水沢山 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

水沢山

P7174717_convert_20160718154817.jpg
最近は熊出没の為に被害に遭ったニュースが数多く取り上げられているので
山選びも慎重です・・・

平成28年7月17日(日) 曇り
標高:1194m
単独
●コースタイム 登り 2時間10分  下り1時間35分
山頂での休憩25分

折角の連休だというのに、天気予報では「曇り」とのことなので
山選びに悩みました・・・
天気が良ければ「平標山」か「白砂山・八間山」に行きたいところなのですが、
どちらも行くなら天気の良い日に行きたいので、曇りでも諦めのつく近場の山、
しかも単独なので「熊」に遭遇する確率の低い山・・・
という事で水沢山にしたのに、この看板です・・・
まあ山ですから結局どこの山に行っても熊さんは居るって事ですね(^^;)

とは言え、ここは思いっ切り観光地!
全国大陶器市が開催されていて、駐車場はいっぱいです!
P7174547_convert_20160718141744.jpg


登山口は2ヶ所ありまして、分かりやすいのは定番の階段からの登山口
P7174729_convert_20160718155247.jpg



山頂まで2時間との案内板とスズメバチの注意書きがあります。
P7174728_convert_20160718155231.jpg


神社から登ると、いきなり階段なので、私は陶器市が開催されている側の、
神社を背にして駐車場の一番奥側から登ります。
P7174549_convert_20160718141853.jpg

ヤマアジサイを眺めながらのんびり歩きます。
P7174553_convert_20160718142029.jpg

P7174558_convert_20160718142130.jpg

P7174605_convert_20160718143951.jpg



夏ですね~
カミキリムシさんのお出ましです^^
P7174555_convert_20160718142048.jpg


園芸用に売られている「アスチルベ」の原種で「チダケサシ/乳茸刺」/ユキノシタ科
ピンクの他に白・赤・紫もあるようです。
茎が細くて固く、乳茸というキノコを採った際に、この茎に刺して持ち帰る風習があった
事から命名されたそうです。
P7174550_convert_20160718141945.jpg


舗装道路が終わり山道に入ると、先ほどの神社側の階段からの道と合流します。
左が神社、真っ直ぐが進行方向。
P7174557_convert_20160718142114.jpg


また分岐点があります。
進行方向は右です。
案内板があるので、すぐに分かります。
ここから、いよいよ登山道らしくなってきます。
P7174559_convert_20160718142146.jpg


しばらくは、ずっとこんな感じの丸太の階段が続きます。
湿気で結構滑ります。
P7174567_convert_20160718142425.jpg

休憩ポイントに辿り着くまでに見られた花

ジャノヒゲ
P7174566_convert_20160718142303.jpg

P7174579_convert_20160718142339.jpg

P7174602_convert_20160718143902.jpg

ヤマユリ
大輪なので目立ちます^^
綺麗ですね~
咲いていたのは、この1輪だけで、これから先は全部蕾でした。
あと、1週間くらいすれば見頃ですかね~
P7174573.jpg


休憩ポイントです。
一休みします。
P7174580_convert_20160718142444.jpg


ちょっと傾斜がキツクなってきます。
P7174600_convert_20160718143809.jpg


これから花が咲きそうな山野草

カニコウモリ
P7174581_convert_20160718143602.jpg


ソバナかも?
P7174582_convert_20160718143618.jpg


これは!?
キャーッ!嬉しい\(^o^)/
ヤブレガサ(破れ傘)のお花が咲いているではありませんか!
P7174584_convert_20160718143700.jpg

初めてみたのは岩櫃山で、その時はなんだかよく分からず
傘が閉じた状態の葉っぱだけでした。

次に丸岩・高ジョッキに行った時はまだ蕾で、開花は見られず・・・

3座目にして、ようやく開花が見られたわけです\(^o^)/

ちょっと茎が長くて風に揺られて、いまいち納得にいく写真が撮れませんでした・・・
かなり粘ってみましたが、これが限界でした(^^;)
なんとなくオケラの花に似てますね~
P7174708_convert_20160718154556.jpg

ここまで登ってくるとヤマユリは固く閉じています。
P7174599_convert_20160718143727.jpg


中間地点のお休み石に着きました。
P7174601_convert_20160718143833.jpg

P7174606_convert_20160718144011.jpg

ここからは岩だらけになります、傾斜も更に増していきます(`・ω・´)
P7174609_convert_20160718144055.jpg


ここまでビッチリとキノコが生えていると、ちょっと芸術的に見えてしまうのは私だけでしょうか。
P7174610_convert_20160718144128.jpg


ミヤマトウバナ
P7174613_convert_20160718144211.jpg




オカトラノオ
P7174639_convert_20160718145216.jpg

オカトラノオにてんとう虫が止まっていました。
P7174616_convert_20160718144315.jpg




ん?なんだろう?見た事ないなあと思い撮ってみました。
P7174618_convert_20160718144351.jpg

調べてみて、これもヤマアジサイの一種のようです。
素人調べなので、なんとも言えませんが、「剣の舞」っぽいです。
P7174619_convert_20160718144422.jpg


