世界でここにしかないカッコソウを求め鳴神山へ - 【片手よつこのてくてく山歩き】

世界でここにしかないカッコソウを求め鳴神山へ

P5072657.jpg


平成29年5月7日(日) 晴れ
世界でここにしかないカッコソウが地元群馬県にあるとは
なんて幸せな事でしょう+゚。*(*´∀`*)*。゚+

前回、ハナネコノメを探しに来て以来、2回目の訪山です。

スタートは前回と同じ駒形登山口です。
天気も良く、日曜日でカッコソウの咲く時期とあれば、混雑が予想されるので
登山口には7:43に到着しました。
この時点で正規の駐車場になんとか残り2台空きあり駐車出来ました。

スタートして間もなく、私のテンションが上がる物を発見しましたよ!

ウラシマソウの群生です!
P5072572.jpg

P5072568.jpg

P5072571.jpg

P5072569_convert_20170508204350.jpg

P5072570_convert_20170508204239.jpg


なんと言っても大きな特徴は花からピューンと伸びた付属体ですが
葉にも特徴がある事がわかりました^^
他のテンナンショウと違い、円を描くような形になっています。
P5072576.jpg


新緑がとても気持ちいいです(*^_^*)
P5072578_convert_20170508204212.jpg


第一石門
P5072582.jpg


石門を過ぎると「マムシに注意」の警告あり。
P5072584.jpg

この穴の中にいるのか?
P5072585.jpg


ツツジと新緑
P5072601.jpg

雷神岳神社広場が見えてきました。
P5072618.jpg

雷神岳神社広場から大滝登山口方面へ下った場所にもカッコソウがあるのですが、
そちらから登って来たハイカーさんによると、数も少なくまだ蕾が多いとの事。
なので、ここは下らず山頂へ行きます。

P5072620.jpg

今日は5月の第一日曜日なので、雷神岳神社にて祭典が執り行われるはずなのですが、
時間が早すぎたのか、そもそも祭典の開始時間を知らないので残念ながら見る事が出来ませんでした(><)
その場に立ち会う事が出来れば「オオカミの姿の入ったお札」を頂けるはずだったので残念(T_T)


とりあえず気を取り直して山頂へ行きましょう。

桐生岳(鳴神山)へ
P5072628.jpg

山頂到着!(9:20)
なぜか飯ごうが置いてある(^^;)
誰かの忘れ物の日焼け止めクリームも・・・
P5072630.jpg

P5072639.jpg

今日は大分霞んでいます。
日光白根山方面、男体山も前回の時程良く見えませんでした。
P5072638.jpg

袈裟丸山方面
P5072633.jpg

下山開始(9:45)

第一展望
P5072640.jpg

第二展望
P5072642.jpg

赤城山が見えます。
新緑で山が緑になってきました。
P5072644.jpg

アカヤシオはもう散り始めています。
P5072641.jpg

椚田(くぬぎだ)に着きました(10:10)
P5072645.jpg

ここから、下山の赤芝登山口とは反対方向の梅田・コツナギ橋方面へ3分程下ります。
そこがカッコソウ群生地(復元地)です。

P5072646.jpg

お~~~~っ!!!(((o(*゚▽゚*)o)))
あった、あった\(^o^)/

これが世界でも、ここにしか咲かないカッコソウ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

P5072657_201705090829067c4.jpg

P5072651.jpg

P5072649.jpg


山の斜面の上から見下ろすような感じでの観察の為
肝心のお花の顔が全部後ろ向きで、ようやく1株だけこちらを向いているカッコソウ
P5072656.jpg

立ち入れないようにテープは張られ保護されているため
私のカメラではちょっと限界があります(^^;)
一眼レフの高価なカメラをお持ちの方は、重たくても絶対持参した方がいいです。
P5072650.jpg

P5072653.jpg

P5072659.jpg


沢山の見物客と、多分監視されている人もいるみたいです。
P5072660.jpg


カッコソウ見物が終わったら、また椚田へ登ります。

新緑がいいですね~
P5072681.jpg

P5072680.jpg

もうすぐ駐車場が近づいてきた頃
目の前をヘビが横断しましたΣ(ω |||)
結構速いスピードでしたよ・・・

山でヘビを見るのはこれで3回目だ・・・
と、思っていたらですよ

今度は土手側にもう一匹・・・
次のはジッとしていたので撮影に成功
(目一杯ズームしているので、近づいてはいません)
P5072684.jpg

なんのヘビだか分からないので、写真だけ撮ってすぐにその場を去りましたが
後で確認したところ「シマヘビ」なので毒はないとの事です。


この山はカッコソウがもちろん一番有名ですが、
私には、もう一つ見逃したくない花がありました。
それはヒイラギソウです!
これも絶滅危惧種なので絶対に見たいと思っていました。

ヒイラギソウP5072673

ヒイラギソウP5072672

ヒイラギソウP5072674

いや~、バッチリ見頃でした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

駐車場に戻ると車が大混雑で大変な事になっていましたよ(^^;)
本来、12~15台程しか駐車出来ない場所に50台ほど路上駐車状態でした。

今日は早く出発して正解でした^^

あと、駐車場付近で現地の方と思われるおじいさんが
椅子に腰かけて1日座っていました。
多分、車の停車の仕方を見張っているように見えました。
混雑時はどうしても路上駐車になる場合がありますが、付近の住民の迷惑に
ならないように停車しましょう。

山行記録
登り:1時間(主人)、1時間20分(私)
下り:1時間45分
山頂での休憩:25分~45分
カッコソウ復元地滞在時間:約20分

※鳴神山で見られる山野草の記事はこちらをクリック
※カッコソウについて桐生市のHPはこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おひさんへ

絶滅危惧種を間近で見る事が出来る貴重な経験でした^^

次は?

食虫植物 コウシンソウ あたりですか?

カッコソウ一週間遅れでした、時間が早かったせいか比較的空いていました。

Re: 次は?

レンテンさんへ

レンテンさんもカッコソウ行って来たんですね^^
次は「コウシンソウ」
いいですね~
どの山にするのかが悩みどころです。
庚申山、皇海山、男体山、女峰山、袈裟丸山・・・
どれもけっこうハードな山ですよね~(^^;)
レンテンさんのお勧めの山はありますか?

今年は花が遅いみたいなのでコウシンソウの開花も少し遅く予想した方が
いいでしょうかね~

コウシンソウ

こんばんは
コウシンソウの自生地は庚申山しか知らないんです

一昨年ガイドブック頼りに行ったら一週間遅くて見れませんでした
その時に庚申山荘で市の職員みたいな方が役場で開花情報を聞けるので来年は確認後来て下さい と言われました

そして去年調べていると「下野新聞」で開花情報が載っていたので行ったらちょうど見頃でした
お山巡りしなくても山頂手前にも自生地があるのを聞いたのでそちらに行ったら お山巡りのコウシンソウより危険箇所が無いのと少し遅く咲き始めるそうです

天候しだいですが 皇海山クラシックルートでついでにコウシンソウ観賞かなとちょっとだけ考えています

一昨年ちょっと面白い実際にあった会話を

朝早く下山されてくる方がいたので
「コウシンソウ咲いていましたか?」
はい、真っ直ぐ行って左側です
左側?「はい、ありがとうございます」
自生地は右側だと思うのだが?右回りしているのかな?
で コウシンソウは咲いて無いし右側だしと思って変だなぁと思っていたら
きっと「庚申山荘開いてますか?」に聞こえたみたいです
きっと庚申荘に宿泊された方なんですね
私はコウシンソウが見たかっただけです
お互いの思い込みで会話が成立していました

気をつけて山登って花見て満喫してきて下さい

Re: コウシンソウ

レンテンさんへ

そうなんですね!
大変参考になりました^^
ありがとうございます!

やっぱりコウシンソウは庚申山が一番メジャーなんですね^^
早速計画を立てます!