祝!!赤城山船ヶ鼻登山道 開通式! - 【片手よつこのてくてく山歩き】

祝!!赤城山船ヶ鼻登山道 開通式!

P8075582.jpg



平成28年8月7日(日) 晴れ
今日は、待ちに待った、昭和村からの船ヶ鼻登山道開通です\(^o^)/
9:00より盛大に開通式が行われました。

P8075583_convert_20160811082139.jpg

P8075584_convert_20160811082202.jpg

P8075587_convert_20160811082243.jpg

9:50 開通式を終えいよいよ「楢水コース」~「牛石コース」へスタートです。
本日の参加者約100名のうち、半分の50名程が登山決行!
P8075589_convert_20160811082305.jpg

しばらくは作業道歩きです。

P8075601_convert_20160811082732.jpg

タケニグサが沢山自生しています。
P8075603_convert_20160811082805.jpg

どこにでも生えて、庭になんか生えたら除草剤の対象ですが
山で見ると雑草でもなかなか捨てたもんじゃありません^^
P8075606_convert_20160811082932.jpg


動物たちへの合図の鐘(幸福の鐘)の地点で、作業道は終了します。
P8075613_convert_20160811083243.jpg

P8075614_convert_20160811083303.jpg

いよいよ本格的な登山道へ入ります。
P8075615_convert_20160811083324.jpg



作業道で見つけた花



イヌゴマ
どうやら「クルマバナ」のようです。
P8075590_convert_20160811082329.jpg


チダケサシ
P8075607_convert_20160811083000.jpg

P8075611_convert_20160811083152.jpg




オオウバユリ
P8075592_convert_20160811082411.jpg

こんな所でオオウバユリを発見出来るとは、思ってもみませんでした\(^o^)/
先日、笠ヶ岳に行った時に、バスの車窓からは見えたのですが、流石にバス走行中では
撮影出来ず、眺める事しか出来なかったので、会えて嬉しいです^^
ここで見つけたのは、これ1本だけです。
P8075593_convert_20160811082428.jpg



サワギク
P8075596_convert_20160811082531.jpg

P8075610_convert_20160811083125.jpg




アキノタムラソウ
P8075597_convert_20160811082608.jpg




イヌトウバナ
P8075600_convert_20160811082659.jpg




P8075599_convert_20160811082631.jpg


オトコエシ
P8075604_convert_20160811082825.jpg


ミズヒキ
P8075605_convert_20160811082907.jpg




アカバナ
白いのになぜアカバナ?と思ったら
漢字で書くと「赤葉菜」
これから葉が赤くなるようです。
P8075612_convert_20160811083219.jpg

P8075672_convert_20160811090031.jpg

P8075673_convert_20160811090051.jpg

P8075674_convert_20160811090108.jpg



幸福の鐘より楢水水源に行くまでに見られた植物

P8075616_convert_20160811083418.jpg



ミズヒキ
P8075617_convert_20160811083440.jpg

ミツバ
P8075618_convert_20160811083458.jpg

楢水水源
P8075619_convert_20160811083527.jpg


楢水水源から大楢の木までに見つけた植物

ミヤマシャジン
P8075620_convert_20160811120747.jpg

P8075621_convert_20160811083632.jpg




ソバナ
P8075625_convert_20160811083828.jpg


ラセンソウ/シナノキ科・ラセンソウ属
参考:山と渓谷社/秋の野草
道端や畑の土手などに生え高さ1m程になるらしい
ネットなどで検索すると、すでに大きく成長した個体ばかり検出されるので
判明するまでに時間がかかりました。
参考書物に、丁度成長する前の小型の株が掲載されていて、比較したところそっくりでしたので
多分それだと思います。
P8075622_convert_20160811083655.jpg


ルイヨウボタンの実
P8075623_convert_20160811083719.jpg

P8075627_convert_20160811083857.jpg

ルイヨウボタンの種
P8075628_convert_20160811083927.jpg




キバナアキギリ
P8075636_convert_20160811084217.jpg

P8075630_convert_20160811084009.jpg




フシグロセンノウ
P8075634_convert_20160811084101.jpg

この花に出会えた事も衝撃です\(^o^)/
私が、この花を初めて見たのは小学生の時でした。
畑の回りの野原にポツンと、一際目立つオレンジ色の花
当時は花の名前など分からず、ただただ綺麗な花だなあと思って見ていました。
中学生になり、高校生になり、段々と畑などには行かなくなり
この花を見る事はなくなり、大人になった今、登山を始めるようになってから
「そういえば、あのオレンジ色の花、見なくなったなあ」と
記憶のどこかで気にはしていたものの、なかなか見る事はありませんでした。
なので、今日発見した時は、当時小学生だった時の気持ちが蘇ってきたような
なんとも言えない嬉しい気持ちでした。

