クモキリソウ - 【片手よつこのてくてく山歩き】

クモキリソウ

P7130074_convert_20170714213334_20170719141009ff2.jpg


船ヶ鼻山林道で見つけたクモキリソウ

最初に発見したのは6月29日で、まだ蕾の状態でした。
まだ見た事がない植物だったので、どうしても開花を見たくて
7月13日に行って見ました。

最初に蕾で見つけた時のクモキリソウ
クモキリソウP6294176_convert_20170701212724



自生場所はこのように数株固まって生えていました。
P7130067_convert_20170714213128.jpg


歩きはじめてすぐに見つけたクモキリソウは終わりかけていたので
もう少し奥まで探す事に。
P7130072_convert_20170714213247.jpg


少し奥まで歩いた所で、まだ散っていない綺麗なクモキリソウを発見
P7130074_convert_20170714213334_20170719141009ff2.jpg




繧ッ繝「繧ュ繝ェ繧ス繧ヲP6294177_convert_20170719144433
先日、白毛門で見たジガバチソウと似ています。
花も葉も似ていますが、良く見ると違いがある事が分かりました。
クモキリソウの葉脈は縦にクッキリとしたラインがあるのに対して
次のジガバチソウの写真では縦の葉脈はハッキリせず
横に波打っているような感じでモコモコした模様に見えます。

比較のためのジガバチソウの葉(白毛門にて撮影)
クモキリソウのような艶はないし、葉の縁のギザギザもありません。
P7094587.jpg


クモキリソウの花
P7130065_convert_20170714213031.jpg


クモキリソウの花
ジガバチソウの花に比べて上唇の曲線が丸く
全体的にソフトな感じ。
P7130066_convert_20170714213046.jpg


ジガバチソウの花(白毛門にて撮影)
クモキリソウの花に比べて、上唇がカクッと下に折れ曲がっていて
全体的にシャープな感じ。
P7094588.jpg


今回、比較したジガバチソウは花色が赤茶色だったので
それだけでも違いは歴然ですが、中には緑色のジガバチソウがあるようなので
そうなると良く見比べないと分かりにくいかもしれません。


他にも前回まだ蕾で気になっていた花をチェックしてみたら
ヤマホタルブクロでした(^^;)
P7130052_convert_20170714212559.jpg

これが蕾の時
P6294182_convert_20170719144331.jpg

何度も見た事がある花なのに、蕾の状態って分からないものです(^^;)

こちらは「ヤマ」が付かない「ホタルブクロ」
P7130053_convert_20170714212627.jpg


「ホタルブクロ」と「ヤマホタルブクロ」の見分け方は
萼の形で、ヤマホタルブクロは萼裂片の間の湾入部に副裂片がなく
萼にふくらみがある。


キバナノミヤマオダマキ
P7130061_convert_20170714212930.jpg

P7130080_convert_20170714213648.jpg


こんな山には誰もいないだろうと思いながら歩いていると
遠くの方で何か動いているものが見えた。
最初は人間だと思った。
あら~、こんな場所で珍しく先客さんがいたのね~
しかも手を振っている・・・???
距離から推測する背丈から人間かと思ったが、よ~く見たら人間ではなかった
シカがいたのだ!
P7130075_convert_20170714213429.jpg

目一杯ズームにして、この大きさなので、実際にはもっと遠くに見えています。
手を振っているように見えたのは尻尾を振っていたようです(^^;)

カメラが良くないのでトリミング加工してもこんな感じ(^^;)
まあ、居たという証拠だけでも^^
P7130087.jpg



どうしても今日行かないとクモキリソウを見るチャンスを逃してしまうと思い
かなりのハードスケジュールで行ってきました。

半日仕事をしてから、帰宅までの車の中でおにぎりを食べながら
家に着いて速攻で着替え、現地まで片道20分
15:30に自身の病院受診予約(子宮内膜症のため)をしてあるので、
遅くても15:00までには家に帰らなければならない。
そうなると山の滞在時間は40分が限度、、、片道20分・・・
20分でクモキリソウのあった場所まで行けるかどうかの瀬戸際で行った次第です(^^;)

次の連休(7/15~7/17)は主人の実家へ行く為
都合がつかず、その後の日曜日ではもう散ってしまうと判断し
7/13に大急ぎで行ってきました =3=3=3

咲いていて良かった~~~\(^o^)/

※専門家ではないので、植物図鑑を見ながら必死で記事作成をしておりますので
 間違った用語の使い方があるかもしれません。
 素人作成につきご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

同じです

当地のクモキリソウは終わっていました、どうせまだだろうとノンビリしていたら・・・でした。
野草や昆虫、等など、よっこさんと同様です、帰ってから調べまくりです。
おかげさまで知識が増えました、ところが、加齢でしょうか、直ぐに忘れてしまいます、悲しい(爆)

Re: 同じです

登山を始めてから山野草に関心を持つようになりましたが
奥が深いですよね~
種類も多くて名前覚えは本当に大変です(^^;)
私も、「あっ、昨年見たんだけどなあ、なんだっけ?」という事が多々あります(^^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おひさんに「クモキリソウ」の名前を教えて頂いた後に
白毛門で「ジガバチソウ」の開花状態を見たので
これは早く「クモキリソウ」の写真を撮りに行って
見比べなければ!と思った次第です^^

オキナグサの成長が楽しみですね^^

No title

そちら船ケ鼻山林道は山野草の宝庫ですね。
冒頭クモキリソウ画像の中にたくさんの蕾を持ったフタリシズカが写っている~~!
山中でひっそりと咲くこの仔たちを未来も見れるよう大事にしたいですね。

Re: No title

おひさんへ

流石!

後ろに写っているフタリシズカに目がいくとは流石です!^^

山自体は地味な山でも、山野草が沢山あれば曇りの日でも楽しめて
山の楽しみ方は色々です^^