2月に見られる花・実 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

2月に見られる花・実

珍しい「ウズラザゼンソウ」と「アオザゼンソウ」

場所/沼ノ窪ザゼンソウ群生地

今、まさに見頃を迎えているザゼンソウ
そのザゼンソウにも種類がある事を最近知り
昨年のデータを引っ張り出してみました。

一般的に思い浮かぶザゼンソウと言えばやはり
この濃い紫色の花
P3260696_20180301093222725.jpg

しかし良く調べたら、中には紫斑のあるもの(ウズラザゼンソウ)、
緑色の(アオザゼンソウ)もあるとの事。
これを知り、ピンときました!
昨年、沢山撮影したものの、中には変な色があり
記事には載せずボツにしたザゼンソウがあったはず。

あった!あった!
やっぱり撮影していた。

アオザゼンソウ
アオザゼンソウP3260701

ウズラザゼンソウ
ウズラザゼンソウP3260721
撮っていて良かった~^^


ザゼンソウは花を咲かせる際に発熱する珍しい植物だそうです。
発熱は肉穂花序(にくすいかじょ)という部分で発生しその温度は30℃近くにまで達し
そうした事により夜間に外気温がマイナスにまで下がってもザゼンソウの肉穂花序は
発熱によってほぼ25℃近くに保たれるのだとか。
ザゼンソウが咲いている周りの雪が解けているのは
高い発熱能力によるものなのですね。
同じ場所に咲いている水芭蕉(みずばしょう)にはこのような発熱能力は無いそうです。

仏像の光背に似た形をした仏焔苞(ぶつえんほう)が僧侶が座禅を
組む姿に見えることが、ザゼンソウの名の由来である。

また、全草に悪臭があることから英語では Skunk Cabbage(スカンクキャベツ)
なんていう呼び名があるそうです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

平成30年2月18日
~天神山~

マンサク
P2182054.jpg

シナマンサク
P2182064.jpg

ベニバナマンサク
P2182058_2018030108593079d.jpg


福寿草
P2182060_20180301085931bd7.jpg


水仙
P2182073_20180301085933037.jpg

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

平成30年2月28日
ニホンオキナグサ/自宅
P2282189.jpg


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

平成30年2月25日
大幽洞窟トレッキングの際に見つけた実ですが
何の実なのか全くわかりません(><)
P2252110_20180301094158a64.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント