7月の花 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

玉原湿原(ヤマサギソウ・キンコウカ・ミズチドリ・ツチアケビ)

令和元年7月7日(日)ヤマサギソウ/山鷺草 ラン科 ツレサギソウ属キンコウカフウリンウメモドキミズチドリ(7月7日でこの状態でしたので、もう咲いている頃だと思われます)コバノイチヤクソウ(6月30日に蕾の状態でしたので、7月7日ならもう咲いているかと思いましたが残念ながらまだでした)チョット場所を変えてのツチアケビこの花をどうしても見たくて3年目・・・昨年も見つけてはいるのですが、肝心の花の部分を鹿に喰われ...

コケイランモドキ調査

令和元年7月11日(木)昨年、平成30年7月1日に発見した「コケイランモドキ」今年は山の花が全体的に遅いので、開花は7月7日~7月10日頃ではないかと予想していたが、とりあえず一度様子伺いで6月30日に行ってみた。昨年見つけた場所を重点的に探したが、なかなか見つからずかなり時間をかけての捜索となったがようやくあった。まだガチガチの蕾だった。咲いていないと目立たないので、どうりで見つからないはずだと思った。それと...

ショウキランとハルカラマツ

令和元年7月7日(日)ショウキラン(鍾馗蘭、学名:Yoania japonica)はラン科ショウキラン属の多年草。葉緑体を持たず菌類に寄生する腐生植物ハルカラマツ/キンポウゲ科カラマツソウ属環境省RLの評価・絶滅危惧Ⅱ類群馬県での自生地は1ヶ所のみ普通のカラマツソウと比べて何が違うかと言われても私にもよくわからないのだが、普通のカラマツソウよりも早く咲くため「春」がつくらしい。比較のため、先日「池の平湿原」で撮影したカ...

白いアカツメクサと赤いシロツメクサ

令和元年6月30日(日)なんだかややこしい本来赤いはずのアカツメクサの白い個体と白いはずのシロツメクサの赤い個体を見る事が出来た。まずはシロバナアカツメクサ(白花赤爪草)これは純白と言っていいでしょうこちらも白いが多少赤が残っている。全体アカツメクサの証拠として茎には毛がある。これが本来のアカツメクサ令和元年7月3日(水)そしてお次は白いはずのシロツメクサの赤いタイプほんのわずかに赤色が混じっているタ...

群馬県で初めての発見となったコケイランモドキ!

以前「コケイラン」と紹介した花が、実は「コケイランモドキ」と言う事が分かりました。ある花の詳しい方から連絡を頂きましてすごい大発見だと言うことです。もともとは韓国(済州島)に分布する花で日本では2016年に発表されたばかりでその存在すらまだ知られていないようなのです。日本での発見は今のところ栃木・高知・愛媛・佐賀・大分となっており群馬県が新たに6県目に加わる事となりました。群馬県では初めての発見です。本...