小浅間山から見る浅間山 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

小浅間山から見る浅間山

PB032711.jpg
小浅間山(標高1655.2m)より浅間山(標高2568m)を望む



平成29年11月3日(晴れ)

雄大な浅間山を目の前で見たくて、待ちに待った晴天の日にやっと行く事が出来ました!

峰の茶屋の道路を挟んだ向かい側が登山口です。
一番乗りだったため、まだ1台も車が停まっていません。
PB032639.jpg


PB032642.jpg

低山ですが、浅間山の火口より4km以内ということで
きちんと登山届を出します。
PB032640.jpg


緩やかなスタート
PB032643.jpg


テングノコヅチ(実)
PB032645.jpg


PB032647.jpg




あっという間に、樹林帯を抜けます^^
PB032649.jpg


もう山頂はすぐそこに!
PB032652.jpg


「小浅間山」の道標に従って右折します。
(下調べでは東峰と西峰の分岐があるはずだったのですが・・・)
PB032658.jpg


一応こちらが東峰方向
PB032662_convert_20171104201806.jpg


右手には妙義山を始め、数々の山のグラデーションが素敵です(*^_^*)
PB032653.jpg

そして、後ろを振り返れば雄大な浅間山がドーンと見えました!\(^o^)/
PB032655.jpg

PB032664.jpg


山頂は砂場のような感じ。
視界を遮るものは一切なく360度大パノラマです\(^o^)/
PB032665.jpg


久しぶりに夫婦で登山をしたので記念撮影
と言ってもカメラを置く、丁度良い台になるような物は何もないので
こんな遠くからの撮影(^^;)
一番乗りのため、撮影を頼む人もいません。
PB032669.jpg

PB032678.jpg


浅間山を背に、反対側を見渡せば、まるで異国にでも来たかのような
絶景が待っています!
PB032667.jpg
多分、下界に見えているのが軽井沢高原ゴルフクラブだとすれば
向こうに見える山は浅間隠山、鷹繋山でしょうか。


山頂標識のある東峰より、浅間山の方を見ると
右側の手前に小高い丘のような山があります。
多分あれが西峰でしょう。
PB032674.jpg

とりあえず、そっちへ行ってみます。
西峰を表す頂上標識は見当たりません。
広い場所で、樹もあるので日陰を探して休憩です。
PB032682.jpg


チョット休憩がてら余談ですが、これまで3年間私の足を支えてくれた
ダイヤルアジャストシステムの登山靴が、いよいよ寿命で破けてきたので
また同じダイヤルアジャストシステムの靴を購入したいところなのですが、
実は1足まだ履いていなくて、下駄箱に眠ってた登山靴があるのです。
ただ、その靴は紐のため、途中でほどけたら結ぶ事が出来ないので
履かないでいました。
登山を始めた頃は、主人や登山仲間と一緒が多かったので
靴ひもがほどけても、誰かに頼めば済んでいたので、紐靴を購入してしまったのですが、
段々一人で行動するようになり、紐では不便な為、ダイヤルアジャストシステムに切り替えた訳です。

でも、このままではもったいないので、
「ほどけない節付き靴紐」という物を試してみました。
本当にほどけないのか?
登山に対応出来るのか?
そんな不安がありましたが、見事にほどけていません!(*゚Q゚*)
これは優れものです!o(^▽^)o
PB032685_convert_20171104204411.jpg

フック?に引っ掛かるだけで、全くほどけず、これは便利です!
PB032686_convert_20171104204457.jpg


休憩した場所から、西峰へ行けるはずなのですが
またいつもの主人の邪魔が入りました・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
「来た道を戻ろう」
「え~~~っ!、なんでいつもそうなのよo(`ω´ )o」
 山の選択から、計画から、運転まで私がやっているのに
 なんでいつも私の計画を曲げるかな(*`皿´*)ノキーーーッ!」


子供たちが「ザザザのお山」と呼んでいるらしい、砂場をショートカットで下山
PB032692_convert_20171104212303.jpg

だが、折角こんな天気のいい日に来て、西峰に登らず帰るなど納得いかんo(`ω´ )o

主人には待っててもらい、東峰を下山してしまったが
無理矢理あるきにくい斜面を西峰へ向かって上るヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
PB0326911_convert_20171104211123.jpg


ほら~!
こっちの方が景色がいいのに~
PB032699.jpg


下の写真は、鬼押し出し園・軽井沢おもちゃ王国方面
この景色は西峰に登らないと見る事が出来ません!
(ただ、現在は西峰・東峰の案内が出ていないので、わかりにくいかも)
PB032703.jpg

忙しい合間を縫って、少しでもいい景色を見せようと考えてコースを決めているのに
なんでいつも言う事聞かないかな・・・(*`・з・´)



西峰から見た、東峰(山頂)
登りは右側の岩のある方を巻いて登り
下りは踏み跡のない「ザザザのお山」を下るのが、親子連れには楽しいみたいですよ^^
PB032714_convert_20171104211518.jpg



下山した時には、駐車場は大変な混雑になっていました。
登山口まで縦列駐車で詰め込み状態(°_°)
早く来てよかった^^
PAP_0113.jpg

ちなみに、茶屋の駐車場に停めて登山しようとすれば
店主に怒られるそうなので気を付けて下さいね。
茶屋はあくまでも、お食事やお土産購入してくれるお客様専用です。


2週連続の台風の影響で、落葉松も大分落葉してしまいましたが
それでも、雲一つない青空で雄大な浅間山を見る事が出来たので良かったです^^

登り:45分
下り:25分

メチャメチャお手軽です^^



浅間山が活動を始めたのは今から十数万年前と考えられ、記録として残されているのは
約1,300年前(西暦685年)からで、それ以前のことは全く分かっていない。
いずれにしろこの間に数えきれないほどの爆発と噴火を繰り返すことにより
形成されたものである。
浅間山は那須火山帯に属しコニーデ型成層火山(三重式)である。

現在の釜山は三回目にできた山という意味で、古い時代の第一の火山は黒斑山、
牙山(第一外輪山)、第二にできた火山は西の前掛山と東の前掛山(第二外輪山)、
前掛山と前掛山の間に現在の第三の釜山(中央火口丘)ができた。
いわゆる三重式の成層火山としてなりたっている。

小浅間山は高さ200mの溶岩円頂丘で、黒斑山の爆発破壊の後(約20,000年前)噴出した
溶岩でできている山である。




これだけでは時間が余ってしまうので、この後「鬼押し出し園」「浅間大滝」見物もしました。



~おまけ~
行く途中の146号線から見えた草津白根山です。
PB032638.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

懐かしい浅間山

お疲れ様です。
浅間山は学生の頃に一度、そして噴火レベル2のときに黒も山から外輪そしてJバンドから裾の
草すべりを登って周回でした、本文のように外国の風景かと思いました。

いや~懐かしい!、軽井沢の友人と山頂まで・・・若かった!

ご夫婦円満?、二人で山に行ける事は幸せだと思います、登山靴はもう10年履いていますが壊れません。
足に馴染んだのが一番ですね。

Re: 懐かしい浅間山

marukeiさんへ

現在も噴火レベル2で、一番近くまで行けるのがJバンドのあたり
でしょうね~、そちらもいつかは行ってみたいです^^
もう日が短くなってきたので、大きな山はまた来年でしょうね~
これからは低山ばかりです。
懐かしんでもらえて良かったです^^

まあ、だいたい主人と行くと口喧嘩はするんですよ(^^;)
元は他人同士、育った環境が違えば考え方も違いますし
これからもこんな感じで続くでしょう(^^;)

10年壊れないとは丈夫な靴ですね!

今度はいい紐を見つけたので、この靴で頑張ります!

素晴らしい浅間山と浅間高原の紅葉ですね!

よつこさん
こんにちは
素晴らしい浅間山と浅間高原の紅葉ですね!
これだから西峰に登りたいですね。
凄い景色です。
まるで日本でないみたいです。

Re: 素晴らしい浅間山と浅間高原の紅葉ですね!

iiyuさんへ

おはようございます!

初めて小浅間山へ行ってみましたが
短時間で、あれだけの景色を見る事が出来るなんて
最高ですね!
来年はもう少し早い時期に、もっと最高な紅葉を見たいと思いました^^