オヤマボクチ(雄山火口)のドライフラワー
P7174621_convert_20160718144613.jpg

サラシナショウマはまだ咲いていません。
P7174629_convert_20160718144805.jpg


ヤマユリが咲けば、登山道も華やかになりますね~
P7174630_convert_20160718144852.jpg




これもまだ蕾で、何が咲くんでしょう?
P7174631_convert_20160718144934.jpg
後日、戸神山でシュロソウを発見し、「あっ!」とひらめきましたよ^^
たぶん「シュロソウ」でしょう

参考までの戸神山のシュロソウ(平成28年9月4日撮影)
P9046172_convert_20160904201418.jpg




一ヶ所だけギンリョウソウがありましたが、ズームで撮る程綺麗ではなかったので
全体像だけ・・・
P7174632_convert_20160718145010.jpg

ヤマブキショウマ
P7174634_convert_20160718145050.jpg


ニガイチゴの実かな?
P7174635_convert_20160718145107.jpg


P7174637_convert_20160718145129.jpg


お地蔵様の所に着きました。
ここは日当たりが良くお花畑になっています(*^_^*)
P7174642_convert_20160718152818.jpg

P7174647_convert_20160718153056.jpg




ヤマホタルブクロ
P7174651_convert_20160718153237.jpg

P7174638_convert_20160718145151.jpg

P7174656_convert_20160718153402.jpg

P7174648_convert_20160718153116.jpg

P7174644_convert_20160718152910.jpg






オオバギボウシ
P7174650_convert_20160718153209.jpg

P7174649_convert_20160718153132.jpg

P7174643_convert_20160718152848.jpg





ここにもチダケサシがありました。
P7174645_convert_20160718152933_20160718170535987.jpg

シモツケソウ
P7174646_convert_20160718153006_201607181705362ee.jpg





お地蔵様を過ぎると、尾根歩きになります。
尾根伝いにはホツツジが沢山咲いていました。
P7174662_convert_20160718153522.jpg

P7174663_convert_20160718153545.jpg

P7174686_convert_20160718154204.jpg

P7174661_convert_20160718153457.jpg

P7174688_convert_20160718154232.jpg






コメツツジもまだまだ見頃でした^^
P7174671_convert_20160718153802.jpg

P7174668_convert_20160718153707.jpg




ミヤマアズマギク
1輪だけ咲いていました。
P7174667_convert_20160718153637.jpg


ヤマハギの1種なんでしょうけれど、特定できません(><)
ネット検索では「黄金葉ヤマハギ」という種類が、花だけ見ると一致するのですが、
葉の色が「黄金葉」という事で、私が撮影したものと葉の色が違うので
どうなのかなあ~?といったところです。
P7174670_convert_20160718153736.jpg




P7174672_convert_20160718153836.jpg

P7174681_convert_20160718154058.jpg

P7174683_convert_20160718154117.jpg




山頂に咲いていた花、アジサイかと思ったら「ノリウツギ」でした。
P7174677_convert_20160718153934.jpg

山頂は、トンボ・オニヤンマ・アゲハ蝶・カラスアゲハ・ミツバチが飛び回っていました。
アゲハ蝶・カラスアゲハは超スピードで飛んでいたので撮影は不可能でした(^^;)
下のシモツケソウの蜜を吸いにきているミツバチを見るとわかるように
ミツバチもかなりの数が飛んでいます。
熊も怖いですが、ハチにも気をつけた方がよさそうです(;゜0゜)
先客の5~6名の団体さんのうちの1名がハチに刺されていました(><)


P7174685_convert_20160718154139.jpg


P7174673_convert_20160718153859.jpg


団体さんが下山した後に撮影
P7174679_convert_20160718154020.jpg


復路は尾根の途中にある「コンコン様」に立ち寄りました。
P7174691_convert_20160718154258.jpg


P7174695_convert_20160718154355.jpg


足を引っかけ5m先まで飛んだ方がいらっしゃるようで・・・・
P7174714_convert_20160718154718.jpg


下りは特に滑ります。
P7174716_convert_20160718154759.jpg

復路は神社の階段側へ下りました。

P7174725_convert_20160718155139.jpg

P7174726_convert_20160718155156.jpg

P7174727_convert_20160718155212.jpg


ダイモンジソウによく似ていると思ったら「ユキノシタ」でした。
P7174730_convert_20160718155302.jpg

P7174732_convert_20160718155336.jpg


トチバニンジン
P7174723_convert_20160822115214.jpg


山頂にいたグループの方に、下山時に「レンゲショウマ」のある場所を教えて頂きました。
まだ蕾なので、あと1週間後くらいに咲くのではないかとの予想です。
登山道沿いにはありません。
ちょっと登山道からは外れて、草村に入っていく場所なので位置は内緒です^^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント