お花畑の八間山 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

お花畑の八間山

P8060576.jpg
八間山(1934.5m)



平成29年8月6日(日)曇り

本当は7月のノゾリキスゲ満開の時期に行きたかったのですが、
天候と諸々の都合により、行けずに8月を迎えてしまいました。

●登り:1時間50分
富士見峠登山者用駐車場(8:00~8:30)~八間山登山口(8:30)
イカイワの肩(9:10)~イカイワの頭(9:50)~山頂(10:20~10:35)

●下り:1時間10分
山頂(10:35)~野反湖見晴(11:15)~池の峠駐車場(11:45)

<池の峠駐車場~バス停までの舗装道路歩き:15分>

車道・徒歩~展望台・白砂山登山口売店<野反湖バス停>(12:00)
バス発車(12:19)~野反峠<富士見峠>(12:31)~富士見峠登山者用駐車場(12:50)~
長英の隠れ湯(13:20~14:15)~自宅(16:00)




車で向かっている最中は雨で、途中から止み、道の駅六合辺りまで来た所で
晴れ間も見えたのですが、現地についたらやはり曇り(^^;)
まあ雨が降らないだけましかと思いスタートです。


P8060559.jpg




この野反峠休憩舎前の駐車場は観光客ようなので
登山者はこの下の駐車場に停めます。
P80605699.jpg


野反峠休憩舎
P8060568.jpg


登山口
ガスっていて何も見えません(^^;)
P8060292.jpg


しかし!
ここは、お花の宝庫!
スタート地点から、花、花、花、で私の足は一向に進みません(^^;)

コマクサ群生地
P8060318.jpg


高山植物の女王「コマクサ」の登場です!
P8060327.jpg


本当もっと早く見たかったのですがね~
最盛期を過ぎ終盤ですが、まあとりあえず見る事が出来て良かった^^
P8060328.jpg

P8060323.jpg


登り始めは一面のハクサンフウロ
P8060300.jpg

P8060574.jpg


振り返って見ますが、ガスっていて見えません(><)
P8060338.jpg


シモツケソウ
P8060303.jpg



トモエシオガマ
P8060319.jpg


エゾシオガマ
P8060367_20170811161421aa2.jpg


ベニイタドリ
P8060308.jpg

オニユリ
P8060333.jpg

クルマユリ
P8060436_convert_20170812081441.jpg


クルマユリ
P8060437.jpg

展望は全く期待できません
P8060350.jpg

その代わりに花をゆっくり観察する事が出来ます^^
P8060366_convert_20170810211302.jpg



ノギラン
この淡いオレンジ色のノギランが好きです^^
P8060385_convert_20170810211435.jpg

ノギラン
時々、緑色のノギランも見かけます。
P8060520_convert_20170810214336.jpg


ネバリノギラン
P8060383_convert_20170810211510.jpg


アオヤギソウ
P8060304_convert_20170811161251.jpg


トリアシショウマ
P8060355_20170811170300a44.jpg


ヒトツバヨモギ/別名:ヤナギヨモギ(高山型のヨモギ)
P8060472_convert_20170812081819.jpg



ヤマハハコ
大好きな花です^^
P8060560_convert_20170811154830.jpg

ウスユキソウ
P8060564.jpg


P8060370.jpg



コバノギボウシ
繧ウ繝舌ヮ繧ョ繝懊え繧キP8060310_convert_20170812081912


オオバギボウシ
P8060401.jpg

P8060402.jpg


ぬかっている登山道
P8060396.jpg


先客!?の足跡
P8060403_convert_20170810212833.jpg


ツリガネニンジン
P8060380_convert_20170810211224.jpg

イブキトラノオ
P8060377.jpg



ウメバチソウがもうそろそろ咲きそうです
P8060339.jpg


クロヅル
P8060413.jpg

キオン
キオンP8060373

コキンレイカ(オミナエシ)
コキンレイカ(オミナエシ)P8060388


オトギリソウ
P8060417.jpg

これも「オトギリソウ」ですが、色が薄い
P8060465.jpg

ちょうど葉が裏返っていたので裏側も観察できるが
何しろ「オトギリソウ」は世界に50属1000種類以上あると言うから
「なにオトギリソウ」なのか分からない・・・
P8060466.jpg


タテヤマウツボグサ
P8060471.jpg


ヒカゲノカズラ
P8060473.jpg

マンネンスギ
P8060346_convert_20170811170234.jpg


お花畑が終わり急に薄暗い道に・・・
P8060415_convert_20170810213159.jpg


イカイワの頭(標高1828m)
P8060428.jpg

ここから一旦下ります。
P8060429_convert_20170810212745.jpg


大きな樹の脇を通ります。
道はぬかっています。
P8060477.jpg


山頂に到着です。
何も見えません(^^;)
P8060478.jpg

P8060479_convert_20170810214006.jpg

山頂の土は大分流されてしまったようです。
30cmくらい標高下がったんじゃないかな(^^;)
P8060481_convert_20170810214033.jpg


観測所?
八間山無線ロボット雨量計敷/面積120平方メートルと記されている。
P8060482.jpg


野反湖見晴
だが何も見えず・・・
P8060519_convert_20170810214250.jpg


ノリウツギの木の下の葉が紅葉してきている。
P8060515.jpg



ゴゼンタチバナ
まだ数株、花が残っていました。
P8060497.jpg

ほとんどは、もう終わり
P8060494.jpg



テングノコヅチ(全体)
P8060430.jpg

テングノコヅチ(花ズーム)
P8060434.jpg



ホツツジ(全体)
1.5m~2mくらいの低木
P8060360.jpg

ホツツジの花の雌しべは真っ直ぐに伸びる
P8060331.jpg


ミヤマホツツジ(全体)
近くにあるノギランと比較すると木の高さがわかると思います。
P8060536.jpg

ミヤマホツツジの花の雌しべは伸びた先がクルンとカールしています。
P8060538.jpg




ここからは今までに見た事がない品種です\(^o^)/

ベニバナイチヤクソウ
P8060389_convert_20170810213117.jpg

小さくて下向きなので正面がなかなか撮影出来ません
P8060392.jpg


コバノイチヤクソウ
P8060489_convert_20170810214221.jpg


ウメガサソウ
P8060521.jpg

ウメガサソウは野反湖では貴重種らしいです。
確かに数はかなり少ないです。

なんとか正面から
P8060523_convert_20170811160507.jpg


ホソバノキソチドリ
P8060452_convert_20170810213504.jpg


トンボソウ
P8060444_convert_20170810213424.jpg





~果実シリーズ~
マイヅルソウ
P8060499.jpg

タケシマラン
P8060509.jpg

アカモノ
P8060511.jpg

エンレイソウ
P8060505.jpg

ギンリョウソウが果実になり「目玉おやじ」になっていました^^
P8060518.jpg


シラタマノキ
P8060501.jpg



池の峠駐車場に着きました
P8060542_convert_20170810214430.jpg

ここはトイレはなく、駐車スペース10台程
P8060541.jpg

ここから「展望台・白砂山登山口売店」(野反湖バス停)まで舗装道路を歩きます。
P8060554.jpg

野反湖バス停の駐車場は広く、100台は駐車可能との事
トイレあり、屋外には水場がありますので、汚れたドロだらけの靴とストックを洗いました。
P8060555.jpg


バスで野反峠休憩舎まで戻ります
P8060556_convert_20170812084326.jpg


12:19のバスに乗ります
(歩くと1時間30分かかる道を10分で戻る事が出来ます)
P8060557_convert_20170811154857.jpg




舗装道路~駐車場付近で見られる花

キバナノミヤマオダマキ
キバナノミヤマオダマキP8060553

マツムシソウ
マツムシソウP8060562


ハコネギク
P8060412.jpg


ヨツバヒヨドリ
P8060544.jpg


オカトラノオ
オカトラノオP8060549


ハクサンフウロ
P8060395.jpg


イブキフウロ
P8060295.jpg
花びらの先が3分裂しているのはイブキフウロらしい


ノリウツギ
ノリウツギP8060378


ヤナギラン
繝、繝翫ぐ繝ゥ繝ウP8060573_convert_20170811202143


ワレモコウ
P8060398_convert_20170811202106.jpg


ノアザミ
P8060307_convert_20170811200230.jpg



ミヤマシャジン
(野反湖へ向かう途中の道端にて)
P8060286.jpg


フシグロセンノウ
(野反湖へ向かう途中の道端にて)
P8060279.jpg


とにかく「花が好き」と言う人は、ここに行けば間違いないですね((^∀^*))
天気が悪くても、こんなに花を見る事が出来れば文句なしでしょ(^ω^ ≡ ^ω^)


~ちょっと、おまけの話~
これ、なんだと思います?って、何年も登山経験してらっしゃる方はすぐに分かると思いますが
私は昨年これを平標山で見て、この1年間なんの花だか分からずにいたのです。
そしたらですね、今日見て分かりました、ハクサンフウロの散ったあとだったのです(^^;)
散ったあとだと知らずに、一生懸命に調べていました・・・
知らないってこんなもんですね(笑)
P8060393_convert_20170811202616.jpg



野反湖の帰りは、ここと決めている「長英の隠れ湯」
P8060579.jpg
お肌がすべすべになるお湯と、なんと言っても障害者は無料というサービスが
気に入って行くんですけどね^^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

標高のわりには凄い花の山ですね、驚きました。

亜高山、高山、そして低山の花まで一揃い、こんな山は珍しいと思います。
群馬県恐るべし、谷川岳に近いのでしょうか。

marukeiもハクサンフウロが大好きです、グンナイフウロもです、フウロ属は全て好きです。

アァ~!、山に行きたい!

Re: No title

marukeiさんへ

おはようございます。

そうなんですよ~
ここよりもっと高い平標山~仙ノ倉山などで見られる花達を
短時間コースで見られるとてもお得な感じの山です^^
駐車場で、すでに1561mありますので
駐車場の回りも花だらけで、登山をしない人でも十分楽しむ事が出来ます^^

ひとり AKB48 さんへ

あれ?
森のクマさん とはお会いしませんでしたか?

Re: ひとり AKB48 さんへ

レンテンさんへ

レンテンさんの記事を見て「熊、要注意!」と思っていましたが
タヌキかキツネの足跡だけでした^^

レンテンさんの登った山を追っているようです^^