P8075632_convert_20160811084032.jpg
見つけた個体数は1つだけです。




大楢の木に到着
P8075638_convert_20160811084259.jpg

これ、直径どれくらいあるんだろうね~
P8075639_convert_20160811084821.jpg

すると、メジャーを持参している方がいらっしゃいまして(*゚Q゚*)
お~!準備がいい事!
P8075640_convert_20160811084840.jpg

3.14m でした。




いよいよ山頂まで約1km

山頂へ行くまでに見られた花


テングノコヅチ
P8075642_convert_20160811084945.jpg


ヨツバヒヨドリに止まるアサギマダラ
P8075643_convert_20160811085029.jpg

キオン
P8075646_convert_20160811085051.jpg


マルバダケブキ
P8075648_convert_20160811085130.jpg

マルバダケブキの蕾から開花の様子を一度に見る事が出来るとは、思ってもみませんでした\(^o^)/
いやいや、船ヶ鼻山!なかなか予想以上にお花ありますね~

P8075649_convert_20160811085150.jpg

P8075650_convert_20160811085206.jpg

P8075651_convert_20160811085224.jpg






山頂までもう少し!
P8075647_convert_20160811085109.jpg


着きました!
P8075657_convert_20160811085435_201608111242401db.jpg


山頂から先の、赤城大沼へ抜ける道の前に、このような看板がありますが、
これは、昭和村の管轄はここまでです。という意味だそうです。
なので、自己責任に置いてここから先に進む事は可能です。

私的には、本当はこの先にある「蟻の十渡り」を通りたかったのですが、
今日は山友達が大勢いますので、みんなと一緒に行動します^^
P8075653_convert_20160811085306.jpg


鷲石

鷲が、子持山の屏風岩から、この石まで飛んできて止まり場にしていたことから
「鷲石」の名がついたそうです。
P8075654_convert_20160811085329.jpg


変わったキノコ
山頂に1個だけありました。
サンコタケかと思われます
実際にはサンコタケは三又に分かれているみたいですが、
今回見つけたのは四又に分かれているので、もしかしたら正確な名前ではないかもしれませんが、
見た目的には、どう見てもサンコタケっぽいです。
P8075655_convert_20160811085402.jpg

山頂は狭いので、少し下ってから昼食休憩にします。

牛石コースへ下ります。

P8075658_convert_20160811085506.jpg

P8075660_convert_20160811085554.jpg

わらび平という事で「わらび」が沢山あります。
P8075661_convert_20160811085618.jpg


この岩場は下りません。
先日の笠ヶ岳で真っ黒になった靴は綺麗に洗いました(^^;)
P8075664_convert_20160811085749.jpg


玉原高原・鹿俣山でご一緒させて頂いたUさん。
P8075666_convert_20160811085816.jpg

山頂は展望が利かないので、ここの方が眺めがいいですね。
P8075663_convert_20160811085707.jpg


昼食タイム時に、折り畳みクッションマットを敷こうと思ったら
こんな花が!
これがまた小さくて、何回撮り直ししてもダメでした(^^;)
メハジキではないかと思われます。
そうだとしたら白色は珍しいみたいです。
こちらに紹介されていました。

もしくは「ヒメシロネ」かも?
ピンボケのため、判定は怪しいです・・・

※一緒に登ったメンバーの方に後日会いまして、これは「ヒメシロネ」だと
  判定しました。
P8075669_convert_20160811090007.jpg

クガイソウ
1本だけでした。
P8075675_convert_20160811090134.jpg


P8075676_convert_20160811110923.jpg



ウド
P8075677_convert_20160811110948.jpg

P8075678_convert_20160811111021.jpg



タマアジサイ
P8075683_convert_20160811111157.jpg

P8075684_convert_20160811111227.jpg

P8075682_convert_20160811111132.jpg





アカソ/イラクサ科
P8075685_convert_20160811111258.jpg


キバナノヤマオダマキ
八ヶ岳で初めて見て感激したのに、こんなに近くの山にあるとは(^^;)
P8075686_convert_20160811111322.jpg

フタバハギ
P8075689_convert_20160811111440.jpg




オオヒナノウスツボ(大雛の臼壺)/ゴマノハグサ科
P8075691_convert_20160811111503.jpg

オオヒナノウスツボのズーム
P8075690_convert_20160811111525.jpg




コバノカモメヅル
オオヒナノウスツボに絡みついています。
P8075699_convert_20160811111736.jpg

コバノカモメヅルのズーム
P8075701_convert_20160811111759.jpg
見つけた個体数1です。




アキノタムラソウ
P8075692_convert_20160811111555.jpg

P8075694_convert_20160811111624.jpg




「ヤマ」が付かない「ホタルブクロ」
最近見かけるのは「ヤマホタルブクロ」の方が多いので
こっちの方が珍しいかも
P8075698_convert_20160811111659.jpg




クサキ

今回、初めて見る植物が結構ありましたが、その中でも特に気に入ったのがこの「クサキ」です。
樹木で、葉をちぎると臭いので「クサキ」と言うらしいのですが、
それ以上に花の香りがとってもいいんです(((o(*゚▽゚*)o)))
歩いていて「ん?何か香るなあ?なんだろう?」と見渡していたら
桜並木ならぬ、クサキ並木ですよ!
辺り一体「クサキ」だらけで、花も綺麗で香りも香水にでもしたいくらい、いい香りなんです(* ´ ▽ ` *)
例えるなら「ユリ」っぽいかなあ
花に詳しい、戸神山の木彫り名人のY氏によると、花は白からピンク、そして赤色へと
変化していき、最後に紫色の実になるので、長く楽しめる樹木だそうですo(^▽^)o
ちょっと、ちょっと、昭和村のホームページからダウンロード出来る船ヶ鼻山登山道の案内マップ
なぜ載せないの??と思うくらい見事でしたよ~
P8075705_convert_20160811111853.jpg

P8075709_convert_20160811112006.jpg

P8075710_convert_20160811112038.jpg

P8075708_convert_20160811111938.jpg




オニノヤガラ
(見頃はもう終わりのようです)
P8075713_convert_20160811112106.jpg


ゴール後は、戸神山のK氏のスイカを頂きましたo(^▽^)o
ごちそうさまでした\(^o^)/

P8075714_convert_20160811112129.jpg


登山道入口付近のご案内

ゲートは通常締めてありますので、自分で開けて入ります。
入った後は、また締めて下さい。
P8075575_convert_20160811081855.jpg

駐車場は結構広いです。
P8075576_convert_20160811081938.jpg


案内板、トイレ、水場あり
P8075577_convert_20160811082005.jpg





Y字道路の右側が「楢水コース」
(開通前のピストン山行記録を掲載しております)

左側が「牛石コース」
楢水コースは急登がありますので
往路に楢水コースへ行き、復路に牛石コースへまわるコースがお勧めです。
P8075579_convert_20160811082055.jpg


一般的なコースタイムは1周して4時間くらいかと思われます。

ちょっと今回は、花に気を取られていたせいか、道標を見落としたようで
かなりタイムオーバーしてしまいました(^^;)

見落とさないのが一番なのですが、これからも私みたいなハイカーがいらっしゃるかもしれないので
念のためもう少し道標を分かりやすくする事と、
間違えた時の修正ポイント箇所に何もなかったので、
そこにも道標を立てるよう役場の方にはお願いしてきました(^^;)


※後日、分岐ポイントに道標が追加で立てられたそうです^^
  実は父の友人が今回の開通にあたり発起人のため、
  実家に行った際にたまたまその方がいらっしゃいまして、

  「この前の開通式の時に分岐が分からなくて違う道に行った人がいるって言うから
   たたみ1畳ほどの看板立ててきたよ、これでわからないようじゃあ認知症だな」・・・と
 
  「あっ・・・・それ私・・・(;^ω^)」

と言う事で、今度は分かりやすくなったようです。(^^;)



今回は、いわゆる雑草と呼ばれている花々を沢山撮影したため、
時間をかけて徐々に検索していきたいと思います(^^;)
どうしても検索出来なかった場合には不明のまま完了とさせて頂きます。


※開通式が待ちきれず途中まで下見に行った時の様子はこちらから

※赤城山船ヶ鼻登山道(牛石・楢水コース)案内図はこちらをクリック
※PDF登山マップダウンロードはこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

船ヶ鼻登山道

初めまして。記事を参考にさせて頂いて、新登山道から船ヶ鼻(とちょっと足を延ばして野坂峠)に登って来ました。楢水コースは急登があったかと思うと、その先は平坦で、火山らしい地形で面白いですね。つつじ平、わらび平から眺めも素晴らしかったです。HPに記事を掲載して、この記事にリンクを張らせて頂きました。事後ですが、ご承諾頂けますと幸いです(何か問題ありましたらお知らせ下さい)。

Re: 船ヶ鼻登山道

あにねこさんへ

初めまして、当ブログを訪問して頂きありがとうございます(*^▽^*)
私の記事を参考に船ヶ鼻山に行って頂いたなんて感無量です!
この山は私が小学生の時に初めて登った山で、その後昭和村側からの登山道は
閉鎖してしまったため登る事が出来ませんでした。
およそ40年振りに開通し、嬉しくて一人でも多くの方に知ってほしいと思い
私なりに見てくれた人が分かりやすいようにと思い書きました。
記事を参考に登った感想をお寄せ下さいまして、本当にありがとうございます!
リンクして頂いた事は何も問題ありません、むしろ有り難い事です。
これからも宜しくお願い致します。