ハンショウヅル咲く高倉山 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

ハンショウヅル咲く高倉山

P6174815.jpg
ハンショウヅル



平成30年6月17日(日) 霧雨

P6174913.jpg


昨年6月11日、アツモリソウを見るために訪れた「わらび平森林公園キャンプ場」
ピンク色のアツモリソウはバッチリ見る事が出来たのだが、見たいと思っていた
白いアツモリソウを見る事が出来なかった。

その時のキャンプ場のスタッフの話によれば
珍しいので株分けして増やそうとして失敗したらしく
その後生えてこないとの事・・・

ダメもとで、もしかしたら・・・という思いで行ってみました。

アツモリソウは最後のお楽しみにとっておいて、まずは高倉山へ行きます!
片道40分のお手軽コースです。


自宅は雨が上がり晴れていたのに、こっちの天気は予想が外れました(><)
スカイデッキの展望もありません・・・
P6174788.jpg


まあ仕方ありません。
雨はとりあえず上がっていて、霧雨程度なので登ってみます。
P6174789.jpg

P6174798.jpg

こんな感じの緩やかなコースです。
P6174799.jpg

途中、階段がありますが急坂ではありません。
P6174831.jpg


あっという間に山頂です。1319m
P6174842.jpg
ガスガスで何も見えません(^^;)


あんな高い場所に山頂標識が取り付けられている。
もしかして「すかいさん」と言う方が付けた物でしょうか。
P6174848.jpg


本当は反時計回りにグルッと一周する予定だったのですが、
どうやら侵入禁止になっていました。
最近は行く人が少ないのでしょうか。
草ボウボウだし、濡れるだけなのでやめておきました。
P6174860.jpg


回る予定だったコースには「セキヤノアキチョウジ」が沢山あるとの情報を
掴んだので、今はまだ咲いていませんがコースだけでも下見しておきたかったのですが、
残念です。


長居しても霧で展望もないので、早々に下山します。


キャンプ場まで下ってきたところで熊のお墓がありました。
P6174895.jpg
「ありがとう ムーン」と刻まれている。
ツキノワグマだからムーンなのでしょうか。
こんなに立派に埋葬されて、さぞかし大事に飼育されていたんだろうなあ~と
思ったが、気になったので検索したところ

どうやら子熊の時に母熊からはぐれてエサも摂れずにいたところを保護されたらしいです。

9歳になり体長2mとなったムーンはある日檻から脱走・・・

脱走に気づいた職員が檻に戻そうとしたところを襲われ
膝や太ももをケガしたそうです。
男性職員の命に別状はなかったそうですが、
ムーンはキャンプ場内を約1時間歩き回った後、猟友会のメンバーに射殺された・・・

なんとも悲しい結末でした・・・
確かに熊は怖いけど、飼育した挙句の果てが射殺とは・・・

こんな事件があったんですね。

2013年5月29日に起こった悲劇でした・・・


さて、アツモリソウの場所に近づいてきましたよ^^

ヤギ
P6174912.jpg

ヒツジ
P6174908.jpg

ヤギ・ヒツジを見ながらアツモリソウの場所へ


あ”-----っ!
・・・
残念・・・
P6174909.jpg

そうだよね~
昨年は6月11日に見たのだから
開花の早い今年はもっと早く来なければダメだったんだよね~

仕方ない、
でも中を見ればちゃんと手入れされている。
P6174910.jpg
昨年はこんな風に場所を示す棒は立てていなかった。

ずっと手入れをしていた90歳のおじいさんが来られなくなってから
どうしていいのか分からないとスタッフが言っていたが(昨年の話)
ちゃんと管理されていて安心した。

貴重な3株だ
昨年も3株だけだった。
増えてもいないが、減ってもいない。
またいつか突然変異で白いアツモリソウが生えてきたらいいなあ~

アツモリソウは残念でしたが、今日はなんと言ってもハンショウヅルを見る事が出来たので
サイコーの気分です(o‘∀‘o)*:◦♪

繝上Φ繧キ繝ァ繧ヲ繝・ΝP6174876_convert_20180620132048

P6174813.jpg

P6174818.jpg


ヤグルマソウ
P6174836_convert_20180620132312.jpg


葉は幾度となく見ている、蕾も見た事がある
しかし開花しているのを見たのは初めてかもしれない
ヤグルマソウP6174834

P6174862.jpg


葉の一部分が赤くなっている。
P6174838.jpg


雨の日は出足が憂鬱だが、植物撮影には最高の日だ。
生き生きとして写る。
シモツケ
P6174843.jpg

シモツケ
シモツケソウP6174898


クモの巣についた水滴、ウグイスカグラの実から滴り落ちそうな水滴
こういう写真が撮れると雨の日もまんざらでもない^^
P6174853.jpg


コアジサイ
コアジサイP6174830


コゴメウツギ
コゴメウツギP6174875


ハナヒリノキ
ハナヒリノキP6174874


先日の子双山でNさんに教えて頂いたので気が付いた。
教えてもらっていなければ気が付かなかっただろう。
ハナヒリノキP6174869


ナルコユリ
ナルコユリP6174888

ナルコユリ
ナルコユリP6174891


イノバラも雨に濡れて透き通っている
まるで雨に濡れたサンカヨウのようだ。
イノバラP6174850


これが判別苦手な花
トリアシショウマだと思うのだが・・・
トリアシショウマP6174892

P6174828.jpg

イヌショウマ・アカショウマ・アワモリショウマ・ヤマブキショウマ・・・
似たようなのが沢山ある・・・
中には雄株と雌株で花が違うものもある・・・

間違っていたらごめんなさい(^^;)


これから咲くオダマキ
オダマキP6174877

オカトラノオもこれからだ
オカトラノオP6174911

ヤマジノホトトギスも数株見られた。
ヤマジノホトトギスP6174794


ユキザサはもう終わり
ユキザサP6174800


実が赤くなるまで分からない
トチバニンジンもしくはソウシシヨウニンジン
トチバニンジン・ソウシシヨウニンジンP6174935


夏になればオヤマボクチも沢山見られそうだ。
P6174881.jpg
オヤマボクチを見ると、草津白根山の帰り道に寄った水車小屋
「オヤマボクチつなぎの十割蕎麦」が思い浮かぶ。
あれは美味しかったなあ~


ピンク色のエゴノキがあった。
エゴノキP6174903


アヤメ
P6174914.jpg


マタタビ
マタタビP6174928

車を走らせていると山の中にチラチラと白く目立つマタタビ
大抵は遠くの方、あるいは高い場所でなかなか間近で見る事がなく
いつか近くで見たいと思っていた。
まるでペンキが塗ってあるかのようだ。
へ~こんな感じなんだ~と観察していたら
なんと花が咲いていた!

マタタビP6174933
初めて見ました、マタタビの花。


ユキノシタ
P6174925.jpg


ニワトコ(実)
P6174941.jpg


アツモリソウ以外はそんなに期待しないで行ったはずが
編集してみればこんなに沢山あってビックリです^^

標準タイムは40分と案内されていましたが
いつものごとく写真撮影が多いので50分かかりました。


今日は父の日なので、帰り道に手土産を購入し、そのまま実家へ。

実家は我が家より更に標高が高く、山に近いので色んな野草が勝手に生えてくる。
今日もまた見た事のない花が咲いていた。

P6174942_convert_20180620145444.jpg

私:これ何!?
 
母:あ~なんだか知らないうちに生えてきて、毎年ここに1本だけ咲くんだよ

私:いや、1本じゃないよ、増えているよ!

と言うわけで2本株分けしてもらってきました。

後日、名前が判明しました
「リシマキア・プンクタータ」サクラソウ科の宿根草




これも初めて見た「コウリンタンポポ」
P6174949_convert_20180620145423.jpg
明治中期に観賞用として渡来し、現在では北海道に多く帰化している。

あれ!?北海道で多く帰化している!?
そういえば、うちの庭にも昨年から見た事のない雑草が生えていて
調べたらやはり北海道では良く見られる雑草だという。

これがその雑草「コシカギク」
P5140714.jpg
雑草にしては可愛らしい姿だったので、除草剤を撒く前に鉢に移植しておいた。

なんでしょう、北海道から渡り鳥でもきたのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント