船ヶ鼻山 - 【片手よつこのてくてく山歩き】

船ヶ鼻山

P5222979.jpg

船ヶ鼻山(群馬300名山) 1466m



平成28年5月19日(木)晴れ
メンバー:夫婦
楢水コース:片道4km (往復8km)
登山口:昭和村ICより追分道路を山に向かって上ります。
又は、昭和ICを降りて左折し、そのまま真っ直ぐ進むと横浜キャンプ場が見えてきますので
     キャンプ場へは侵入せずに道なりに進めば船ヶ鼻山登山駐車場に着きます。
     20台くらいは楽に駐車可能、もしいっぱいになっても、その辺の道でも、結婚の森でも
     周辺にかなり駐車出来ます・・・(満車になる程来ないと思いますが(^^;)
     「結婚の森」が登山口です。
●登り 約2時間
●下り 1時間30分



P5192886.jpg


群馬300名山という事で展望を期待してはいけません(^^;)
一応、赤城山の一部にあたる山ですが、かなりマイナーな山です。
あまり登ろうと思う人は少ないと思いますが、私の中では絶対に登りたかった山なのです。

前回途中まで登った記事を読んで頂ければ
なぜ私が登りたいかをわかって頂けるとおもいます。

とりあえず、熊が心配なので、いつもより余計に熊よけの鈴を増やしてのスタートです。
楢水コース(4km)と、牛口コース(5.8km)があるのですが、
今日はとてもハードスケジュールで時間がないので、楢水コースで行きます。
鹿除けフェンスは自分で開けて入ります。
P5192887.jpg
(11:35)

しばらく(1.7km)は林道で、森林の管理のための車が通れる道幅のなだらかな登山道で歩きやすいです。
向こうに鈴ヶ岳が見えています。
P5192891.jpg

林道に咲いていた花
P5192893.jpg

コミヤマスミレでしょうか?
もしくは、ミヤマツボスミレ?
ちょっとスミレは難しいので、間違っていたらすみません(ノ_<)
スミレの検索をしていると、どんどん迷宮入りしていきます・・・
P5192898.jpg

全体
葉の丸い感じはミヤマツボスミレっぽいですが
花の方はコミヤマスミレっぽい・・・う~ん・・・
P5192894_2016052306124897f.jpg


ツルでトゲがあり、葉の裏もトゲトゲしていて、花は薄ピンク色と白いのがありで可愛らしいのですが
名前がわかりません・・・
P5192900.jpg

P5192899.jpg


この名前がわからなかった花の正体がようやくわかりましたよ!
間違っていたらごめんなさいなのですが、
「サナギイチゴ」(バラ科)みたいです。
これは絶滅危惧Ⅱ類(VU)
正体不明の花がまさか絶滅危惧種だったとはミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ
驚きました(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)
P5192903.jpg



クルマバソウ(車葉草)/アカネ科・クルマバソウ属
P5192889.jpg


とにかく「シダ」が多いです。
そして、至る所に「山頂」の方向を示す「標識」があるので、迷う事はありません。
P5192902.jpg
(12:00)


シダを普通に撮影してもつまらないので、ちょっと変わった撮り方をしてみました。
P5192917_20160523061620dc3.jpg


「動物たちへの合図の鐘」まで来れば、林道は終了です。
ここからは、いよいよ山らしい道になります。
P5192906.jpg
(12:10)

木に白いテープが巻いてありますが、これは「杉の木」の目印です。
P5192907.jpg

今まで閉鎖されていた登山道だったのですが、今回の整備で地元の小学生が学校行事として登山を始める予定だそうです。
それを意識してか、「ガンバレ」の看板が沢山目につきます^^
P5192909.jpg

まあ、今まで閉鎖されていたので仕方がないのですが、あまり踏み跡がありません(^^;)
でも、ピンクのテープや、赤いペンキの印が「これでもか!」というくらいこまめに付いているので
迷う事はありません^^
P5192910.jpg

楢水水源の辺りに来ると、「ルイヨウボタン」(類葉牡丹)を発見!
P5192923.jpg
(12:24)

ルイヨウボタン全体
P5192913.jpg



岩にも赤い印あり(看板がないと真っ直ぐ行ってしまいそう・・・)
そしてまた「ガンバろう!」応援が^^
ここからは、予想していなかった傾斜が続きます・・・
P5192919.jpg
(12:40)


とにかくピンクリボンと赤いペンキが頼りです。
P5192921.jpg

この山一番の傾斜の途中で1つだけ発見した「ハルトラノオ」
折角見つけたのにピンボケ・・・残念
先を急いでいたので調整する間もなく・・・
撮影に時間を割いていると前の方から主人の「お~い!時間ないぞ~!」の声が・・・
P5192927_201605230607066e5.jpg
別名:イロハソウ/タデ科・タデ属


おっ・・・尾根?ですね(^^;)
先日の小野子山の尾根とは雲泥の差ですが・・・
まあまあ、出来立てホヤホヤなので、これから沢山のハイカーに来てもらえるようになれば
もうちょっと良くなるかな(^^;)
P5192930.jpg
(13:10)

あ~!
やっと開けた~
ここが唯一の展望です^^
P5192932.jpg
(13:20)

足元には沢山のスミレが咲いていました^^
これも名前がわからず迷宮入り・・・
日当たりの良い場所を好むタイプのようです。
P5192935.jpg


「ツツジ平」と命名され
ここがツツジの見どころなのですが、まだ蕾でした(^^;)
真ん中の送電線の向こうに子持山を挟んで右側が沼田市、左側が渋川市ですね~
霞んでいて良くみえませんがね~
ツツジが咲けば、ここで昼食休憩するのもいいかもしれません。
P5192933.jpg

P5192936.jpg

さて、先を急ぐので休憩は程々にして山頂を目指しますよ~
見晴らしの良い場所は終了です。
また森の中に入っていきますよ~
P5192938.jpg
(13:24)

森林の中に入って行くとすぐに、赤い鉄塔が見えました!
これこれ!
子供の頃、山の麓から毎日見えていたこの赤い鉄塔!
ついに間近かで見る事が出来た~~~\(^o^)/
P5192939.jpg

ん?
ちょっと、この道標の距離に疑問・・・
0.5kmという事はですよ、あと500mのはずなんですが・・・
P5192940.jpg
(13:27)

ものの数分で山頂に着きました!
50mの間違いではないのかな???
見て下さい!この立派な山頂標を!
300名山と言えば、大抵の山は木に小さな標識が打ち付けてあるだけですが
こんなにも立派な山頂標が取り付けられたんですよ~~~\(^o^)/
P5192941.jpg
(13:34)・・・途中立ち話をしてしまったので、実際にはさっきの道標から3分程で到着していたはず。

まあ、でも最初にお知らせした通り展望は期待してはいけません(^^;)

茂った樹の向こうになんとか鈴ヶ岳が見える程度です(^^;)
でもいいんです!
私の目的は展望ではないので^^
P5192947.jpg

見上げれば新緑でいい空気です^^
P5192951.jpg

ツツジはまだ蕾でしたが、ヤシオは満開でした^^
咲いていたのはミツバツツジでした
P5192944.jpg

丁度いい具合にベンチになりそうな倒木があったので、昼食休憩
P5192952_20160521053530185.jpg
(昼食休憩10分)

山標石がありました。
P5192943.jpg

地図にあった「鷲岩」はこれで合っているのか?
P5192942.jpg

時間がないので、昼食も程々に下山します。
P5192953.jpg

山頂直下は、こんな原っぱのような感じです。
実は、この原っぱで登りの時に他の登山者に遭遇していたのです(;゜0゜)
絶対に誰にも会わないだろうと思っていたので、ビックリしたのですが、
昭和村役場の職員と退職された母校の先生でした(*゚Q゚*)
登山道が安全に登山出来る道になっているかを調査しに来ていたようです。
P5192954.jpg

また、眺めの良い場所に来ました。
P5192956.jpg
(13:50)

登る時には気がつかなかったのですが、どうやらこれが「大楢の木」みたいです。
P5192958.jpg
(14:05)

そして、この緑のテープで巻いてあるのが「ヒノキ」らしいです。
P5192959.jpg

林道に出ました。
P5192962.jpg
(14:40)

林道沿いは「イノバラ」でいっぱい
P5192963.jpg

このての植物はみんなマムシグサだと思っていたら「コウライテンナンショウ」でした。
サトイモ科/テンナンショウ属
紫色のマムシグサは良くみかけるので、今まで撮影しなかったのですが、この個体は全体が緑色だったので
「おや?」と気になり撮影。
P5192968.jpg

ヒトリシズカ
P5192969.jpg


やっと戻ってきました。
またゲートを開けて、締めて帰りましょう。
P5192970.jpg
(14:55)


今日は山頂まで行く事が出来たので一応は満足なのですが、
小学生の時に渡った「蟻の十渡り」がなかったので、まだ不完全燃焼ですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

途中で会った、役場の方に聞いてみたところ、「蟻の十渡り」は、実は「牛口コース」の方だったらしいのです。
ただ、牛口コースはまだ整備中という事で、道標などが立っていないそうです。
今年度中にはなんとか間に合わせたいと言っていました。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
(後日、開通式に全コース歩きましたが、「蟻の十渡り」がありませんでしたヽ( ̄д ̄;)ノ=3
 私が小学生だった当時の用務員さんが、丁度開通式に出席していたので伺ったところ
 どうやら「蟻の十渡り」は船ヶ鼻山から薬師岳に抜ける方向にあるのだそうですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ・・・)


今日は、今年から高校生になった息子を朝駅まで送り、帰宅後は愛犬(老犬)の予防接種、
それからの登山だったので、開始時間が遅く、しかも15:30から病院の受診予約をしてあったので
分刻みのスケジュールとなり、下りはほぼほぼトレランになってしまったのではないかと思うほど
走ってきましたΣ(゚д゚|||)

家に15:10に帰宅後、5分でシャワーと着替えを済ませ、病院にダッシュしました(^^;)
こんなに元気に山登りをしていますが、実は子宮内膜症を患っておりますので、ちゃんと薬を飲んでいないと
猛烈な腹痛に襲われるので大変なんですよ(^^;)
子宮内膜症の治療をしていると、更年期症状が出現する事があるようなのですが、
山登りをしているおかげか、そういった症状にはならずに過ごしております。
登山で、おしりの筋肉がついたせいか、坐骨神経痛も良くなりましたよ^^

いつかは日本100名山制覇出来たらいいなあとは思いますけど
現実的に、子供にお金のかかる世代・・・
家のローンやら何やら・・・
フルタイムで働き、家事もやらなければならない・・・
色々と濃い日々を送っている中での登山なので、まずは私が目指すのは、家から見える山を制覇する事!
これが出来れば、老後に登山が出来なくなっても、周りを見渡して「あ~、あの山はどうだったなあ」と
振り返りながら老後を過ごせればいいかなあなんて思っています^^

※マニアックな赤城山全制覇を目指している方は、ぜひ船ヶ鼻山トライしてみて下さい。
ちなみに、赤城山のメジャーな所での登り残しは「荒山・鍋割山」だけで、こちらは5月29日(日)行く予定です^^
あと登っていないのは陣笠山・薬師岳・出張山・見晴山ですが、まあこの辺はそのうちという事で(^^;)

※後日「陣笠山・薬師岳・出張山」へ行ってきました^^

※船ヶ鼻登山道(牛石・楢水コース)案内図はこちらからダウンロード
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント