白砂山~八間山一周コース(登山編) - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

白砂山~八間山一周コース(登山編)

P7226109.jpg
白砂山 2139.7m  日本200名山  群馬100名山



平成30年7月22日(日)晴れ

P7266220.jpg


●登山口→シラビソ尾根→白砂山
白砂山登山口駐車場(5:40~6:00)-ハンノ木沢(6:16)-地蔵峠(7:00)-水場(9:00~9:03)
堂岩山(9:37~9:40)-猟師の頭(10:20)-白砂山山頂(11:36~12:00)<昼食タイム>
(5時間36分)


●白砂山→八間山へ
白砂山山頂(12:00出発)-金沢レリーフ(12:45)-猟師の頭(13:20)-堂岩山分岐(13:50)
中尾根の頭(14:17)-黒渋の頭(15:15~15:25)-八間山(16:00~16:05)
(4時間)


●八間山→茅ノ尾根→白砂山登山口へ
八間山山頂(16:05出発)-車道出合(17:30)-<車道歩き15分>-白砂山登山口駐車場(17:45)
(1時間40分)


総行動時間:11時間16分
距離:およそ15km


白砂山登山口
P7225832.jpg


ハンノ木沢
P7225837.jpg

ハンノ木沢へは緩い下り坂になります。
P7225838.jpg

ここからはひたすら登っていきます。

地蔵峠
P7225863.jpg


水場へは、登山道から5分外れた場所にあるようなのでスルーします。
今日はかなり体力を消耗する山なので、例え往復10分でも無駄な労力は使いません。
水分は3リットル持参していますので、水汲みはしません。
P7225935.jpg


堂岩山 2051m
P7225947.jpg


ブヨや蚊はいないようですが、アブがうるさいですヽ( ̄д ̄;)ノ
しかもかなり大型サイズのアブです。
一瞬スズメバチかと思うほどの羽音をたてて付きまといます。
樹林帯の中を歩いている間中、ずっとくっついてきましたが無視しながら歩きました。
帽子から靴まで全身虫除けスプレーを噴射してきましたので
刺される事はありませんでした。

大体ここまでの気温は20度
樹林帯のため快適に登ってきました。

この後の森林限界を超えた先がどうなることやら・・・


堂岩山で休憩していると、すでに白砂山山頂から下ってきた人が
「山頂までの道のりは笹が多くてズボンがビチョビチョだよ、まだ乾かないや~」と・・・

そうなんです、下界では連日猛暑で夕立もなく雨も降らないのに
山は濡れているんです・・・
私も堂岩山に来るまでに、実は笹でスパッツが濡れています。


さあ、いよいよ白砂山が姿を現しましたよ!
P72259499.jpg
堂岩山まで登るのも大変だったのに、白砂山の手前に「猟師の頭」なんて言うピークがある・・・


ここは八間山と白砂山の分岐
直進します。
P7225954.jpg


なんだか山頂へ行くまでの間にピークがいくつもあるなあ~Σ(ω |||)
P72259566.jpg


とりあえずお花鑑賞しながら一歩一歩進むしかない!
P7225959.jpg
ジョウシュウオニアザミ


ひえ~っ!
「猟師の頭」はデカイ!
P7225961.jpg


森林限界を超えて、日陰のない稜線歩きになりましたが
それでもまだ気温20度ほどで、左に見える「八十三山?」下の渋沢から吹き上げてくる風が
とても気持ちいいです!
家でエアコンの風に当たっているより断然快適((⊂(^ω^)⊃))
P7225971.jpg
(八十三山?)


猟師の頭が目の前に見えてきた時
私の背丈程の笹やらシャクナゲやらイタドリが覆い茂ってきましたΣ(゚д゚|||)
P7225972.jpg


ストックを置いて写真を撮ってみました。
P7225973.jpg

ここか~
さっき堂岩山で「ズボンがビチョビチョになった」と言っていた場所は。
しかし時間が経ったせいか、私が通過した時にはもう笹は乾いていました^^
良かった、濡れなくて。


「猟師の頭」に到着です!
あっ、さっき追い越された新潟から来たという3人組の人は
ザックをデポしていったんだあ~
P7225977.jpg

まだこの先もキツそうだものね・・・
P7225978.jpg
またピークあるんかい・・・
何回、登ったり下りたり繰り返す事やら


そして、谷から吹き上げる風がなくなってしまい
ただ暑いだけになってきましたよΣ(´Д`*)


そんな時は高山植物鑑賞して暑さを忘れましょう!

ノゾリキスゲ
P7226011.jpg

マルバダケブキ
P7226038.jpg

クルマユリ
P7226041.jpg


トリアシショウマ
P7226027.jpg


タテヤマウツボグサ
P7226036.jpg


エゾシオガマ
P7226075.jpg



クサツキフキバッタ
P7226072_20180731220531c27.jpg
草津白根山、苗場山、日光など、越後山脈でしか見られない珍しいバッタです!
しかも絶滅危惧Ⅱ類。
撮影したのは今回で3回目
初めて見たのは谷川岳、2回目に見たのは日光白根山です。




そして最後の急登を登り上げて見えた景色はこれ
P7226047.jpg
あっ・・・
山頂まだ先なのね・・・


着いた!!!
白砂山 2139.7m
P7226050.jpg


そして、私が見たかったのはこれ
P7226054.jpg

100km県境トレイルの中で、唯一今まで登山道がなく
新しく整備された登山道!

8月11日の山の日までは侵入する事は出来ませんが
この先の景色を見たかったのです!

P7226053.jpg
かなり良く整備されているようです。

しかし、この先は下山まで最短で15kmあるとの事・・・
行ける気がしない・・・Σ(ω |||)

この先のトレイルを歩く日が来るのかどうか分からないので
とりあえず良くこの目に焼き付けておく事にします。
P7226059.jpg


さて下山しましょう。
P72260644.jpg
ピストンで下山するか、堂岩山から八間山経由で下山するか
まだ迷っています。


ピストンだと、堂岩山からの下山がかなり傾斜がキツイのでしんどい。
そしてもう樹林帯に突入してしまうので、白砂山は見えなくなる。

八間山経由だと距離は伸びるが傾斜は緩い。
そして、何より白砂山の眺めが良さそうなのだが
こうして見ると八間山経由は結構距離がありそうだ。
P72260688.jpg


金沢レリーフで少し休憩
P7226093.jpg


八間山へ向かう山の中腹はまるで牧場でもあるかのような風景が広がっている。
P7226121.jpg


白砂山を振り返る
P7226129.jpg



八間山経由にする事に決めた。
P7226144.jpg


やはり、こちらの方が眺めがいい。
P7226150.jpg
白砂山までどれほどのアップダウンがあったのかが良くわかる。


堂岩山から下りてきたところを振り返る。
P7226153.jpg

そして進行方向
P7226154.jpg
歩きやすい稜線

中尾根ノ頭まではとても快適に歩いていたのだが・・・・


中尾根ノ頭 1944m
P7226159.jpg


黒渋の頭 1895m
P7226166.jpg
中尾根ノ頭から黒渋の頭までの登り返しがありキツかったΣ(ω |||)


そして、八間山までが遠いのなんのw( ̄o ̄)w


あっ、あれかなあ~
P7226167.jpg


あれ?
違う・・・
またピークがあるよΣ(´Д`*)
P7226171.jpg


後ろを振り返る
今日はアップダウンだらけだ・・・
P7226172.jpg


あ~~~っ!
見えた!
あれだ!
遠っ!
P7226173.jpg


へ~っ、へ~っ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

やっと着いた、八間山 1934.5m
P7226176.jpg


昨年、2度登頂を果たしているが、2度とも悪天候につき
3度目にしてようやく山頂からの景色を眺める事が出来た。
赤城山も、麓の昭和村から沼田市までの河岸段丘も見える。
私のミッションの中に「自宅から見える山を制覇する」という目標がある。
白砂山から八間山までの道のりの間も、ずっと昭和村が見えていた。
逆を言えば自宅から白砂山が良く見える。
また一つミッションをクリアだ。
しかし、恐ろしいほど展望の良い我が家からは県境100kmトレイルの
殆どが見えると言っても過言ではない。
これをどうするかが今後の課題だ・・・


