両神山・日向大山口よりピストン - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

両神山・日向大山口よりピストン

P5032565.jpg
両神山 1723.3m 日本100名山



令和元年5月3日(金)晴れ
メンバー:夫婦

●登り
4:45駐車場4:55-両神山荘05:20-05:54会所05:55-06:51両神八海山07:00-
07:20弘法之井戸07:24-07:36清滝小屋07:48-07:57鈴が坂08:01-
08:42両神神社08:57-09:22両神山09:42

●下り
両神山9:42-10:01両神神社10:051-0:39鈴が坂10:41-
10:48清滝小屋(昼食タイム)11:13-11:20弘法之井戸11:21-
11:40両神八海山11:44-12:34会所12:35-13:06日向大谷口バス停13:06-
13:15駐車場13:25

距離:14.07km
行動時間:7時間46分(山行6時間4分/休憩1時間42分)



<駐車場>
朝4:45に到着、この時点で下から2番目の駐車場が残り4台
一番下の駐車場はかなり離れていたので、まあまあの場所に停められて良かった。
道路は狭く路駐禁止とのコーンが置かれており誘導員さんが現れる。
駐車料金について聞いたところ無料との事
(両神山荘に近い駐車場は有料500円/両神山荘玄関前に料金徴収箱が置かれていた)
いつの日の事だか分からないが
「この間は凄い混雑して路駐が4kmにもなった」と教えてくれました。


<コース状況>
会所までは歩きやすいハイキングコース
八海山の指導票が近づく頃には割と傾斜がしんどくなり息が切れた
(個人差はあります、主人は平気でスタスタと先に行きました)
清滝小屋から産体尾根へ登り上げる鈴ヶ坂はキツイです。
産体尾根から目指す両神山頂を見て、鎖場の始まりです。
普段登山をされている方ならなんて事ない普通の鎖場です。
驚く程の鎖場ではありません。
両神山神社で一息入れ、快適な尾根歩きをして
山頂直下の鎖場が出てきますが、ここも想定してほどの鎖場では
ありませんでした。
もしかしたら主人だけ山頂に行ってもらって
私は下で待っている程の鎖場を想像していたのですが、
先頭を行く主人から「山頂着いたぞ」の声を聞き
「あれっ!?着いちゃったの?」と思うくらいあっけない鎖場でした。
拍子抜けしましたが、そうは言っても全体を通してキツイ山であることは
間違いありません。


下から2番目の駐車場の撮影を忘れたので
下から3番目を撮影、満車です。
P5032470.jpg

登山口
P5032471.jpg

バス停の駐車場の向かいの階段を上がっていきます。
P5032472.jpg

バス停の駐車場ももちろん満車
P5032474.jpg

両神山荘に近い場所にあるトイレが故障中で使用できず・・・

両神山荘でトイレを借りる事が出来ないか聞いてみるも
「トイレは下にあるよ」との回答
P5032475.jpg

えっ!?
下ってどこ?
この故障中のトイレ以外にあったかな?

折角上がってきたのにまた戻る・・・

バス停の回りをウロウロ探すも無い
ん!?もっと下がるのか?

あった・・・
ちゃんと「最終トイレ」と書いてありました・・・
気がつかなった(><)
P5032634.jpg


地図を確認
P5032476.jpg


故障中のトイレを見下ろす
P50326255.jpg

安全祈願
P5032477.jpg


会所・七滝沢コース/清滝小屋の分岐
P5032479.jpg


P5032481.jpg

新緑に癒される
P5032482.jpg


フデリンドウ
P5032483.jpg


「ちょっと!ふざけてると、そのままブログに載せちゃうよ!」と言っても
おふざけを止めないし、「載せてもいいよ~」との事なのでそのまま載せた。
P5032486.jpg


八海山・指導標
P5032506.jpg
案外、息の切れる坂道で疲れた
休憩する


「白藤の滝」との分岐
P5032511.jpg


弘法之井戸
水がチョロチョロ出ている
P5032513.jpg

主人はスタスタ登っていくが、私は結構へばっていた。

ようやく清滝小屋だ!休憩だ!\(^o^)/
P5032516.jpg
足元の緑はハシリドコロだらけです。

ハシリドコロ
P5032514.jpg

清滝小屋
P5032518.jpg

広い室内
P5032521.jpg

清滝小屋からは更に傾斜がキツくなる
しかし主人のおふざけは変わらないヽ( ̄д ̄;)ノ
P5032526.jpg

鈴ヶ坂
上を見上げると進むのが嫌になるような傾斜です。
P5032527.jpg


ゼイゼイ言いながら登り上げた
P5032528.jpg


山頂らしき方向
P5032576.jpg

ここから更に険しくなってきます。
P5032529.jpg

最初の鎖場
P5032531.jpg

以前は鎖場だったという場所が階段に代わっていた。
P5032532.jpg

横岩
P5032534.jpg

両神山神社
P5032535.jpg


これが珍しいと言われる日本狼の狛犬かな
P5032536.jpg

P5032538.jpg

奥にもう一つ神社があり
そっちの狛犬はデカかった。
P5032539.jpg


神社から先はアセビの木が沢山ある。
P5032545.jpg

アカヤシオはまだだった。
P5032547.jpg

岩場があるが、まだまだこの先はもっと険しいと思いながら進む。
P5032548.jpg

あともう少し!
P5032549.jpg

視界が開けたが、何の山が見えているのかサッパリ分からず。
P5032550.jpg

目の前に見えている山は、さっき登り上げた鈴ヶ坂からの産体尾根だろう。
P5032552.jpg

P5032553.jpg

P5032554.jpg

本日の核心部はどこだ!?
まだこれからか!?
と思っていたら山頂に着いてしまった!
P5032557.jpg

あれ!?
山頂直下の険しい所ってどこだった!?と
主人と顔を見合わせる。

全体的には疲れる山だが、険しさで言ったら
西上州の黒瀧山や、地元の岩櫃山の方が上かな
妙義山の大砲岩や大の字の鎖場の方がもっと大変だったかも

何はともあれ日本100名山に登ったので達成感は得られた。
P5032559.jpg

八ヶ岳
P5032568.jpg

黄色く目立つものがあり、何かと思ったら
ネコヤナギだった。
P5032561.jpg



山頂は混雑しているので写真撮影だけサッサと済ませて
すぐに下山開始。

P5032573.jpg

P5032574.jpg


鈴ヶ坂
ここはコバイケイソウの群生地だ
夏は見事な景観になるだろう
P5032580.jpg

清滝小屋に着いた
綺麗なトイレあり、トイレットペーパーもありました。
女子トイレの中の水道は壊れていたので外の水道を使用
P5032582.jpg

ここで昼食タイムです。

今日はジャージャー麺を作ってきました。
P5032584.jpg

と言っても麺を茹でて、キュウリを切っただけですが
それでも昨日は仕事で帰宅してから色々と準備をしたので
ドヤ顔で主人に差し出すと「なんだ変わったもん作ってきたな」と
言いながらも「美味い!」と評価頂きました\(^o^)/

後からタレをかければ完成なので
このやり方で今度は山で冷やし中華もいけるかも~
P5032585.jpg


良く見たら清滝小屋の裏斜面にアカヤシオが咲いていました。
P5032586.jpg


快適なハイキングコースまで戻ってきました。
P5032589.jpg

気温も上昇してきて汗ばんでいます。
時々現れる小さな滝の音に清涼感を感じます。
P5032615.jpg

道路が見えてきました。
P5032617.jpg


無事に到着!
P5032635.jpg



昨年のGWに計画するも、企画倒れとなっていた両神山にようやく行く事が出来ました。

※思った以上に山野草を見る事が出来ましたので
 植物編は別記事にしました。
 植物編はこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

両神山 登頂 おめでとうございます
鳴神山で フタバアオイ沢山咲いていましたよ そしてカッコソウ咲き始めました

うっそー!まさかまさかの鳴神山!

麦わら帽子のおじさん へ

こんばんは!
麦わら帽子の季節になってきましたね~

両神山は流石百名山という感じでしたよ^^

えっ!!!
なんと!!!
鳴神山でフタバアオイですか!?
それは新情報ですよ!
山岳会の花に詳しい人に聞いても
鳴神山の名前は上がってきませんでしたね

良い情報をありがとうございます!