写真とカメラの勉強会 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

写真とカメラの勉強会

PB122947_convert_20171115194138.jpg


平成29年11月12日 晴れ

「カメラの基本と撮影のヒント」を教えて頂く機会がありまして
参加してまいりました。

まずは室内にてスライドの作例を見てからフィールドへ出かけました!

本当は一眼レフを持っていれば一番いいのでしょうけれど
ないので、いつもの「オリンパス/tough-850]を使用。

まず最初は吾妻郡嬬恋村にある「たまだれの滝」です。

~紹介~
鹿沢温泉と新鹿沢温泉を結ぶ湯尻川遊歩道で見られます。
周辺にはカラマツ林や吊り橋もあります。
苔むした岩を、沢の水が幾本もの白い絹糸を束ねたように流れ落ちています。
駐車場から滝へは5分ほどの距離で、途中には、「りんどう橋」という吊り橋や、
休憩用の東屋、小さな池などがあったりします。
水量はそれほど多くなく、落差も上段は5メートル程度という小さな滝ですが、
沢の水が「たまだれ」の如く、流れ落ちています。
<北軽井沢ブルーベリーYGHのホームページより>

撮ってビックリ!、見てビックリ!です!
滝の水が糸の様に写る写真が、私のカメラで撮れたのです!(*゚Q゚*)
PB122939_convert_20171115193942.jpg

これを撮影出来た瞬間は感動ものです\(^o^)/
今まで「ヨレヨレ」の滝しか撮影出来ず、諦めていたのが
「シャキーン」とした滝になったのです!

今まではカメラのプログラムモードのISO感度を1600で設定したままだったのですが、
ISO感度を125に下げたところ、このような滝が撮影出来ました。
(ただし通常の撮影時はISO感度125では手ぶれの原因になってしまうので
1600くらいが丁度いいそうです)



次の写真は青空を意識しての撮影ですが
樹の上部は陽が当たっていて、根本の方は日陰になっています。
この日向と日陰が撮影ポイント!

しかし、いつも通りに撮影すると、こんな感じ
日陰の部分はもっと暗くして、日向の部分が映えるように撮影しないとダメらしい(^^;)
PB122949_convert_20171115195320.jpg

         ⇩⇩⇩⇩⇩

指導後の写真
PB122954_convert_20171115195449.jpg
青い所は明るく、影はあくまでも暗く写し、メリハリをつける事がポイント!



池の写真は、このように池の淵まで入れるのは凡人らしい(^^;)
PB122935.jpg
     ⇩⇩⇩⇩⇩

指導後
なんとも幻想的になった!
池の色も、より青く写り芸術的になったでしょうか\(//∇//)\
PB122956.jpg


駐車場付近の、ただの雑木林も、指導して頂いて撮影すると
秋の終わりを感じさせる哀愁漂う1枚になった。
PB122961.jpg
(木の幹の白さが浮き出るように、影を利用して根本の背景が暗く写るよう設定
 これも、いつも通りに撮影してしまうと背景の雑草や落ち葉も全部写ってしまうため
 ごちゃごちゃした感じになってしまう)

違うアングルでもう1枚
PB122965.jpg


つり橋
PB122957.jpg
霜が降りていて、もの凄く寒かったです
((((;゚Д゚)))))))


ブログ的には、いつも下の写真のように全体の様子が分かるように
撮影しています(^^;)

「たまだれの滝」までの道
上部の空の部分が、3・4枚目にアップしている写真の撮影部分です。
PB122953_convert_20171115195533_20171115205937732.jpg

案内板
PB122960.jpg

PB122959.jpg
(滞在時間13:00~13:30)




続きまして、今度は一気に長野県まで行きます!

長野県上高井郡高山村にある「雷滝」です。

と、その前に途中の山が霧氷に覆われていて綺麗だったので撮影
PB122966.jpg
これも、霧氷の山は陽が当たっていて、下の方は日陰になっています。
こういう場所を探すことがポイント!
ただ、電線が写っているのが残念(><)
これを消すのは流石に限界でした・・・


雷滝に到着しました!
人気スポットのようで、5~6台程度しか停められない駐車場は満車でした。
(15:00)
PB122969.jpg


PB123042.jpg


PB122971.jpg



まずは凡人の撮影。
PB122988_convert_20171117205421.jpg
私のいつのも撮影の仕方ですね(^^;)
どこの滝か分かるように上から下まで全部写しています。
「たまだれの滝」に比べて、大きな滝のため上流と下流では水の落ちるスピードが
違うため、全体を糸のような滝に写す事が出来ません(><)

そして、白い空が写っている為、滝の白さと被るのでNGだそうです(^^;)


と言う事で部分的に切り取り撮影です!

PB122977.jpg

PB122994.jpg

どうでしょうか。
良くなったような感じがします^^


これは滝の大きさが分かるように人物(主人)を入れています。
裏から見る事が出来るので「裏見の滝」とも呼ばれています。
岩が雪庇のように迫り出していて、岩の間に出来た空洞の中を
歩くので水の流れ落ちる爆音で、話し声も良く聞こえない程です(;゜0゜)
そして、かなり濡れます(^^;)
タオル持参してください。
PB123018.jpg


この場所から撮影

まずはISO感度を125に下げシャッタースピードを落とします。
(シャッタースピードが遅いという事)
そうすると糸のような滝
PB123020.jpg


逆にISO感度を思い切って3200まで上げて撮影すると
シャッタースピードが早くなるので水が跳ねた瞬間が粒のように写ります(*゚Q゚*)
PB123033.jpg


終始「へ~~~~っ!」の連発です!
私は今まで何を撮ってきたのだろうと思い知らされましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

こんな写真が撮れるとカメラは益々面白くなってきます^^

(15:30)
PB123008.jpg


まだ場所を移動して撮影続行しますよ!

今度は山田牧場です( ^ω^ )

その前に、また移動中の景色を撮影
PB123057.jpg
山の名前は分かりませんが、霧氷が綺麗です!
そして寒いです((((;゚Д゚)))))))

PB123049.jpg



山田牧場に到着しました。
(16:00)
PB123062.jpg

PB123076.jpg

PB123070.jpg


牧場内を散策中はこんな感じでした。
PB123064.jpg

30分程散策しましたが、あまりに寒いので、車に乗り込み帰ろうとした、その時!
夕日が差してきて景観が一気に変わりました(;゜0゜)
(16:30)
PB123079_20171117214316f22.jpg

今だ!と言わんばかりに、指導者さんが車を降りたので
私達も後を追うように車を降りて撮影!

PB123080_201711172143213e7.jpg

ここまでかなりの枚数を撮影してきた為、バッテリーが残りわずかでしたが
なんとか収める事が出来ました^^

陽の当たり方でこんなにも変わりました。

今日は大変為になるカメラの勉強会でした。
指導者さんを始め、参加人数全部で4名でした。
この度はご指導いただき誠にありがとうございました!

皆様お疲れ様でした(^-^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

パチパチパチ・・・素敵な写真に拍手です。

1600万画素のコンデジ、marukeiのコンデジは1200万しかありません、そしてiso1600でもノイズが無い
オリンパス恐るべしです、構図も大切ですが登山レポは全体も必要です。

カメラで綺麗な写真を撮る、marukeiも再度心がけます、ちなみにmarukeiのiso感度は200~800で撮ります。
滝の白糸、遅い開放で手ブレ無し・・・お見事!!!

Re: No title

marukeiさんへ

こんばんは!

お褒め頂きありがとうございます!
ちゃんと専門の方に教えて頂くとデジカメでも
こんなに変わるのだと驚きの連続でした^^

でも登山では歩く時間もある事なので
そんなに撮影モードを切り替えてはいられないので
オートになってしまう事でしょう(^^;)

marukeiさんの写真はいつも素敵ですよ!
特に野鳥や蝶は良く撮れていて羨ましく見ていますよ^^

綺麗ですね✴️!

スマホでは見た目の良さが伝わらない事が多々あります
やっぱり 技術と道具が必要なんですね🎵

Re: 綺麗ですね✴️!

スマホしか持ってない男さんへ

私はガラケーしか持ってないので
逆にスマホが羨ましいです(^^;)
最近はスマホでも画質がいいですよね^^

ひとりAKB48も残りあと1か月となりましたよ(^^;)