鳴神山で見られる花 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

鳴神山で見られる花

鳴神山登山で見つけた山野草

ナルカミスミレ(ヒトツバエゾスミレ)
これが、なかなか見つからなくて、登りでは「葉」はあるものの
花が咲いている株が全く見当たらず、下山時にやっと1株だけ見つけました^^
ナルマミスミレ(ヒトツバエゾスミレ)P5072664

斑入りフモトスミレ
P5072627.jpg

P5072624.jpg




アカネスミレ
アカネスミレP5072667

タチツボスミレ
タチツボスミレP5072598




スミレ
P5072599.jpg




チゴユリ
チゴユリP5072588





今回お初のミツバコンロンソウ
ミツバコンロンソウP5072606

繝溘ヤ繝舌さ繝ウ繝ュ繝ウ繧ス繧ヲP5072607_convert_20170511075116





栗生山で分からなかったワチガイソウ
今回の鳴神山ではワチガイソウとヒゲネワチガイソウの両方が咲いていたので
その違いがわかりました!
これはワチガイソウ
ワチガイソウは花弁が5枚で花枝のところまで毛がある。
ワチガイソウP5072608


それに対してヒゲネワチガイソウは花弁が必ずしも5枚ではなく6~7枚の場合もある
茎の根本には毛があるが、花枝のところは毛がない。
繝偵ご繝阪Ρ繝√ぎ繧、繧ス繧ヲP5072615_convert_20170511075220




ルイヨウボタン
ルイヨウボタンP5072678



トウゴクサバノオ
トウゴクサバノオP5072614




ヤマブキソウ
ヤマブキソウP5072587

ヤマブキソウ蕾
繝、繝槭ヶ繧ュ繧ス繧ヲP5072595_convert_20170511075314




カタクリが種になっていました。
カタクリ種P5072602




イワネコノメソウも種でした。
P5072604.jpg



これはネコノメソウかな?と思いつつも
なんか違うぞ・・・と一応撮影しておくか的な感じで撮っておいたら
イワボタンでした\(^o^)/
ヤッタ~、お初の花でしたo(^▽^)o
イワボタンP5072662



ニリンソウが登りの沢沿いのコースよりも
下り時の赤柴線のニリンソウの方が3倍近い大きさでした。
襍、譟エ邱壹・繝九Μ繝ウ繧ス繧ヲP5072682_convert_20170512195950


どちらも赤柴線のニリンソウです。
赤柴線のニリンソウP5072676




ムラサキサギゴケとサギゴケ(シロバナサギゴケ)
ムラサキサギゴケとシロバナサギゴケP5072669


そして代表的なカッコソウ(絶滅危惧種)
カッコソウについて詳しくは桐生市のHPをご覧ください⇒こちらをクリック
P5072656.jpg

そして、こちらも絶滅危惧種のヒイラギソウ
ヒイラギソウP5072672


ウラシマソウ(こちらも一部の地域では絶滅危惧種)
P5072571.jpg



と、こんな感じで沢山の山野草を見る事が出来る鳴神山でした(*^_^*)


※鳴神山登山の記事はこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント