ヒメギフチョウを探しにモロコシ山へ - 【片手よつこのてくてく山歩き】

ヒメギフチョウを探しにモロコシ山へ

平成27年5月10日(日) 晴れ
モロコシ山(赤城山麓)
標高 1183m
単独

自宅(8:40)-登山口(9:34)-山頂(10:10~10:30)-登山口(11:00)

P5100256_convert_20160222213857.jpg


この時期、モロコシ山でヒメギフチョウが見られるとの情報を得て
独りで行ってきました。
ヒメギフチョウとは貴重な蝶々で、関東ではここでしか見られないというので
期待に胸を膨らませ行って来た訳であります。

赤城キャンプ場の駐車場に停めようとしたところ
ちょうどこの日は観察会が行われるようで、キャンプ場の駐車場には停められないが
少し上に林道があるので、そっちに停めて待っていてくれればすぐに行くので
一緒に登りますか?と親切に誘って頂きましたので、場所を移動して林道を探したのですが、
この林道がまた良く分からなくて、行き過ぎてしまったようで、鈴ヶ岳の案内板の所まで行ってしまい
P5100254_convert_20160222213823.jpg


急いで引き返し、ようやく林道に着いたのですが、
結構狭くて軽自動車でも枯草に擦られながら進んで行くような道でした(><)

やっと観察会の団体さん達と合流しスタートです。

ヒメギフチョウの幼虫はウスバサイシンという植物を食べるので
ウスバサイシンの葉の裏に卵を産み付けるそうです。
なので、こうやってネットを被せて保護するのだそうです。
PAP_0147.jpg

途中までは説明を聞きながら一緒に歩いていたのですが、
何しろ、保護活動がメインの団体さんのためゆっくりなんで、途中から抜けさせて頂いて
先に山頂を目指す事にしました(^^;)

私はてっきりモロコシ山に行けばどこにでもいるのかと思っていたのですが
どうやら山頂まで行かないと見られないのだそうです(^^;)
という訳で先を急ぎます

PAP_0146.jpg

地元の子供たちが作ったのでしょうか、
至る所に色鮮やかな看板が立っていました。
モロコシ山とヒメギフチョウを大切に思っている気持ちが伝わります^^
PAP_0144.jpg

途中、ツツジなどを眺めながら、もう山頂ですが・・・
PAP_0140.jpg

ヒメギフチョウの姿が見えません(´;ω;`)
写真では伝わりませんが、結構風が強く吹いていて、気温8℃・・・寒い((((;゚Д゚)))))))
数人の方がヒメギフチョウを見に登ってきていましたが
どうやら、もう産卵の時期に入っている事や、今日の風と気温・・・
残念ながら見る事が出来ませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。

そして、山頂の展望もなく虚しく下山です(;_;)

う~ん・・・

どうにも消化不良な気分なので、この後戸神山へいきました(^^;)
戸神山を下山した所でE子さんに会い
「これから雨乞山に行くんだけど、一緒に行かない?」と
誘われましたが、子供の塾の送迎があるため残念ながら行けませんでした(><)
えっ?
1日に2つも山に登れば十分だって?
そうなんですけどね~
1日に3つ、挑戦したかったなあ(^^;)
ただの山バカです(^^;)

☆モロコシ山で感じた事・・・たまたま観察会の団体さんがいたから良かったのですが
                 誰もいなくて本当に一人だったら、熊が出そうな危険な感じがしましたヽ(*>□<*)ノ
                 これから行かれる方は、なるべく数人で行った方がいいかと思います(^^;)


※2年後のH29年5月21日(日)にリベンジでヒメギフチョウに会いに行ってきました。
ようやくその姿を撮影する事が出来ましたが、何しろ高速で飛び回っている為
納得のいくような写真は撮れませんでしたが、一応記事にまとめましたので
山行記事はこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント