紅葉に映える妙義山 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

紅葉に映える妙義山

PB060622_convert_20161109103137.jpg



平成28年11月6日(日) 晴れ
メンバー:2人(主人と私)
コース:関東ふれあいの道 中間道(6時間:休憩含む)

道の駅みょうぎ(物産センター)の下にある登山者専用駐車場(9:00)~妙義神社(9:30)
大砲岩(12:10~12:30)~第4石門・休憩広場(12:45~13:15昼食)~駐車場(15:00)



PB060576_convert_20161109100600.jpg


第一見晴らし
PB060579_convert_20161109100741.jpg

第一見晴らしからの展望
PB060580_convert_20161109100812.jpg


大黒の滝
水は枯れているようです。
PB060581_convert_20161109100846.jpg


第二見晴らしからの展望
金鶏山(856m) 入山禁止の山です。
PB060582_convert_20161109100924.jpg

金洞山
PB060583_convert_20161109100942.jpg


前を歩くハイカーさんが何やら上を見上げていたので見てみると・・・
大きなスズメバチの巣が・・・
PB060584_convert_20161109100959.jpg


下にはまだ少し息のあるスズメバチが落ちていました((((;゚Д゚)))))))
PB060577_convert_20161109100631.jpg


私の身長なら立ったまま通過出来ますが、主人の身長ではかがまないと通過出来ません。
PB060589_convert_20161109101144.jpg


四阿(あずまや)
PB060590_convert_20161109101216.jpg


先ほどの通過地点よりも、更にかがまないと通れない大きな岩がせり出していました。
PB060600_convert_20161109101842.jpg

PB060601_convert_20161109101858.jpg

PB060602_convert_20161109101916.jpg


大砲岩の登り口に来ました。
主人はザックを背負ったまま行きましたが、私はデポして登ります。
PB060610_convert_20161109102302.jpg


まずは主人が「天狗のひょうてい」を登ります。
PB060612_convert_20161109102403.jpg

PB060616_convert_20161109102509.jpg
「天狗のひょうてい」は、以前単独で来た時に挑戦しようとしたのですが
危険を感じたので断念しました。
高さはそれ程でもないのですが、かなり切り立っていて高度感がハンパじゃないです((((;゚Д゚)))))))
前回の単独山行の様子はこちらから


私は反対側の「胎内潜り」へ
手すりが付いているので助かります^^
これがないとかなり怖いです。
PB060624_convert_20161109103359.jpg

PB060626_convert_20161109111230.jpg


「胎内潜り」から主人のいる「天狗のひょうてい」を見るとこんな感じです。
PB060620_convert_20161109102827.jpg


胎内潜りからの展望
白雲山と富岡市街地でしょうか。
PB060617_convert_20161109102703.jpg

金洞山の端っこの方、中ノ岳辺りが見えているんでしょうか?
PB060618_convert_20161109102721.jpg


展望を楽しんだので下ります。
PB060629_convert_20161109111347.jpg


第4石門
PB060636_convert_20161109111637.jpg


第4石門から見た大砲岩
(大砲の前に人が立っています)
左の岩が「大砲岩」です、確かに大砲の形をしていますね、
右側の縦に細長く立っている岩は「ゆるぎ岩」
PB060640_convert_20161109111752.jpg
大砲岩に登るのも結構怖いです・・・
ここも前回は行きましたが、今日は風もあり
危険を感じたので止めておきましたΣ(ω |||)
その先の「ゆるぎ岩」なんてとてもじゃないけど行けません・・・


第4石門からの展望
奇怪な岩と紅葉が見事にマッチしていて綺麗です。
PB060645_convert_20161109111901.jpg


潜り抜けて、休憩広場側から見た第4石門
上毛カルタの「も」、「紅葉に映える妙義山」はこの景色を詠ったものだそうです。
群馬県なら誰でも知っている「上毛カルタ」
他県民の方には、なかなか伝わりにくいようです(^^;)
PB060651_convert_20161109112300.jpg



さて、やっと昼食タイムです。

Pen-Pineapple-Apple-Pen
ちょっとやってみたかったので^^
PB060648_convert_20161109112021.jpg
小学生の団体さんが休憩していて、こっちを見ては
Apple-Pen と叫んでいたので、主人に「恥ずかしいから早くしまえ」と言われました(笑)
結局食べずに持ち帰りました(^^;)



折り返し地点より
第1~第3石門は登らず巻いて一旦舗装道路に出て、少し歩いた後また登山道に入ります。


金鶏山
PB060656_convert_20161109112401.jpg


大黒の滝の下辺りに位置しているので、水があれば川になっているはず。
PB060659_convert_20161109112524.jpg


※妙義山登山マップPDFダウンロードはこちらをクリック
※妙義山周辺ガイドマップPDFダウンロードはこちらをクリック

~見つけた植物~

メドーセージ
PB060670_convert_20161109112908.jpg


ジャノヒゲの実
PB060669_convert_20161109112819.jpg


クサギの実
PB060654_convert_20161109112343.jpg


ナギナタコウジュの花が落ちて紅葉していました。
PB060666_convert_20161109112717.jpg


タツナミソウ?
ちょっと良く分かりませんがシソ科の植物のようです。
PB060660_convert_20161109112545.jpg


モミジバハグマ?
PB060605_convert_20161109102037.jpg


カシワバハグマ
PB060585_convert_20161109101036.jpg


カゴノキ/クスノキ科/カゴノキ属(ハマビワ属とされることもある)
PB060667_convert_20161109112802.jpg
これは初めて見ました。
花がダンコウバイにそっくりなので「えっ!?今頃ダンコウバイ!?」と不思議に思いましたが
葉が付いているのでダンコウバイではない
そもそも咲く時期が違うし、なんだろう?と検索しやっと解明しました。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

登山にはいい季節ですね。無理をしないのが一番!
居ながらにして妙義山の魅力を堪能させていただきました。

おひさんへ


あっという間に冬になってしまうので
なるべく多くの紅葉を楽しめればと思っています^^