荒船山で霧氷クリスマス - 【片手よつこのてくてく山歩き】

荒船山で霧氷クリスマス

PC251553.jpg
荒船山(標高1423m)/日本二百名山

荒船山は群馬県甘楽郡下仁田町と長野県佐久市に跨る山で、妙義荒船佐久高原国定公園に属している。

とうとうクリスマスの日に登山をするようになった(^^;)
今日はなんと言っても「霧氷」を見るためです。

簡単に説明しますと、樹に付いた雪が凍った「樹氷」に対して
霧氷は空気中の霧が凍ったものが樹に付いている状態。

遠くから見た感じでは区別がつきにくいですが、近くで観察すれば
その違いは一目瞭然

雪ではないので時間が大事です!
陽が昇るにつれてあっという間に融けてしまいます。

なので朝5:00自宅を出発!

駐車場に7:20分到着
駐車場付近で、すでに霧氷を見る事が出来ました^^
早朝に来る事が出来れば、登山をしない方でも霧氷を楽しむ事が出来ます^^

PC251557.jpg


駐車場の奥が登山口(7:30スタート)
内山峠ルートです。
PC251559.jpg

PC251555.jpg

案内の横には悲しいお知らせが・・・
PC251556_convert_20161226203147.jpg

スタート序盤はアップダウンの繰り返しです。
鎖場もあります。
PC251567.jpg

登り始めから霧氷に囲まれてテンションは上がりまくりです\(^o^)/
PC251565.jpg

遠くに雲海も見えてきました。
PC251568.jpg

荒船山一番の見どころ「艫岩」(ともいわ)の辺りが見えてきました。
PC251569.jpg

PC251571.jpg


さて霧氷とはいったいどんなものなのか
近くで見たらこんな風に枝に付いていました。
PC251574.jpg

クリスマスツリーの装飾に使用するキラキラモールに似ています

PC251577.jpg


足元の白い物体も雪ではなく霧氷なのです。
枝から剥がれ落ちたものだと思われます。
PC251576.jpg

PC251570_convert_20161226210904.jpg

草にも霧氷
PC251573_convert_20161226210927.jpg


なんとも不思議な幻想的な空間です。
地面は茶色のに草木だけが白い
こんな景色は初めてですヽ(´∀`)ノ
PC251575.jpg

登り始めてから50分位経過した所の木に「ハートマーク」発見
PC251580.jpg
(私のペースでの50分なので、一般の方は多分30分~40分位でたどり着けると思います。
 ヒントは右側です、興味のある方は探してみて下さい^^)

この辺りで温度計を確認
およそですが、マイナス7℃くらいでしょうか((((;゚Д゚)))))))さむっ!
PC251579_convert_20161226203209.jpg

人工的な木道あり
PC251582.jpg


目の前に大きな岩が出現!
PC251583.jpg

そして大きな氷柱(*゚Q゚*)
PC251586.jpg


凍った滝(;゜0゜)
PC251585_convert_20161226223238.jpg

これは見応えがありますね~(o‘∀‘o)*:◦♪

葉っぱも氷に閉じ込められています。
PC251590.jpg

朝陽に照らされた経塚山(荒船山山頂)が見えてきました。
PC251589.jpg

ようやく一杯水に着きました。
PC251594.jpg
真新しい橋の下に水がチョロチョロと流れていましたが
汲むには一旦橋の下に降りなければならないので止めておきました。


一杯水を過ぎると登山道は急登の岩場になってきます。
歩く道はこのように所々凍っています。
PC251596_convert_20161226223901.jpg

すぐに「通行止」の案内板あり。
この先は自己責任という事ですね。
PC251597_convert_20161226224042.jpg


専門的な事は良く分かりませんが、独特の岩です。
ちょっと指を引っかければポロポロと四角に崩れます。
PC251650.jpg



霧氷の白さが増してきました。
PC251601_convert_20161226224128.jpg


足元をズームにしますとガチガチに凍っています。
氷の厚さは3cm程ありそうです。
PC251602.jpg


岩場
PC251604.jpg


岩場を登りきれば、それまでの登山道とは打って変わって平坦な樹林帯となり
PC251608.jpg

「みんなで楽しむハイキングコース」の看板がありますが・・・
PC251606_convert_20161226203337.jpg

その先には「転落死亡事故発生」「この先断崖絶壁危険」・・・
PC251609_convert_20161226203356.jpg

ハイキングコースなのに危険!?・・・
確かに登り切って平坦な所まで来ればハイキングコースかもしれませんが
それまでの道のりは決してハイキングコースとは言えませんΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


