アガベ・グイエンゴーラ - 【片手よつこのてくてく山歩き】

アガベ・グイエンゴーラ

平成29年4月2日

アガベ・グイエンゴーラ
以前よりも開花が進みましたo(^▽^)o

P4021176.jpg

P4021155.jpg

P4021152.jpg

P4021151_convert_20170407205214.jpg


2月、3月に訪れた際の蕾の様子はこちらをクリック


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

後日、山岳会のメンバーさんより「アガベ」は別名で、本当の名前は「リュウゼツラン」(龍舌蘭」と聞きました。
気になったので調べてみると、

学名:Agave(アガベー)
科・属名:リュウゼツラン科・リュウゼツラン属
英名:Agave(アガベー)
    Century plants(センチュリープランツ)
原産:地中~南アメリカ
開花期:7~8月花の色白、黄色
別名:竜舌蘭(リュウゼツラン)
    センチュリープランツ

リュウゼツランとは、リュウゼツラン科・リュウゼツラン属に分類される植物の総称。
先の尖った多肉質の葉っぱを放射状に広げる姿が、竜の舌を思わせることから名付けられた。

リュウゼツランの中でも、ブルー・アガベー(アガベー・アスール・テキラーナ)など一部の種類は、葉の汁が甘く、シロップにして食べられていて、その汁を絞って蒸留したものは、「テキーラ」と呼ばれるお酒「スピリッツ」の原料となっています。

アガベーの甘い汁は、メキシコのテキーラ村付近の山火事によって偶然発見されたもので、
現在でもテキーラ村を中心とする特定地域で作られたリュウゼツランを使用したテキーラは
世界中の人々に親しまれているそうです。

へ~!?
そうだったのか!
まさかテキーラの原料だったとはビックリ!

フラワーパークでは、「サボテン」の仲間と表記してありましたが
これを見ると「蘭」?
う~~~ん・・・
謎の花ですね~

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
追記

平成29年4月23日(日)
群馬フラワーパーク開園25周年記念

アガベ・グイエンゴーラの様子をこれが最後だろうと様子を見に行きました。

散り始めていました。
・疲怦・抵シ捺律P4231875_convert_20170424115026

・疲怦・抵シ捺律P4231876_convert_20170424115040

もう一番上まで咲いたようです。
そして、花は萎み始め散ってきています。
・疲怦・抵シ捺律P4231873_convert_20170424114941

・疲怦・抵シ捺律P4231874_convert_20170424114955

花が全部散った後は、今度は茎や葉が枯れて行きます
・疲怦・抵シ捺律P4231872_convert_20170424114921

最初に咲き始めた下の方の花は、もう全部散っていました。

100年に1度の開花の瞬間を見せてくれてありがとう。゚(゚´Д`゚)゚。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント