大幽洞窟の氷筍 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

大幽洞窟の氷筍

P2020836.jpg
大幽洞窟(おおゆうどうくつ)の氷筍
(武尊山の中腹)




平成31年2月2日(土)曇り/少し晴れ

メンバー/3人:ブロ友のレンテン・prunnerさん、山岳会のOさん、私

駐車場(9:00~9:15)-登山口(9:25)-分岐点(9:55)-
サワグルミのウロ(10:30)-大幽洞窟(10:43~11:30)-
登山口(12:33)-駐車場(12:41)

登り:1時間28分(駐車場より)
下り:1時間11分(駐車場まで)
大幽洞窟滞在:47分
往復:約3.67km




1img20180225210212841_2019020309515749a.png




この時期、是非とも見ておきたい冬の定番の一つ
大幽洞窟の氷筍です。
私は今回で3回目の訪問という事で、案内役です。

いつもの登山口の駐車場の除雪がされていなくて
手前の除雪されていたスペースに駐車。
P2020807.jpg
(9:00~9:15)

本来は道路である道を歩き登山口へ
P2020809.jpg


登山口に大幽洞窟の案内図があります。
P2020811.jpg
(9:25)


週末は訪れるハイカーがいるのでラッセルしなくても済みました。
P2020813.jpg


分岐です。
P2020815.jpg
先を行く3人のパーティがいます。
(9:55)


ここからは傾斜がキツくなってきます。
1549174359444.jpg


途中にある大きな「カツラの木」が目印になります。
P2020816.jpg
(10:25)


次の目印はサワグルミの古木で、通称「トトロの木」と呼ばれています。
中は空洞で人がすっぽり入れます。
P2020817.jpg
(10:30)


ここからが大変です。
更に傾斜がキツくなります。

そして目的の大幽洞窟の氷筍に到着です!
P2020820.jpg
(10:43)


1549174284481.jpg


P2020856.jpg

氷筍とは
−3度程度の洞窟内で発生する。
上から滴り落ちた雫が瞬時に凍りついたもので、タケノコのような形状をしていることからこの名で呼ばれ
場所によっては数千本単位で発生する。
氷筍は少しずつ滴り落ちた水が凍って形成される為ほぼ完全な単結晶となっている
とウィキペディアでは解説されている。
天上から滴り落ちて形成されるのは分かるが
その天井には水滴や水滴が凍ったものは見当たらず
なんとも不思議な現象です。

P2020837.jpg


ここだけ唯一、天井と繋がっている氷筍が見られましたが
大量発生している奥の氷筍の天井には
このような霜の花の結晶はありません。
P2020833.jpg


保護のため、これ以上奥へは侵入出来ません。
P2020834.jpg



いろんな形があって、いつまで見ていても飽きません^^
P2020839.jpg

P2020854.jpg

P2020835.jpg


P2020849.jpg

P2020850.jpg


ブロ友のレンテンさん
P2020826.jpg
頭の上の柱状節理もなかなか立派で見応えがあります!

山岳会のOさん
P2020846.jpg

洞窟入口は狭いのでしゃがまないと入れません。
スノーシューを履いているので、身動きがとりにくいです(;^ω^)
1549174252372.jpg


1549174335405.jpg



氷筍の他にも、洞窟入口の氷柱も見応えがあります。
P2020828.jpg

洞窟の内側から見た氷柱はカーテンのようです^^
P2020847.jpg


あれ!?
またあった!
赤城山の地蔵岳で見たのと同じ雪だるま
これはヤマレコのyamayuriさん、もしくはE-gunmaさんの作品でしょうか。
それともまた別の方の作品でしょうか^^
最近流行っているようですね^^
P2020855.jpg
(Jimny HikerさんがE-gunmaさんへのメッセージで残したようです)


十分に見学を終え下山準備です。
P2020857.jpg
(11:30)


洞窟直下は急坂のため
この傾斜はスキー競技をやっていた頃の
スタート地点に立った時の気持ちを思い出します^^
1549174389100.jpg
でも今履いているのはスノーシュー
中途半端に滑りますΣ(ω |||)



サワグルミのウロ(通称:トトロの木)までの傾斜が急坂のため
スノーシューでもズルズルと滑っていってしまう
もう面倒なので、お尻をついて、そのまま滑った。
ソリ無しの、これぞ本当の尻セード!?
1549174398033.jpg



今日はたっぷりと雪の積もったトトロの木です。
P2020858.jpg


かなり積もっていますね~
3m位でしょうか。
P2020859.jpg


もうすぐゴールの地点で青空と雪原
P2020860.jpg

前方には谷川岳ですが雲がかかって見えません。
P2020866.jpg


まだ慣れないスマホで山座同定中
1549174400576.jpg


昨年見つけた「ツタウルシの実」
今年もありました^^
P2020870.jpg


登山口到着
P2020871.jpg
(12:33)


駐車場に到着
P2020872.jpg
お疲れ様でした!
(12:41)


今日の集合場所である、道の駅みなかみ水紀行館にて
今後の山行計画の打ち合わせをして解散となりました。
P2020876.jpg
(13:40~14:45)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

玄関出たら登山靴 さんへ

貴重な休みを 案内してからいただきありがとうございました。
スノーシュウ初心者があっという間にリーダーですから たいしたものです

上では凍らない下では凍る微妙な温度でないと出来ないのでしょうね 見れば見るほど神秘的でした

Re: 玄関出たら登山靴 さんへ

40年前のスキーウェアのおじさんへ

こんばんは!
楽しかったですね!
お疲れ様でした^^

自然は不思議がいっぱいで飽きないですね~
また季節ごとに色んな山を楽しみましょう!

登山靴は玄関で脱ぎましたよ^^
登山の日以外の庭は基本長靴 です(;^ω^)