さな花です。
1mm位でしょうか(;^ω^)

ガンコウラン撮影の様子
1560060337450.jpg


地蔵ノ頭に到着!
15600603289655.jpg


P6080337.jpg


「カニの横這い」らしき場所(1回目)
1560060314856.jpg

1560060302426.jpg


多分もう少しでツクモグサ自生地に着きそうな感じがしますが
このイワベンケイに付いた水滴が、まるでガラス細工のようにキラキラしていて
あまりにも綺麗だったのでつい・・・
P6080339.jpg
「しゃがむと体力消耗します」
ハイ、頭の片隅ではわかっています
ごめんなさい



そしておまちかねのツクモグサ自生地までたどり着きました!
P6080347.jpg
キャー可愛い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


天気が良くないと開かない性質を持つため
残念ながら今日は開いていませんが、開いていない状態もまたいいじゃないですか(*≧∪≦)
P6080349.jpg

実際に見るまでは「家にある黄色いオキナグサとそんなに変わりないんじゃないの」と
思っていましたが、全然違いますね。
確かにオキナグサ属なので、容姿はほぼ同じですが
色が全然違いますね~
花弁の青いグラデーションがとっても素敵な色具合です。
そして、なんと言っても、この険しい道のりを超えての出会い!
強風の中での撮影!
ここまで登らないとご対面出来ないという状況は感動が増大です!
P6080350.jpg


こんなに沢山!
P6080355.jpg


強風のためブレないように撮る事に専念しすぎて
その時は気がつかなかったのですが
帰宅後に良く見たら、真ん中に開いている子がいました^^
P6080362.jpg


吹き上げてくる風で茎の毛がなびいています。
過酷な環境が好きなのね~
P6080367.jpg


お一人様
P6080382.jpg


ペアで
P6080383.jpg


三人組
P6080384.jpg
これはもう垂直に上を向いているので
もうそろそろ種になる準備段階かも~


なんとか頑張って開いている子
P6080359.jpg

こんな感じで撮影タイム
1560060296609.jpg

時にはこんな場所で
と言うか、ほとんどこんな場所です(;^ω^)
P6080381.jpg


さ~て!
目的の花鑑賞を終えたので、他の花撮影解禁!?

オヤマノエンドウとミヤマハタザオ
オヤマノエンドウ・ミヤマハタザオP6080405

オヤマノエンドウとハクサンイチゲ
P6080388.jpg

キバナシャクナゲ
P6080409.jpg

キバナシャクナゲ
P6080413.jpg


ミネズオウ
P6080342.jpg

ミネズオウ
P6080406.jpg

ミネズオウ
ミネズオウP6080407


コメバツガザクラ
P6080408.jpg


天気は相変わらず回復の見込みなし
1560060256809.jpg

梯子を登ったり、降りたりしながら
1560060252410.jpg


横岳登頂!
わ~い、何にも見えな~い(^^;)
1560204163491.jpg


垂直の梯子は難しそうだったので、緩い方の梯子に迂回
1560060247460.jpg


鎖場を降りる
「コンパス(足の長さ)が足りな~い!」と
何度連発したことか(;^ω^)
1560060245838.jpg


「カニの横這い」第2回目
1560060242127.jpg
周りが見えないので高度感なし(^^;)


コマクサがようやく出始めた
P6080416.jpg


硫黄岳山荘 休憩無料
天気も悪いし、折角なので室内で休憩させて頂きました。
P6080423.jpg
山小屋とは思えないほど綺麗なトイレでした。
山小屋の室内で休憩した事は一度もないと言うレンテンさん
借りてきたネコのように静かに過ごしていました。
あっ、女性陣がうるさすぎて静かだったのかな(^^;)


休憩を終え、硫黄岳へ向かいます。
あっ!このケルンは、先月ウスギオウレン鑑賞のために登った赤岩ノ頭から見えたケルンだ!
1560060225707.jpg


硫黄岳登頂!
1560204155873.jpg



あ~なんか青空見えてきたよ~
暑くなってきたから脱ぎましょう!
1560060220691.jpg


下山開始
1560060218619.jpg


お~っ!
見覚えのある景色!
赤岩ノ頭です!
先月登ったところを下っています。
1560060212984.jpg


赤岩ノ頭
P6080438.jpg


途中でウスギオウレン
P6080440.jpg
急いでいるのと、先月に十分鑑賞したのでピンボケのままですが
撮り直しせず・・・


綺麗なシラビソの森ですね~
P6080442.jpg


ジョウゴ沢まで下ってきました。
暑いのでどんどん脱ぎます。
1560060208563.jpg


赤岳鉱泉
アイスクライミング用の氷の足場はまだ解体されていませんでした。
P6080449.jpg

現在の時刻15:55
美濃戸山荘まであと2時間もかかるという事で
ここから堰堤広場まで、トレランじゃないか思うくらい早歩きしました。
(私の中では小走り状態だったと思っていますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ)


急いでいるので止まるのは厳禁状態ではありましたが
これも撮影したくて止まってもらいました。
キバナノコマノツメ
P6080453.jpg

シロバナヘビイチゴ
P6080456.jpg


いや~走った走ったヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
疲れた~
堰堤広場までなんとか少しタイムを縮めましたよ!
P6080459.jpg


あれっ!八ヶ岳では鹿によく遭遇しますね~
P6080463.jpg


そして、美濃戸山荘に到着しました!
1560060202187.jpg

18:00に到着予定でしたが、走ったおかげで17:30に到着しました!
元々はツクモグサ自生地までピストンの予定で
(私の技量で横岳まで行けるかどうか不安があったため)
復路でもう一度ホテイランを見ましょうとの計画でした。

しかし相談の上、周回する事になり、復路でのホテイラン鑑賞が出来なくなりました。
ところが、短縮した時間でもう一度ホテイラン鑑賞に付き合っていただけるという事になり
美濃戸山荘からまた自生地まで登りました^^

良く撮れました\(^o^)/
P6080487.jpg


この5株の塊のうち、両脇の2株の花は白色のような・・・?
終盤で色が抜けて白いのか?
突然変異で白色なのか?
謎でしたが、シロバナホテイランというのがあるそうです(o‘∀‘o)*:◦♪
超貴重種じゃないですか!
メッチャ嬉しい出会いでした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
P6080468.jpg

どうでしょう、下の背の低い子が白色です。
この角度からの写真なら白色が良くわかります。
P6080475.jpg


P6080482.jpg


美濃戸山荘でお留守番していたOさん
お待ちどう様でした。
P6080496.jpg


駐車場到着
P60804988.jpg

荷物の整理をしていると、阿弥陀岳が顔を出しました。
今頃かい!Σ(ω |||)
P60804999.jpg


石遊の湯で汗を流して帰りました。
20190608_184919_convert_20190612212632.jpg


レンテンさんには、2ヶ月連続で八ヶ岳まで連れて行って頂き
本当にありがとうございました(*^_^*)

Oさんにも引き続きご同行頂き、色々とフォローして頂きました。

お二人の協力の元、見たい花も見る事が出来、楽しい山行を終える事が出来ました。
また、沢山の写真提供を頂きました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おつかれさまでした

長時間 お疲れさまでした 少しだけ岩場が心配でしたか 無事何事もなく 帰れてなによりです
白のホテイランで 良いそうです
念願のホテイランとツクモグサ観賞できて肩の荷が降りた感じです
又の機会がありましたら よろしくお願いいたします。

Re: おつかれさまでした

麦わら帽子のおじさんへ

大変お世話になりました。
あっ、あれはやっぱりシロバナホテイランだったんですね!
ホテイランだけでも嬉しい出会いなのに
シロバナまで見られたとはなんて幸せなんでしょう!
雨でも行った甲斐がありました^^
本当にありがとうございました。
また何か良い山があったら教えて下さい^^