もう一つの仙人窟 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

もう一つの仙人窟

P1030298.jpg
仙人窟



平成31年1月3日(木)曇り/雪

こちらは東吾妻町大戸にある仙人窟です。
大戸関所跡の近くにあり、長い参道を上ると
高さ8m、幅14m、深さ26mの洞窟の中に、
江戸時代の修行僧が作ったとされる石像の十八羅漢や聖観世音像が
安置されています。 窟内に延宝6年(1678年)の石像の十八羅漢や聖観世音などが安置されています。


石段横の説明版によりますと、仙人窟陣城は関所の東山にある手子丸城を
攻撃するための真田方陣城でした。
ここに真田信幸が陣を張ったのでしょうか。
P1030291.jpg

P1030295.jpg

5~6分程で仙人窟へ到着
P1030306.jpg

洞窟内の羅漢像
P1030300.jpg

祠の真ん中には、聖観世音像が安置されている。
P1030301.jpg

一体だけ右手の取れた羅漢像があった。
私とお揃いだね。
P1030305.jpg

仙人窟の中から外を見てみる。
P1030302_20190106142546dd3.jpg
かなり大きな洞窟です。

しかし天上には大きなスズメバチの巣が・・・
P1030299.jpg
夏には来ない方が良さそうです。


次は胎内くぐりへ行ってみよう。
P1030307.jpg

胎内くぐりの中の胎内窟
P1030310.jpg

胎内窟を抜けると奥の院
P1030312.jpg

奥の院
P1030313.jpg

奥の院で行き止まりでした。
あれ?氷筍が見られるはずの仙人窟はどこだ?
もう一度、仙人窟へ戻り
辺りをウロウロしたが、それらしい場所はなく
P1030315.jpg
切り立った岩にワイヤーが垂れ下がっていて
まさか、これ登るんじゃないよね?
いやいや絶対違うでしょヽ( ̄д ̄;)ノ

無さそうなので車へ戻りました。

私の求めていた仙人窟は、ここではなく中之条町だとわかり
移動しました。

※中之条町の仙人窟と仙人の滝の記事はこちらをクリック


~余談~
昨年、息子がBrugada(ブルガダ)症候群の疑いありと診察されて
今日(1月6日)再検査を行い、月に1度しか来ない不整脈専門医に診て頂いたところ
Brugada(ブルガダ)症候群の可能性は極めて低く、心配ないと判断されましたので
安堵しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント