4月の花 - 【片手よつこのてくてく山歩き】
FC2ブログ

人のいない雨の赤城千本桜

令和2年4月1日(木)雨未だに地元の日帰り温泉は通常営業しているため、両親共々温泉通いをしている。しかし、いくら田舎とは言え、もういつコロナが侵入してくるかわからない状況なので温泉には行かない方がいいよと注意はしたが、それ以外何の楽しみもない老夫婦だ。父親は足が悪いのでどこかに連れて歩く事は難しい。母は元気で毎日花農家の仕事をしているが温泉に行けないとなると、自営業なので定休日なしで毎日仕事をする事...

雨の日は実家のハウスで花鑑賞

令和2年4月1日(水)雨ルイコフイチゲ/キンポウゲ科オキナグサ属「ルイコフイチゲ」は絹毛に覆われた青紫色の花を咲かせるオキナグサの仲間で、花はうつむいて平開せず、気品のある花姿。「ヒトツバオキナグサ」「カシポオキナグサ」と並ぶ、三大オキナグサの一つだそうです。ネームプレートが付いていなかったので名前が分かりませんが、アサガオかと思うくらいデカイ、リンドウでした。チングルマ登山ではまだまだ見られないチン...

キブシの両性花、雄花、雌花

春になると、あちこちで見かけるキブシどれも同じに見えて、実は両性花、雄花、雌花と3種類もある。この3種類の写真がやっと揃いましたので記事にまとめてみました。まずは雌花(吾妻耶山で撮影)雌花・柱頭だけが見える(吾妻耶山で撮影)雄花・葯と柱頭が見えるが、8本ある雄しべのうち4本は柱頭より高く、4本は低くなっている。(戸神山で撮影)両性花・葯と柱頭が見える、雄しべは8本とも柱頭よりほんの少し低いか同じ位の高さ...

岩井親水公園の水仙と桜

水仙と桜と小野子山平成31年4月14日(日)曇り水仙まつりは昨日で終わってしまったが祭りをやっていないというだけで水仙も桜も見頃を迎えていたのでまた母とやって来た。母はこの水仙が気に入ったようだった。祭りではなかったが、水仙と野菜の販売をやっていたので水仙の球根付きを二人分購入(1袋23球入り/5種類→おまけしてくれたので30球くらいになった)500円!激安!(*≧∪≦)スーパーの倍の量が入っているほうれん草と小松菜も...

真田が築いた沼田城跡地の御殿桜

御殿桜(ヒガンザクラ)沼田公園内にあり、沼田城の天守閣が5層の雄志を誇っていたころに植えられ、今に残る沼田城形見の名木であり、沼田城跡のシンボル的な樹といえる。推定樹齢400年といわれ、根は古塁の石垣をしっかり抱き、春ごとに寂寥の色をたたえた花を開いて興亡の歴史を語り続けている。<沼田市HPより>沼田城は北関東の軍事上の重要拠点として上杉氏・後北条氏・武田氏といった諸勢力の争奪戦の的となりました。本能寺...