さて、八間山を下山する前に、今日歩いた山の見納めをしよう。
P72261822.jpg

良くこんなに歩いたもんだと思う。


樹林帯を歩いているとカタツムリのような、可愛い苔があった。
P7226183.jpg


八間山登山口へ着いた。
P7226215.jpg


ここからは車道を15分程歩いて、白砂山登山口駐車場へ戻る。
この15分がまたしんどい。
こっちの駐車場に車を置いておけば良かったと後悔・・・
しかし、登る時にはピストンを考えていたので仕方ない。


野反湖
P7226218.jpg


下界の暑さを逃れるように標高の高い山へ行ったのだが、
日陰のない山頂付近はやはり暑かった(^^;)
「山の天気」では標高2000m付近の昼頃の温度は18~19度となっていたが
私の手持ちの温度計は34度になっていた・・・
水分3リットル持参して正解だった。
自分で飲んだのは2リットルで間に合ったが
途中で出会ったご年配の方が、ザックを堂岩山にデポしてきて
500mlペットボトル1本で、登ってきたところ足りなくなってしまったと言う。
この猛暑では堂岩山から白砂山まで500ml、1本じゃあ無理でしょう。
1本分けてあげたが、それでも足りてちゃんと下山出来たのか心配である・・・

どうやら股関節を痛めていてリハビリ中なのだと言う
足に負担をかけない為にザックをデポしてきたのだろう
前にも白砂山を挑戦したが、股関節が痛くなり堂岩山の手前で諦めたらしい
今日は、「水場」で休憩中に私の姿を見て「手がない」事に気づき
「今日こそはがんばって登ろう」という気になったのだと言う。

勇気を与えた事が良かったのか、悪かったのか・・・
無事に下山してくれることを祈るばかりだ。


※植物編の記事はこちらをクリック



野反湖周辺の山はこれですべて完結です!

●平成28年10月16日三壁山~エビ山の山行記事はこちらをクリック
●平成29年8月6日八間山の山行記事はこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

言うことなし

15km・・・それもアップダウンの連続、かなりタフなルートでしたね。
素晴らしい山景色に見ているだけで心が踊ります、たおやかな稜線が好きです。

もうこんな距離は歩けないような気がします、marukeiの日帰り最長は21.5kmです。
足を機械的に動かさなければたどり着けない消耗でした。

素晴らしい山旅、よっこさんの体力、気力は凄い!! 山旅バンザイ。

Re: 言うことなし

marukeiさんへ

おはようございます。

稜線歩きは本当に気持ちのいいものです。
大きな山に囲まれて、人間はなんてちっぽけなんだろうと
思いながら歩きます。
足は痛いげれど、それでも一歩一歩進めば必ずゴールはあると思いながら
いつも歩いています。

後悔しないように、行ける山は行く!
そんな感じです^^

歩く山野草図鑑 さんへ

熊と遭遇しなかったようで なによりです
暑い日のロング お疲れさまでした

ヒツジグサ ググってみたら 羊の刻まで待たずに朝から咲いているみたいですね

Re: 歩く山野草図鑑 さんへ

花の名前は諦めた者さんへ

こんばんは!
以前、花の名前は諦めた者さんが白砂山で熊さんに出会った事が
頭をよぎりましたが、この暑さでは熊も日陰で休憩中といったところでしょうか。

ヒツジグサ、そのようですね(^^;)