ダンコウバイの荷鞍山 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

ダンコウバイの荷鞍山

P3150556.jpg
荷鞍山 638m



平成29年3月15日(水)

家から見える地元の里山です。
この山の見どころは、なんと言ってもダンコウバイです!
と言うかダンコウバイだけが取り柄の山(^^;)

何故かと言うと夏になると「ヒル」が出るので誰も登りません(^^;)
それ以外の季節でも展望が良くないので、よっぽどの山好きでない限り登らないでしょう。

昨年、山仲間のE子さんに教えて頂いた山で
今年も誘っていただいたのですが、都合が合わず
ダンコウバイ見たさに今日は単独で来たと言う訳です。

(注意・・・尾瀬の荷鞍山ではありません(^^;))


荷鞍山をもう少し引いて撮影すると、こんな感じです。
右側のフタコブラクダのような形の山が荷鞍山(638m)で、左側の山は大平山(622m)です。
月夜野ターミナルから撮影したので大平山の方が高く見えますが、
荷鞍山の方が標高があります。
P3150492.jpg


登山道入口です。
標識などは全くありません。
P3150495.jpg

山頂まで登ってしまうと、ほぼ展望は望めないので途中から見える景色を撮影。
三峰山
P3150494.jpg

戸神山
P3150553.jpg

赤城山
P3150497.jpg

里山らしい登山道
脇の畑に残雪あり。
P3150498.jpg

畑が見えなくなり、いよいよ山道に入る頃
このような案内があります。
ちょうど畑で農作業中のおじさんが言っていました。
「山登りかい?今なら丁度いいやね~、夏になるとここはヒルだらけでどうしようもないよ」と(^^;)
P3150499_convert_20170315212048.jpg


あまり登る人はいない様子が伺えますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
P3150500.jpg


雪の重みで裂けたんでしょうか?
P3150550_convert_20170315212221.jpg


と思ったらケルンあり。
登る人が全くいない訳ではありません^^
P3150501.jpg


丁度、荷鞍山と大平山の中間地点あたりに到着です。
ここから、どちらの山に行くのかを選択します。
低山なので、両方行きたいところですが、今日は予定のある休日のため
時間がありません(><)
とりあえずダンコウバイの咲き具合だけでも確認出来ればと思い、足を運んだので
荷鞍山だけに絞ります。
P3150502_convert_20170315212103.jpg


まずは、この分岐の所にダンコウバイがあるはずなのですが・・・・

あ~~~っ!w( ̄o ̄)w
まだ、ガッチガチの蕾だった・・・
P3150504_convert_20170316192806.jpg

P3150505_convert_20170316192822.jpg

P3150506_convert_20170316192838.jpg

P3150507_convert_20170316192850.jpg

P3150508_convert_20170316192905.jpg

P3150509_convert_20170316192923.jpg

残念(><)
昨年の3月16日に登った時は、丁度見頃だったのに
今年は少し開花が遅いようです。

仕方ない諦めて、とりあえず山頂に行こう!
P3150503.jpg


途中で何の花かは分からないがドライフラワーを発見。
しかし、この花の見頃の時期はヒルがいるから、何の花か不明のまま終わる事でしょう・・・
P3150510.jpg
(後日、戸神山の木彫り名人Yさんより「オケラ」だと教えて頂きました)
下の写真は戸神山で撮影(2015/9/16)した「オケラ」(朮)です。
P9160761_convert_20160217122526_201703312019245ed.jpg

自分でも何度も目にしたことのある花なのに、ドライフラワーになった状態では
わかりませんでした(^^;)



全景の写真から見えたラクダのようなコブの、一つ目のコブが見えてきました。
P3150511.jpg

意外と急登なのでロープがあって助かります。
P3150516.jpg

登っている途中からの展望
子持山が見えています。
P3150513.jpg

P3150514.jpg


一つ目のコブの頂上に着きました。
石祠があります。
P3150517.jpg


鞍部へ向けて一旦下ります。
P3150519.jpg

綺麗に真っ二つに割れたクルミを発見!
小動物が食べたものかな?
P3150520_convert_20170316193000.jpg

鞍部へ着きました。
急登と巻き道の選択です。
P3150521.jpg

急登へ行きます。
P3150522_convert_20170315212128.jpg

里山を甘く見てはいけませんヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
本当に急登ですミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ
枯葉で滑る滑るΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
P3150523.jpg


山頂です!
これが不思議な事に、荷鞍山(にくらやま)と地元の人は言っているのですが、
「ふじやま」と表記あり・・・?
P3150525_convert_20170315212143.jpg

そして、平日に、このような山に登っているのは私しかいないだろうと思っていたら
山頂に先客がいたんですね~(;゜0゜)
そしてそして、まさかの戸神山で会った事のある方でした(^^;)

その方は、日本百名山、群馬百名山を制覇し、戸神山1000回をもクリアした強者でした(^^;)
(戸神山1000回を達成すると、木彫り名人のYさんから、お手製の戸神山バッジをもらう事が出来ます)

もう色んな山を登りつくしたので、今日はこの山に来たのだそうです。
自宅の目の前に見える山なのに登った事がなく、今日が初めてで
しかも、登山道入口が分からないので、ただひたすら山頂だけを目指して
藪漕ぎして来たんだそうです(^^;)すごっ!

折角、知っている人に会ったので、出来れば一緒に大平山に行きたいところでしたが
午後の予定があるので、ここは断念してお別れです。
その方はこの後、大平山へ行き、また藪漕ぎして下山するそうです(^^;)

そして、肝心のダンコウバイは山頂付近の方が少し開花が進んでいました。
P3150528.jpg


でも、あと一週間くらい先かなあ~
P3150537.jpg


山頂から若干見える谷川岳
P3150540.jpg


山頂にある怪しい石祠には十字架が刻まれています。
戦国時代の沼田城と名胡桃城に囲まれるように位置しているこの山
この展望の悪さは隠れキリシタンには持って来いの場所だったことでしょう。
P3150539.jpg


下りは緩いコースへ
P3150543.jpg

P3150544_convert_20170315212204.jpg




奥に見える真ん中の三角の雪山は赤城山の鈴ヶ岳
その右横に沿って幾つもの小さな三角山があるが
順に子双山(こぶたやま)、モロコシ山、矢筈山(やはずやま)
(小さな三角山が沢山あるので、まだ正確な場所を示す知識がありません、
 ザックリした紹介ですみません><)
モロコシ山は行った事があるが、残りの子双山と矢筈山はまだない。
しかも「こぶたやま」ってネーミングが超気になります(笑)
右奥の尖った山は荒山だと思う。

目の前に見えている山が大平山です。
P3150545.jpg


緩いコースを下ってくると、丁度鞍部の形が良く分かる。
P3150546.jpg


後は、特に見所がないのでサッサと下りました。
私のようなまだ経験年数の浅い者が言うのもなんですが
なかなか玄人志向の山と言う感じです。


記事を定期的に読んで頂いている方は、ご存じの通り
息子がバイクの免許を取ってからですね、雪が降ってしまい
ず~っと乗れないままでいました(^^;)
ようやく道路の雪も解けたので、やっと今日からバイクで駅まで行ける事になったのですが、
数ヶ月間乗っていない為、心配なので、車とバイクの2台で駅まで送り
その後、税務署へ確定申告に行き、新年度の山岳保険料の振込みを済ませ
それからの荷鞍山登山です(^^;)

そして、午後は息子がバイトを始めるための面接があるので
バイト先までの送迎(これもまた、バイクに慣れる為に2台での行動)
無事バイトが決定し、早速明日から働けることになりました^^
(ちなみに、今日は終業式の為、学校は半日です)


P1121987_convert_20170317201031.jpg



帰宅後は、食糧の買い出しですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

というハードスケジュールのため、大平山までは足を延ばせなかった訳であります。

昨年の荷鞍山~大平山 + 天狗山の山行記事はこちらをクリック


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

檀香梅

荷鞍山ダンコウバイ、お疲れさまでした。
低山ですが登りごたえのある山で、沼田から見て格好の良い山ですね。
大平山を含め縦走には楽しい山塊です。
標識をビスで留めてあるのが気になりますね。

Re: 檀香梅

山田の山歩きさん、こんにちは!

近場でササッと行ってくるには丁度いい山ですね~
2012年の山田の山歩きさんの「陽だまりハイク荷鞍山~大平山」の記事も
拝見させて頂きましたよ^^
やっぱり「ラクダ」に見えますよね~

山田の山歩きさんの方は、雪山頑張っていますね^^