危険な断崖絶壁の先に見えるものは浅間山ですね~
この景色を見るために前に出過ぎると危険ということです・・・
PC251610.jpg
私が前に出過ぎないように、後ろから主人が私の袖を引っ張っていましたよ(^^;)



ようやく艫岩の奥にある避難小屋に到着
「山と渓谷社」出版の「群馬県の山」では展望台のそばに立派な避難小屋とトイレがあると
記載されていますが、微妙です・・・
そこその大きさはあり20人くらいは座れ、テーブルもあるので、休憩出来るという点では
ありがたいですが、良く見るとテーブルの脚は朽ちていますし、
トイレは冬季閉鎖中という事で使用出来ません
(トイレに関しては冬なので予想はしていましたが、外観から想像するに、そんなに期待は
出来ないと思います)
PC251612_convert_20161226230001.jpg

そして、ここにも注意を促す張り紙が・・・
PC251613_convert_20161226203422.jpg

PC251615_convert_20161226203445.jpg


いざ!艫岩へ!
こっ、これが有名な「ク○ヨ○しんちゃん」原作者転落事故の現場・・・
PC251614_convert_20161227194453.jpg

後ろで主人がずっと叫んでいるので、展望指示版より前には行きませんでした。

事故が多くて残念ですが絶景です。

浅間山
PC251620.jpg


左から、北岳、八ヶ岳、御嶽山、乗鞍岳、槍ヶ岳、白馬山などが見渡せます。
PC251621.jpg

PC251616_convert_20161226203506.jpg

避難小屋でコーヒータイムをとり、山頂へ出発!

艫岩から経塚山山頂までの霧氷がまた素晴らしいこと(((o(*゚▽゚*)o)))

PC251642.jpg

PC251641.jpg

PC251636.jpg

PC251635.jpg

PC251634.jpg

PC251630.jpg


途中、分岐があります。
星尾峠に行かないようにして下さい。
PC251643_convert_20161227202145.jpg



山頂に到着(10:15)
PC251644.jpg
展望は良くありません(^^;)

PC251646_convert_20161226203616.jpg

登りはアイゼンの必要なく登山靴のままで行けましたが
下りだけは心配なので軽アイゼンを装着しました。
ただ、他のハイカーさんは誰も装着していませんでしたので
慣れている方は靴のままで大丈夫みたいです。


気温が上がってきて、枝に付いていた霧氷が氷の上にパラパラと落ちています。
PC251647.jpg


スタート時はあった駐車場付近の霧氷も下山後にはすっかり解けていました。(12:30)
PC251651_convert_20161227202122.jpg



下山後にちょっと不可解な事がありまして・・・
下の写真はスタート時に撮影したものですが、
水色の丸印を付けた所に成人男性用の登山靴が片方だけ置いてあったのです・・・
そんなに履き古した感じはなく土で汚れている訳でもない靴がなぜか片方だけ・・・
ちょっと怖くて、その写真を撮る勇気はありませんでした・・・

「スタートした時はこんな靴なかったよね!?」と、主人と恐る恐る回りを見渡す
写真を確認したところ、やはりスタート時には写っていない・・・



今日は10人程のハイカーさんとすれ違ったが、もちろん靴を履かないで登る人など
見かけなかった・・・

下山した人がサンダルに履きかえる事は良くあるが、
明らかに車を停車する位置からは離れているし
そうだとしたら一足揃っていないとおかしいし・・・
ミステリーですヽ(*>□<*)ノ


靴はちょっと謎ですが、
山は最高に良かったです\(^o^)/

荒船山の霧氷を教えてくれた、黒檜山で出会ったハイカーさんに感謝ですo(^▽^)o
声を大にして言いたいありがとう~~~(^∇^)ノ

自然が作り出す景色は日常を忘れさせてくれ、最高のクリスマスになりました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クリスマスプレゼント

おはようございます。
 今朝は積りそうな雪の朝です。岩船山の霧氷良い時に行かれましたね。朝の早起きがクリスマスプレゼントの贈物でしたね。いっぱい楽しんでください。

霧氷

こんにちは

荒船山の霧氷も綺麗ですね!
今度行ってみようと思います

ところで、十二ガ岳のシモバシラの木どこの登山口からどの位行った所なのでしょうが? 小野上駅手前を右折して小野子山の中央あたりの登山口でよろしいのでしょうか?
実物を見てみたくなりました
簡単に教えて下さい。
よろしくお願いしますm(__)m 

Re: クリスマスプレゼント

まきまきさん、おはようございます。
本当に山っていいなあと、つくづく実感しました^^
最高のクリスマスプレゼントでした^^

Re: 霧氷


prunner さん、こんばんは!

霧氷は本当にお勧めです^^

シモバシラの木ですが、高山村の天文台はご存知でしょうか?
天文台の道路を挟んだ反対側に北毛青少年自然の家というのがあります。
北毛青少年自然の家の駐車場にそのまま入って行くと、奥の方に小野子山林道があります。
林道に沿って道なりに進むとまず小野子山登山口があり、通り過ぎて更に進むと
十二ヶ岳登山口があります。

登山口から30分程登った辺りに、左右どちらにも沢山あります。
一番多く見られたのはちょっと登山道を外れ、右側の斜面を少しだけ降りた所にありました。

案内してくれた人が、3日前に登った時には左側の沢沿いにも沢山あったと言っていましたが
15日の日には少なくなっていました。

是非行ってみて下さい^^

またprunnerさんのブログを楽しみにしています^^

<a href="http://www.takayama-kanko.jp/info/outdoor/12gatake.html">高山村の観光案内のホームページ</a>に地図が載っていますよ。

Re: Re: 霧氷

> prunner さん、こんばんは!
>
> 霧氷は本当にお勧めです^^
>
> シモバシラの木ですが、高山村の天文台はご存知でしょうか?
> 天文台の道路を挟んだ反対側に北毛青少年自然の家というのがあります。
> 北毛青少年自然の家の駐車場にそのまま入って行くと、奥の方に小野子山林道があります。
> 林道に沿って道なりに進むとまず小野子山登山口があり、通り過ぎて更に進むと
> 十二ヶ岳登山口があります。
>
> 登山口から30分程登った辺りに、左右どちらにも沢山あります。
> 一番多く見られたのはちょっと登山道を外れ、右側の斜面を少しだけ降りた所にありました。
>
> 案内してくれた人が、3日前に登った時には左側の沢沿いにも沢山あったと言っていましたが
> 15日の日には少なくなっていました。
>
> 是非行ってみて下さい^^
>
> またprunnerさんのブログを楽しみにしています^^
>
> 高山村の観光案内のホームページに地図が載っていますよ。

シモバシラの木

さっそく ありがとうございます

今後も楽しみにブログ拝見させていただきます。

さっそく行って来ましたが…

こんばんは
分かり易い説明だったので登山口は分かったのですが、昨日の雪の影響?それとも時期?時間が遅いのかどうかは分かりませんが登山口から30分位の所を気をつけて観察したのですが発見できませんでした。
稜線にでてから二組五名の方にシモバシラノ木の事を聞いてもご存知なく帰りに又探す事にしましたが帰りも分かりませでした、又のお楽しみにしておきます。
あ!ブログアップは二日後位ですが勝手にブログリンクさせていただきます 

残念でしたね・・・

prunnerさん こんばんは

行動に移すのが早いですね~

雪が積もっていたんでしょうか?
もし雪があったとすれば見られないかも・・・

私以外の山岳会のメンバーは12月12日に十二ヶ岳という語呂合わせで
登った時に一番良い状態で見られたようなので
また来年の、その辺りが狙い目かもしれません。

ちょっとしたタイミングなんですよね(^^;)

ブログアップ楽しみにしています!

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も健康に注意しながらいろいろな山に登り、大いに感動しましょう。

No title

今年もよろしくお願い致します。

Re: 謹賀新年

山田の山歩きさんへ

あけましておめでとうございます。

健康が一番ですね!
また新しい発見が沢山出来るよう、仕事にプライベートに頑張ります!

どこかの山でお会いしましたら、また宜しくお願い致します。

おひさんへ

昨年中は沢山コメントを頂きまして、
また色々と植物について教えて頂きありがとうございました!
本年もどうぞ宜しくお願い致します。