乗鞍岳~雪の回廊と大雪渓 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

乗鞍岳~雪の回廊と大雪渓

P6043616_convert_20170611202030.jpg

平成29年6月4日(日)晴れ

北アルプスの南端に位置し、剣ヶ峰(3,026m)を最高峰に、23の峰をもつ乗鞍岳へ行ってきました。
山肌が見えているので、パッと見そんなに雪深くないように思いますが
深い所ではまだ積雪10m程があるとの事で、今回は沼田山岳会所属の弟の指導下での山行です。
私が所属しているのは、沼田山岳会の枝分かれしたハイキング部の為
安全を考慮し、慣れない雪山の単独山行は禁止という事なので今回は指導付きです^^

弟は毎年「乗鞍岳」へ山スキーに来ているので
慣れた弟にコース設定してもらいました。

コースマップを作成してみましたので参考にして下さい。
ピンクの蛍光ペンで印を付けたのが今回のコースです。
肩の小屋口~蚕玉岳~剣ヶ峰~蚕玉岳~肩の小屋~摩利支天岳(トラバース)~
富士見岳~畳平~位ヶ原山荘
P6133834.jpg

乗鞍観光センター~肩ノ小屋口まではマイカー規制がある為、バスで移動します。

始発のバスはすでに3台程並んでいるでしょうか
大混雑です。
P6043533_convert_20170611160104.jpg

晴天のため乗鞍観光センターからすでに目指す山頂が見えています。
P6043531_convert_20170611160034_20170613095153f30.jpg

P6043532_convert_20170611160050.jpg

肩の小屋口バス停に到着すると
もう目の前は「大雪渓」です(((o(*゚▽゚*)o)))
P6043534_convert_20170611160131.jpg

初めて見る「大雪渓」に興奮です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

登山をスタートする前に、バスで来た道を少し歩いて戻ると
雪の回廊を見る事が出来ます。
P6043544_convert_20170611160611.jpg

P6043550_convert_20170611160652.jpg

一番高い所では積雪10m程あるようです。
今年は雪が多かったので見事な回廊です!\(^o^)/
P6043548_convert_20170611155128.jpg

実は、今回弟の提案で両親を連れて来ています。
P6043546_convert_20170611155210.jpg

私と弟が登山をしている間に、大雪渓を楽しみながら
バスで乗鞍観光センターまで先に戻ってもらい
温泉で待っていてもらうという計画です。

バスが次々到着しています。
P6043536_convert_20170611160234.jpg


乗鞍エコーライン(長野県側)から、乗鞍スカイライン(岐阜県側)に繋がっている道路は
まだ除雪中で開通していませんでした。
P6043552_convert_20170611160735.jpg


では登山スタートです。
P6043555_convert_20170611160811.jpg

夏では歩く事が出来ない「大雪渓」の上を歩いて行きます。
P6043556_convert_20170611160844.jpg

天候に恵まれ、目指す山頂(剣ヶ峰)が見えています。
もう大分上の方まで登っている人達が大勢います。
P6043557_convert_20170611160900.jpg

踏み抜きの心配があるからと、弟のスノーシューを借りて登っているのですが
春山の雪は腐って(グチャグチャ状態)いて、一歩前に足を出しては半歩下がるみたいな
感じで、一向に前に進みませんΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
P6043558_convert_20170611160936.jpg

一方で、弟は何も装着せず、登山靴のままでスイスイと登って行きます。
弟は完全な山男です(^^;)
トレランもするし、馬蹄形縦走を8時間でこなし、フルマラソンにも参加し
山スキーも学生時代からやっているので、全くついていけません(^^;)

あ~
しんどいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
写真では緩い傾斜に見えますが、直登なので結構キツイですΣ(ω |||)
しかも進まない・・・
アイゼンの方が引っ掛かりが良かったんじゃないかと思いながら
なんとか頑張る。

時折、クラック(亀裂)が入っている場所があります。
大雪渓全体は、ちょっと汚れた感じのグレー色の雪ですが、
良く見ると、横に長く伸びた直線の真っ白な雪のラインがあります。
これがクラック、属に言う「クレバス」と言うやつですね。
この上にうっかり乗ってしまうと、場所によっては深いクレバスに落ちてしまうと
いう訳です(゚△゚;ノ)ノ
雪山のトップシーズンでは、この亀裂が雪崩の原因でもあります。
P6043560_convert_20170611161936.jpg

こちらは、クラックが少し下がって段差が出来ていました。
P6043561_convert_20170611161953.jpg


後ろを振り返る
大分登ってきたようだ
P6043563_convert_20170611162100.jpg

右手側には、肩の小屋、宇宙棟研究所観測所(現在は使用されていないようです)のある
摩利支天岳が見えています。
P6043565_convert_20170611162131.jpg


「権現池」を見下ろす「蚕玉岳」の手前の稜線に登り詰めた所で
スノーシューを外し休憩です。
あ~、足がようやく軽くなったぞ~~~。゚(゚^∀^゚)σ。゚
P6043571_convert_20170611162513.jpg

権現池
P6043568_convert_20170611162327.jpg

6月なのに樹氷
P6043567_convert_20170611162246.jpg


蚕玉岳(2680m)
山頂標識の奥に剣ヶ峰と大日岳
P6043573_convert_20170611162648.jpg


もうすぐ山頂です。
P6043576_convert_20170611162747.jpg

着いた~~~\(^o^)/
やった~~!!!!
初めての標高3000m越えです!
P6043579_convert_20170611155305.jpg

高山病と片頭痛の心配がありましたが
今のところ大丈夫みたいです^^
P6043584_convert_20170611193908.jpg

P6043590_convert_20170611194018.jpg

もうなんとも言えない絶景です!
ここが日本だとは思えません(((o(*゚▽゚*)o)))

権現池
P6043594_convert_20170611194335.jpg

権現池を巻くように大日岳、屏風岳、薬師岳
P6043596_convert_20170611194451.jpg

登ってきたルートを振り返れば
蚕玉岳、朝日岳、摩利支天岳、
奥には不動岳、里見岳まで一望です\(^o^)/
P6043595_convert_20170611194426.jpg


山頂の展望を楽しみながら、少し時間が経過すると
大日岳の奥の雲が動き出しました。
P6043598_convert_20170611194537.jpg

見えたっ!!!
雲が動いて「御嶽山」が姿を現しました!
P6043602_convert_20170611194626.jpg

今立っている剣ヶ峰(3026m)は、日本の山の標高順位としては19位ですが、
火山としては「富士山」「御嶽山」に次ぐ第3位の山です。


山頂での景観を楽しんだら下山します。


すでに、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、
今回私は尻セード用のヒップソリを持参しています。

やっと出番です!

前を歩く弟の後ろを一人でソリ遊びです^^

P6043604_convert_20170611194658.jpg

P6043605_convert_20170611194742.jpg


肩の小屋が見えてきました。
P6043607_convert_20170611194908.jpg


弟が5月のGW明けに、山スキーでここを訪れた際に
肩の小屋の外に温度計を忘れていったらしく
その場所に行ってみると、なんと!
誰も持って行く事なくありました!
嬉しそうに回収完了!^^良かった良かった^^

P6043608_convert_20170611194952.jpg

イワヒバリが水浴びしていました^^
P6043830.jpg

イワヒバリの足元の雪が光っているのがわかりますでしょうか?
今日の雪はフィルムクラストと言って、雪の表面に薄い膜が張っている状態で
山スキーヤーにとっては最高の状態なんだそうです。
P6043832.jpg


私が山スキーの道具を持っていれば一緒に滑れるのですが
あいにくゲレンデスキーの道具しか持ち合わせていないので
滑れないのが残念(><)

P6043611_convert_20170611201940.jpg

摩利支天岳を巻いているところ
P6043619_convert_20170611202104.jpg


大雪渓から肩の小屋口のバスターミナルを見下ろす
P6043620_convert_20170611202202.jpg


不動岳、里見岳が大迫力で見えてきました。
P6043626_convert_20170611202305.jpg

中央に宇宙棟研究所観測所が見える摩利支天岳
P6043628_convert_20170611202513.jpg

富士見岳は当初巻く予定だったのですが、
バスまでの時間にまだ余裕があるとの事で登ることに。
P6043631_convert_20170611202631.jpg

樹氷に覆われて、なんだか怪しい物体になっている。
P6043632_convert_20170611202713.jpg

標高を上げると、先ほど見えた「摩利支天岳」~「不動岳」までの景色がより一層迫力を増してくる。
視界に映る全景がカメラに入りきらないのが残念でならない。
360度撮影出来るカメラがあればと思う瞬間。
P6043633_convert_20170611202813.jpg

目下には畳平と鶴ヶ池が見えてきた。
P6043634_convert_20170611202842.jpg

鶴ヶ池は、日光白根山の五色沼を思わせるような
エメラルドグリーンの美しい池
P6043635_convert_20170611202907.jpg


今回の山旅の終盤が見えてきました。
左の鶴ヶ池とは反対側の雪渓(写真:右側)を下る予定
P6043636_convert_20170611203044.jpg

富士見岳山頂
P6043637_convert_20170611203157.jpg


富士見岳山頂の目下に広がる雪渓の場所は
夏にはお花畑となる場所です。
右側に畳平が見えます。
P6043639_convert_20170611203249.jpg

樹氷と摩利支天岳
P6043640_convert_20170611203320.jpg

トイレタイムの為、畳平へ行きます。

鶴ヶ池の脇を通って行きます。
P6043642_convert_20170611203404.jpg

P6043650_convert_20170611203725.jpg


下る前に最後の見納め
P6043646_convert_20170611203508.jpg

雪と、緑と、青空の最高の日でした。
P6043647_convert_20170613120414.jpg


さて、帰りのバス停は肩の小屋口ではなく、位ヶ原山荘なので
そこへ向けて一気に滑りますよ~
大人のソリ遊びです\(^o^)/
P6043651_convert_20170611204238.jpg


レッゴー!
P6043652_convert_20170611204408.jpg

これが結構スピード出るんです( ^o^)
ヒップソリ2枚あるから使う?と
事前に弟に確認しましたが、断られました(^^;)
本来であれば山スキーをする弟にしてみれば
ソリなんてやってられないと言ったところでしょうか(^^;)

スピード出過ぎて坐骨神経痛が悪化したような・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


位ヶ原山荘に到着です。
P6043658_convert_20170611204614.jpg

車を停車してある「乗鞍観光センター」までバスで戻り
温泉とお酒でほろ酔い気分の両親と合流し
帰り道の途中で「番所大滝」を案内してくれると言うので寄り道です。
P6043665_convert_20170611204808.jpg

駐車場からすぐに見えるのだと思ったら大間違いで
長い階段を下ります。
P6043662_convert_20170611204727.jpg

板状節理と言う岩石
P6043663_convert_20170611204746.jpg


階段の途中で見つけた「クリンユキフデ」
「ハルトラノオ」に似るが、それより標高の高い山地で見られる傾向がある。
P6043667_convert_20170611204932.jpg


この辺りでは一番大きな滝だそうです。
水しぶきがこちらまで飛んできてマイナスイオンたっぷりです(*^_^*)
P6043664_convert_20170611155424.jpg


自宅から片道4時間はかかるので、本来であれば泊まりで行くような場所ですが、
日帰りで行ったため、朝3:30出発、帰宅22:00というハードスケジュールにて
クタクタになりましたが、今までで一番と言っていいくらいの絶景を見る事が出来て
大満足でした\(^o^)/

ただ、残念な事が一つありまして、
先日のマラソン大会がきっかけだと思うのですが
膝を痛めてしまいまして、・・・・
その週に船ヶ鼻山登山で15km歩いた事が追い打ちをかけたようで・・・
乗鞍岳当日の朝は膝がかなりヤバイ状態で
平地を歩くのもやっとな程だったのですが、前々からの計画だったので
無理して歩いてしまった為、翌日病院受診となり
現在、運動はダメとドクターストップ状態にあります(><・・)

なので治るまでは、しばらくどこかで植物観察くらいになるでしょう(。pω-。)

庚申山でコウシンソウを見たいので
遅くても25日位までには治したいと思っています。
どうなることやら・・・

※その後、庚申山は7月2日に行って来ました^^
 完治まで、まるまる1カ月もかかってしまった(^^;)
 庚申山山行記事はこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いいお天気での山行でしたね。お疲れ様でした。
数年前の夏、何ヶ所か行ったことがあり懐かしく拝見しました。
ありがとうございます。
膝は癖になるというからよく直してください。

Re: No title

おひさん、こんばんは!

そうですか、夏に行ったのですね^^
ではお花畑がいい季節でしたね~
本当に素晴らしい場所で、違う季節にも行きたくなるような山でした。

膝は安静にするばかりで、お散歩しかやってはいけないとの事・・・トホホです(TT)

乗鞍岳

残雪が沢山有り、天気に恵まれ最高でしたね。又親孝行が出来て、良かったですね。膝を痛めたようで大変ですね。早く治して、山を楽しみましょう。

ついに行ってきましたね~!(*^.^*)
スノーシューも買ったんですね!
親孝行もして素晴らしい!

今の私には、夢だなぁ~、

Re: 乗鞍岳

まきまきさんへ

本当に良い山行が出来ました^^
まきまきさんに負けないように、もう少し鍛えないといけませんね(^^;)

Re: タイトルなし

上田さんへ

行ってきましたよ~!
上田さんの方は最近どうですか?

またどこかでご一緒しましょう^^

いいですね~北アルプス

やっぱり森林限界を超えた山っていいですね!

お知らせです
6月17日(土) 庚申山 山頂手前のコウシンソウ咲いてましたよ。只今編集中です

かじか荘改修工事の為 温泉は入れません
庚申山登山口の駐車場は工事関係者の車と資材置き場の為使用不可です
銀山平公園の駐車場を使用して下さいとの事でした。

Re: いいですね~北アルプス

レンテンさんへ

もう庚申山へ行って来たんですね!
私も早く行きたいんですが、足が痛くて山に行けない状態です(><)
本当なら今日あたり行く予定だったのですが・・・
来週までに治るかどうか・・・
駐車場の情報ありがとうございます!
助かります^^

北アルプスは初めて行ってきました!
いや~本当に最高でしたね^^

しばらくの間は犬の散歩で精一杯です(^^;)