武尊山(植物編) - 【片手よつこのてくてく山歩き】

武尊山(植物編)

すっかり涼しくなりもうお花は見かけなくなりましたが、
花はなくても植物に興味津々の私の目を武尊山は楽しませてくれました。


コアカミゴケ/ハナゴケ科
PA230189_convert_20161024144913.jpg


木の切り株一面にびっしりと生えていて、頭が赤くマッチ棒のようです。

PA230123_convert_20161024140041.jpg






スギカズラ<杉葛> /ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属
PA230117_convert_20161027153000.jpg

PA230116_convert_20161024135842.jpg

PA230115_convert_20161024135826.jpg


過去に見た事があるのは「ヒカゲノカズラ」「マンネンスギ」で、いずれもヒカゲノカズラ属である。

再掲になるが、前回エビ山~弁天山に行く間に見つけた「マンネンスギ」PA160064_convert_20161018132629_20161027154511031.jpg


こちらは「ヒカゲノカズラ」
PA160070_convert_20161018132855_20161027154514c7e.jpg


三壁山~エビ山の記事の時に「イワゴケ」と紹介してしまったが
どうやら「アカヒゲカズラ」のようです。
これもヒカゲノカズラ属
PA160066_convert_20161018132728_20161027154513dc0.jpg
(帰りに直売所に立ち寄った際にイワゴケと名前がついて販売されていたので、イワゴケなんだと思っていました)


ヒカゲノカズラ属って色々あるんですね~
今回の武尊山は「スギカズラ」「マンネンスギ」「ヒカゲノカズラ」の3種類揃っていました^^


今日はスギカズラを見つけた事が一番の収穫です。
秋田県、新潟県では絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。



ショウジョウバカマが来春に花を咲かせる準備に入っていました。
とても沢山ありましたので、春登山もいいなと思いました。
PA230242_convert_20161024151057.jpg



イワカガミも大量に自生していました。
(これも花は咲いていません、花期は春~夏になります)
PA230157_convert_20161024142016.jpg


テングノコヅチ
花はしぼんでいましたが、今まで発見した中では一番立派な株です。
上の方には実がついています。
PA230206_convert_20161024145652.jpg


同じテングノコヅチでも、これは違う個体です。
PA230207_convert_20161024145724.jpg


こちらのテングノコヅチの実はとても大きかったです、上の個体の実の2倍はあったと思います。
PA230150_convert_20161024141620.jpg

以前にもお話しさせて頂きましたが、多くのハイカーさんがツルリンドウだと思っている物の
ほとんどは実はテングノコヅチです。
ツルリンドウは比較的低地に自生し、木や他の植物に巻き付いています。
それに対してテングノコヅチは比較的高山地帯に自生し、他の植物に巻き付く事はなく
登山道などにダラ~ンと垂れていたり、伸びていたりしています。
決定的にテングノコヅチだと断定するには、もう一つ方法がありまして
来春まで実が落ちずに残っていたらテングノコヅチで間違いないです。
ツルリンドウの実は冬の間に落ちてしまうそうですよ^^

(23年前まではすべてツルリンドウと呼んでいたそうです)





登山道沿いに赤い実が沢山落ちているのに、上を見上げてもナナカマドらしき木が見当たらず
何の実が落ちているのだろうとキョロキョロしていると、こんな木を発見。
名前分からず・・・
PA230188_convert_20161024144841.jpg

後日、おひさんに教えて頂きました^^
アカミノイヌツゲのようです(^∇^)

PA230161_convert_20161024142318.jpg


シャクナゲの花殻
シャクナゲもまた沢山自生していました。
PA230187_convert_20161024144813.jpg



武尊山登山の山行記録はこちらから
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

変わった?珍しい植物が多いですね。
テングノコヅチ 覚えました。
最後の赤い実のなる木は何でしょう? ソヨゴの様な違うような・・・

おひさんへ


赤い実・・・
さてなんでしょうね~?
実が木にくっついていて、ぶらさがっていないので
ソヨゴではなさそうですね・・・

そもそもソヨゴという名前も初めて聞いたので
それをヒントに検索してみます^^
ありがとうございます^^

赤い実は・・

もしかしてアカミノイヌツゲかも?

Re: 赤い実は・・

おひさん、いつもありがとうございます(*^▽^*)
本当詳しいですね!
アカミノイヌツゲで検索してみました!
どうやらビンゴのようですね、流石です!

ちょっと教えて頂きたいのですが、6月に苗場山で同じような赤い実の木を
撮影していまして、私その時「アカミノイヌツゲ」と命名していました(^^;)
(時間の経過と共に忘れていました)
6月に実が生っていたという事は、苗場山で見たのは「アカミノイヌツゲ」ではなかったのでしょうか?
6月の花のカテゴリに掲載してあります。
もしお時間がありましたら見て頂ければ幸いです。

No title

 苗場山も実が赤いのでアカミノイヌツゲと思います。
アカミノイヌツゲとイヌツゲはよく似ていますが、イヌツゲはご存知のように黒い実。花は前者が純白、イヌツゲはうす緑だったかと思います。
 なぜ6月に赤い実が・・・
これは秋に実を着け、間もなく雪に閉ざされ、小鳥に食べられることなく、雪解け後に赤い実がついていることがあるようです。その時は新しい花が咲く準備をしているか、すでに小さな青い実をつけていることがあるようです。
 夏みかんと似ていますね。前年の黄色の大きな実が付けたまま、新しい今年の実がなりますね。雪こそありませんがよく似ていて、植物の生命力、神秘さを感じます。どんどん自分のDNAを増やすのですね。

おひさんへ

アカミノイヌツゲについて詳しく教えて頂きありがとうございます^^
とても参考になりました。
もう間もなく実を見る事も出来ない季節へと移り変わりますが
また来年花が咲くのが楽しみです。