日光白根山~史跡散策コース~ - 【片手よつこのてくてく山歩き】

日光白根山~史跡散策コース~

PA011955.jpg



平成29年10月1日(日)晴れ

史跡散策コース
一周およそ4.1km(通常は5kmですが、今回はショートカットしました) 2時間

8月に母を赤城山へ連れて行って以来、次はどこの山に連れて行ってくれるのかと
楽しみにしている母から「そろそろ紅葉が始まったみたいだね~」と
催促の電話が・・・

どうやら待ちきれない様子なので連れて行く事に(^^;)

山頂には危なくて連れて行けないので、史跡散策コースを周遊する事にしました。
PA011978.jpg


ロープウェイで一気に標高2000mまで行きます!
PA011959.jpg


歩かずして標高2000mの景色を堪能^^
PA012048.jpg

天気が良く目の前にそびえ立つ日光白根山を望む事が出来ます!

まずは二荒山神社を参拝してからスタート
PA011972.jpg
<二荒山の謂われは二説あるが、現実に近い説である男体山と白根山の二つの山が噴火により荒れていたので二荒山であり、日光の名もここから出たと思われる。
二荒山神社は男体山と白根山両山の祭神であることが窺える。>


元気よく歩き出す母
PA011974.jpg


森林浴でフィトンチッドと呼ばれる成分で心を癒してくれるそうです^^
PA011973.jpg
母に解説したところ「そもそも山に住んでるんだから毎日フィトンチッドだよ」と(^^;)
毎日フィトンチッドに浸されているはずなのにストレス溜まりまくりの母・・・おかしいな~


このコースは苔の種類が豊富なので苔好きにはたまらないコースだと思います^^
PA011975.jpg

コアカミゴケ
(頭がもっと赤くなるとマッチ棒のようで可愛くなります)
PA011976.jpg

スギゴケ
PA011977.jpg


PA011979.jpg


PA011980.jpg


不動岩
PA011981_convert_20171004120133.jpg


ロープウェイ乗り場又は山頂駅のロックガーデン内にある「山頂喫茶しらね」に置いてある
パンフレットを持って行動すれば、このように至る所に番号がふってあるので
迷う事はありません。
PA011983.jpg


この先の分岐を右折し大日如来~七色平回りが本来の史跡散策コースですが
傾斜がキツくなるので左折でショートカットし「血の池地獄」回りにします。
PA011984.jpg


PA011985.jpg


PA011986.jpg


血の池地獄
PA011991.jpg


苔に囲まれた歩きやすい散策コース
PA011997.jpg

なにやら固いゴワゴワした苔
PA011994.jpg


メチャメチャ鮮やかな黄色のキノコかな?
PA012004.jpg


今度は一面「カニコウモリ」の散策路
PA011999.jpg

PA012002.jpg

フワフワの綿毛になっていました。
PA011990.jpg


これは・・・熊さんの爪痕かな・・・Σ(゚д゚|||)
PA011996_convert_20171004121447.jpg


六地蔵
PA012005.jpg
六体のお地蔵さんの前には賽銭箱が設置されておりますが
何の御利益があるのか分かりません(^^;)
まだ新しそうな感じだし、お賽銭集め目的!?


展望の良い場所にそろそろ到着
PA012007.jpg


到着してみて分かった!
展望の良い場所ってゲレンデの事だったのね^^
昔、競技スキーをやっていた頃に良く滑っていた場所だった。
何度ここから滑ったことか、懐かしいな~
PA012008.jpg

丁度、お昼の時間になったので、ここで昼食タイム


至仏山笠ヶ岳
PA012009.jpg


遠くに苗場山
PA012010.jpg
先日、弟が苗場山下山時に足を捻挫した。
弟はどちらかと言うとトレランなのでストックは持ち歩かないので
そうとう大変な下山になったらしい・・・
それはあの山だよと、母に解説


ここから先は少しだけ坂道を登る
PA012011.jpg


階段を登って、ちょっと回り道をすると
こんな展望が楽しめる。
PA012020.jpg

日光白根山
PA012018.jpg

燧ケ岳
PA012021.jpg


母が面白い事して楽しんでいます^^
ヒカゲノカズラが伸びて、ストックで突くと胞子が凄い飛んで
まるでストックの先から煙が出ているようです^^
PA012016.jpg


山頂には行けなくても、母にしてみたら十分歩いたので楽しめたようです。
PA012029.jpg


ロックガーデン付近で見られる野草

チングルマの綿毛
PA012038.jpg
これがチングルマの名前がついた本来の姿です
P8065574_convert_20160806071232_20171004131351045.jpg


ヤマハハコ
PA011964.jpg

ヒメシャジン
PA011963.jpg

トリカブト
PA012034.jpg


エゾノツガザクラが最後の1輪だけ残っていました。
PA012036.jpg


エゾリンドウ
PA012025_convert_20171004125455.jpg


マイヅルソウ(実)
PA011967.jpg

ゴゼンタチバナ(実)
PA011966.jpg


PA011961.jpg


ロックガーデン
PA012043.jpg

山頂喫茶しらね
PA012050.jpg


天空の足湯
PA012039.jpg
(無料なので、タオル持参で足の疲れを癒せます^^、タオルを忘れた場合でも自販機で販売しています)


「天空の足湯」の前に展望デッキが新設されました!
既にある「天空の足湯」から更に、絶景へと数歩近づくことができるようになり
デッキにはベンチやランチテーブルがあり、絶景ランチ、ティータイムを楽しむ事が可能になりました\(^o^)/
出来たてホヤホヤで木の香りがしますよ~
PA012044.jpg


ロープウェイで下山しながら撮影
ガラス越しですが、丸沼スキー場の紅葉の進み具合はこんな感じです。
次の連休辺りはもう少し紅葉が進んで良い見頃を迎えそうです。
丁度ゲレンデが見えています。
先程、昼食休憩したのが、あの一番上の場所になります。
PA012053.jpg


芝スキーを楽しむ人が大勢いました。
PA012055.jpg
私も、その昔、スキーバカだった頃は夏でも滑りたくてやっていました(^^;)

風もなく、暑すぎず、寒すぎず、丁度良い天候の中
「子守り」ならぬ「親守り」出来た一日でした^^

帰り道に吹き割れの滝に寄りました。
その記事はこちらをクリック



※菅沼登山口から弥陀ヶ池~日光白根山~五色沼ルートの山行記事はこちらをクリック
※山頂駅から白根山ルート・ピストンの山行記事はこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

血の池地獄には縁が無さそうですね。

よっこさん
良い行いが出来ましたね。
血の池地獄には当分縁が無さそうです。
この池も色が薄くなって名前負けしてますね。
穏やかな一日を素晴らしい日光白根山が見守ってくれた感じがよく出てました。
二重丸です。

Re: 血の池地獄には縁が無さそうですね。

いい湯さんへ

こんばんは!
血の池地獄は昔はもっと赤かったのでしょうか?
今回初めて見たのですが、まあ、あまり縁はない方がいいですね(^^;)
こんな時でもないと、あまり通らないコースなので
チョットした気分転換になりましたよ^^
茂倉新道での足の爪の痛みがまだ残っていたので、丁度良かったです^^
いい湯さんは、精力的に登っているようですね!
恐れ入りました^^